スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ

vs 川崎フロンターレ(アウェー)

毎度ご来訪ありがとうございます。

DAZNでリアルタイム観戦してました。
とりあえず、解説の秋田の薄っぺらい話と言うか
解説はいらないですねw

フォーメーションはトップ下に井出ですか
絶賛、お試し期間中ですねw
左サイドにアデミウソン、攻撃に関してはいいけど
守備タスク与えると中途半端では?
それは、初先発の右サイド中村くんにも言えるけど


早速、試合ですが
まあ、今までの試合ぶりを見ていたら
予想はできますよね、この結果は
ただ、望んでいる結果ではないですけど・・・

開始数十秒でいつもの攻守のバランスの悪さを露呈して
ピンチを招いてましたね

相手キックオフから、せっかく中盤のボール奪取できたのに
うまく納められずにボールロスト
ボランチ以下がボールに寄りすぎてるから真ん中がポッカリあき
三浦が飛び出すも処理ミスでピンチを増幅
三浦が飛び出してるので既に守備が混乱
右サイドにいる憲剛に米倉は行っていいのか
阿部に付くのか考えて中途半端な状態の時に
憲剛と家長とのワンツーに阿部が抜け出す。
川崎のプレーは崩しの見本ですよね
まあ、相手ミスと言うか東口の
好セーブと言っていいのかで終わりましたけど
先が思いやられる立ち上がり


ただ、その後は無難な守備をして
攻撃も仕掛けようとしてたけど
川崎につながれた時、ガンバはボール取れず
家長の狙ったかどうかわからない
ヒールキックが中村くんに当たり
コーナーキックに

1失点目、そのコーナーキックが失点に
競り合ってこぼれた所はアンラッキーだが
マークに付いてた米倉がこぼれ球に足だけで行き
空振りした対応が残念。ボールじゃなくて
人に詰めて欲しかった。気づいた長沢が詰めたけど
エドゥアルドネットのシュートの振りが早く
股を抜けて行った。長沢よ、顔をそむけていては
シュートストップできんよ。

1点取ってからは川崎が無理をしなくなり
ゆったり、隙を伺いながら穴を見つけては攻め込む感じ

ガンバはヤットさんの守備での献身的な動きが目立つ
その代わり、攻撃に絡む事がほとんどできず
市丸に期待がかかるが、その市丸も守備に手いっぱい。
なぜなら、前線から守備ができてないから

アデ、井出、中村とか今までない布陣で
「連動してプレスかけろ」と言うのが無理ですよねw
前からプレスが掛らないから
川崎は縦パスで阿部、憲剛、家長に簡単にパスが入り
展開がしやすい。ただ、それほどガツガツは来なかった。


後半、長沢OUTの泉澤IN
川崎の右SHは家長であまりサイドに張らず
内に入って攻撃に絡んできているので
そこを逆手にとって左サイドから攻撃できないかなぁと
思っていたが、左サイドが失点の起点になったw


2失点目、相手CKからの流れで最後に東口がキャッチ
左サイドにフィードしカウンターなのだが
藤春が泉澤と連携が取れずまごまごしている間に
川崎守備陣が戻って来て守備陣形を整えられる
東口が急いでフィードした意味なしw

スローダウンし、ヤットさんのパスに藤春は反応できず
相手に取られ右サイドの阿部に展開され、カウンター返し
真ん中に走って来た大島に一旦あて、ファビオが引っ張られ
再びボールが帰った阿部はシュートでもパスでも何でも
出来る状態で大外のドフリー家長を見つけパスし
得意でない右足で決められる
東口、飛ばないで何で見送ってるの?

このカウンターに川崎の凄さとガンバのダメさが
集約されているので後で解説します。

井出OUTでウイジョINアデがトップ下

中村くんOUTで福田くんIN

中々連動して攻撃できないから
泉澤の単独突破が目立ってましたね
ただ、それも無駄になる事が多く得点に結びつかない

中村くんに関しても右サイドでクルピは使いたがるけど
守備タスクを与えないFWのほうがいいですよね

川崎は憲剛を下げる余裕を見せ
ガンバは何もできずに試合終了


この試合の良かった所は、阿部と家長ですねw

ガンバにいた時から「かゆい所に手が届く選手」と言ってましたが
川崎でもそれは変わらず。いて欲しい所にいて
チームの潤滑油となって労を惜しまない。
ポイントポイントにいてシュートも狙って来る。
ガンバが中盤でパスの出しどころを探している間に
守備に戻ってチェックする。
こんないい選手を何で慰留できなかったんでしょうねw

家長に関しても、「オフザボールに難あり」とか
言われてきましたが、受けに下がったり憲剛と入れ替わったり
左サイドの崩しに参加してたりと動き回ってボールを引き出していた
一番驚いたのは2失点目のシーン

そのいち1
藤春が意味不明のスルーをした時の阿部と家長と米倉の位置です。

そのに
ボールを奪った後、阿部は全力で左サイドを駆け上がり家長も上がります。
藤春と家長はそんなに距離は離れてないですよね

その3
阿部がラストパスしたシーンですが、米倉は全力で戻り一応最終ラインまで戻ってます
家長もここぞとばかりに左サイドで余裕で待ってます。
既にラストパス出された時点で藤春はフレームインしてます。

「オフザボールに難あり」と言われていた家長が
カウンターでここまできちんと走りボールを待っていて
家長とあまり距離差なかった、いるべきガンバの快速左バックが
間に合ってないんですよ。この差ですよ、ガンバに足りないのは。
走れる走れないじゃないですよ

意識を持ってプレーしてるか

なんですよ。

ここで言う「意識」は、上記の状況で
「攻撃側であれば攻撃陣は全力で前線に上がらなければならない」
「守備側であれば守備陣は全力でゴール前に戻らなければならない」と
いう事です。

藤春が戻っても失点は防げなかったかもしれない
けど、米倉が戻ってるように、まずは全力で
戻らないといけないんじゃないの?
同じようなことが家長にも言えて
全力で前に走っても、ボールが来るとは限らない。
でも、走った事によりボールが来て、得点を奪えた。

今回、藤春をやり玉に挙げましたが
藤春だけじゃなく、ガンバの全体に足りてない。

いつも書いてますが
戦術とかフォーメーションとか以前の問題

一つ一つのプレーを一生懸命やる


これができなければ、そりゃ勝てねーよ
勝ち点すら奪えねーよ

2,3年前は川崎と良い試合できてたんですけどね
何でここまで差ができたんでしょうね?

現地で応援されていた皆様
お疲れ様でした。
スポンサーサイト


※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たまえもん

Author:たまえもん


ゴール裏

「誠」とは、「言って成す」つまりは有言実行あるのみ!

応援はゴール裏で熱く

ブログでは、冷静に書きます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数:


現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。