FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ

vs セレッソ大阪(ホーム)

毎度ご来訪ありがとうございます


前半戦の感想を書こうと思ってましたが
思っている事がうまくまとまらなかったり
時間的都合で書けませんでした。

毎回自身のブログで指摘等してるので
それをまとめれば前半戦の感想になりそうですがw
今シーズンの感想でまとめられたらと思います。


しかし、吹田スタジアムは暑かったですね
午前中にフットサルしてて、1.5ℓほど水分を取ってましたが
スタジアムに着いてから帰るまででも1.5ℓ飲み干しました。
一度、万博で軽い熱中症になった事があるので
意識して飲み物を飲むようしてますが
熱中症対策にはそれぐらいがちょうど良いかもしれません。


DSC_0082.jpg

目の前がピンクだと目がチカチカしますよねw


さて、サマーブレーク明け初戦は大阪ダービー
順位云々とか関係なく勝たねばならない試合ですが
一応、首位と6位の対戦、勝ち点差は9となっている

この試合で今後、首位と直接対決はない
と言う事は、リーグ戦では今年の今後を左右する大一番
ガンバはリーグ優勝を目指す上では
ただの大阪ダービーではなくなっている
引き分けも許されない、勝つしかない試合は・・・



内容も伴った良い試合だったと思います
久しぶりにガンバの試合で「気持ち良い」と思いました。


アウェー磐田戦のような間隔が開いた時のフワッとした
緩い感じと試合勘のなさや体の重さを懸念してましたが
試合の入りを見るとそれはなかったので良かった。
先週、非公開で大宮戦?をやってたのは大きかったと思います。


最初のチャンスはガンバでしたね
CKでGKがこぼした所をゴールまで1mの所をウイジョが外した
まあ、後半、山村が同じように東口のファンブルを外しましたが
GKが近すぎると難しいと言う事なのでしょうかw

14分頃、藤本のスルーパスにウイジョが抜け出すもオフサイド
これは、後から見なおしてもオフサイドでした。

ガンバは2トップが相手DFラインに吸収されていて
中々そこを使えず、サイドも蓋をされて
サイドバックの攻撃も封じられ苦戦

セレッソはサイドチェンジなどを織り交ぜながら
ロングボールを使い押し込もうとするが
ルーズボールを拾えずチャンスが単発

お互い、やりたい事させないような感じで前半は終わって行った。


後半開始後、井手口の無回転ミドルが枠を捉えるがGKに弾かれCKに
そのCKもショートコーナーからファビオを狙うも合わずGKに

1失点目、そのGKが起点
柿谷にゴールキックの落下点にうまく入られ
今ちゃんが競り合いに行くも届かず。
この失点の最大のポイント、予測
山村がヘッドする時には、杉本は縦に流れる事を予測して
走り出しマークに付いていた三浦は既に遅れてた
ファビオもQBK(急にボール来た)で簡単に足だけで対応
裏に抜けた時点で2対1で藤春しか残っておらず
運悪く杉本のトラップしたボールが藤春の足にあたり
杉本のシュートしやすい所に流れてしまった。
ガンバディフェンスの一瞬の油断を突かれてしまった。
三浦もファビオも予測ができてなかった。

その後、ガンバがセットプレーの機会を得るが
得点に結びつかず、三浦の折り返しを長沢が合わせたのも
外れたし、仮に入ったとしてもオフサイドだろう
この日の藤本のキックは可能性を感じなかった。
ってか藤本はこの試合ではまったく機能してなかった。
ジェソクとの連携もなく、試合中何度もジェソクに
何か要求していたが連携が改善する事はなかった。

ガンバが攻めるも跳ね返され相手ターンで凌ぎを繰り返す
相手ターン時にガンバのディフェンスの弱点が露呈
撤退守備時に最終ラインとマークが混乱
水沼のフワッとクロスにドフリーで抜け出した杉本が合わせるも
バーを叩き事なきを得る。
これが入っていたらこの試合勝ちはなかった。

2点目、クロスバーに当たったボールを
ほぼプレスを受ける事なくガンバが簡単につなぎ
セレッソ陣内に侵入、セレッソは完全に気が抜けてた。
前半、あれだけ蓋をしていた左サイドの蓋が簡単に開き
藤春がアタッキングサードに侵入してパスを受ける。
狙いすました藤春のクロスは吸い込まれるように
美しい弾道でウイジョを捉えた。
ウイジョのポジショニングも良かったが
藤春のクロスの質が高すぎた。

ここから雰囲気も流れもガンバに傾き
CKやセットプレーのチャンスが増えて行く
キッカー井手口のボールは中々アジャストしなかった

チャンスを手放すと相手にチャンスが行くのがセオリー
関口のシュートを東口がファンブル
詰めていた山村がゴールまで1mの距離で蹴るもバーを越えた
セレッソがチャンスを手放したのでこちらにチャンスが回って来た。


2点目、井手口のプレースキックがやっとアジャストした。
ファビオを結構狙っていたのが、今度は三浦を狙いドンピシャ
跳ね返し役の杉本の前で合わせて逸らせたのが良かった

セレッソが取り返すべく向かって来るところを
懸命に跳ね返すガンバ

3点目、ジェソクがアウト、ジョンヤがインしたスローイン
アーリークロスを東口が跳ね返し、ソウザが拾えず
アデミウソンが拾いカウンター、ドリブル独走
最後、ヨニッチまでかわし、GKと1対1だったが
右狙いは見え見えで止められたものの
後ろからフォローした井手口が拾い押し込むも止められ
浮いたボールを長沢がサイドにいたアデミウソンにパス
アデミウソンが冷静に流し込んだ。

ここで勝ちが確定した。

セレッソは常に前へ前へという攻撃で
バリエーションもあり、ガンバディフェンスが気を抜いて
ボールを追わなかったりしても、あきらめずに追って
拾われたり、抜け目もなかったが、個のパンチ不足で
しっかり守備をしている間は怖くなかった。

ガンバは前半は、いつも通り縦パスが入らなくて
秋がボールを持っても出す所がなくて
最終ラインを崩せずにいた。
唯一、ウイジョの裏狙いぐらいしか活路はなかった。

後半、相手もバテてきてプレスが緩み
スペースが空いて来た所でパスがつながるようになり
セレッソがフワッとして集中できてなかった所で
同点に追いついき、攻撃が加速
吹田スタジアムの雰囲気も加速して行った


ウイジョについては、神戸のレアンドロみたいな印象
裏抜けとポジショニングにうまさがあり、ボールも収まる。
前半、秋のパスをスルーしたり、ワンタッチで後ろや
横に流したりしていたが、求めてるいるのはそれではなく
足元に収めて勝負し、少々強引でもシュートまで持って行ける事
後半はそれができてたし、もう少しみてみないと分からないが
可能性は十分感じる事はできた。

自身のMOMは井手口、怪物っぷりがハンパない
後半になってもまったくバテなくて
3点目の詰めも良かったし、各選手がバテて
出足が遅くなっったり足元に収まらなかったボールを
敵味方関係なく刈りまくり。
正直、中盤に井手口がいなかったらと思うとゾッとするぐらい

MOMではないけど藤春はアシストもしたし
特に守備では本当に良く走った

去年のホームレッズ戦もスタジアムの雰囲気は良かったけど
それを上回る雰囲気があった。
ピッチは相変わらずアウェーやけど、スタジアムの雰囲気が
そのマイナスを打ち消したように思えた。


所々、気が抜けてる所も見受けられたけど
ダービーを意識した気持ちは見えてたし
ウイジョという希望もあるし
サマーブレイク前、連敗してて
微妙なチームの雰囲気が、この試合をきっかけにして
好転するようにしてほしいし、しなければならない。

現地で応援されていた皆様、お疲れ様でした。


~おまけ~

試合後、勝ったら自身は「勝ちラーメン」と称して
ラーメンを食べに行く事が多いのですが
この日は仲間と一緒にこちらに行って来ました。


ラーメン荘 歴史を刻め 本店
https://tabelog.com/osaka/A2701/A270307/27051592/

二郎系のちょっとした有名店で
ピーク時には30人ぐらい並んでます。

DSC_0083.jpg

汁なし、野菜増し、アブラ増し、カラメ増しラーメン

自身の前には、セレサポもガンバサポもいました。
良かったらいってみて下さい。

※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ
スポンサーサイト

ガンバからの移籍や加入について

毎度ご来訪ありがとうございます


サマーブレイクという事で、書きたかった事を書きます
移籍について


■放出


○パトリック

言わずもがな、2014年のガンバ3冠の立役者
某有名著者のタイトル名のように本当に「ラストピース」でした。
2014年の加入後は2,3試合でパトリックの使い方が分かり
気がつけば戦術パトリックが確立されてた。
押し込まれていても、裏抜けパスや1本で
劣勢を回避でき、チャンスメイクまでできるのは助かった。

2014年ナビスコ決勝、2014年天皇杯、2015年天皇杯と
タイトルがかかった試合で点を取ってくれたし
2015年も何だかんだ言って点は取ってくれた。

難しいボールを決めて、簡単な1対1とか外す印象
2016年になり急に足元にボールが収まらなくなり
チャンスにボールロストしまくりでチャンスブレーカーに
なってしまった。ホーム仙台戦で得点し復活の兆しが見えたが
結局、調子は戻らず、練習中の怪我で離脱

「怪我をさせたまま、元のチームに返せない」と契約を延長し
リハビリを経て公式戦に出場するまでにしたガンバの判断は
良かったと思います。そういう「情」があるクラブで良かった。

先日のアウェー神戸戦での先発は驚いた。
エントリーで書いたように起用には反対意見ですが
ピッチで走り回るパトリックを見て嬉しかった自分もいた。

あの試合を見る限り、何試合が使ったらそれなりに結果は
出せそうな雰囲気はあったが、結果が出るまで
何試合も待ってる余裕は今のガンバにはない。

ありがとう、パトリック!
ガンバ戦以外での活躍をお祈りしております!


○丹羽 大輝

レンタルのアビスパでは主将もやってたし
正直、そのまま福岡に完全移籍をするものやと思っていたので
ガンバに復帰は驚いた。
復帰早々に降格したけど、J2優勝、2014年の3冠にも貢献した。

復帰してから2014年までは、それほどアラはなかったように思うが
2015年ぐらいから色々とアラが目立ち始めた。
とにかく丹羽がラインコントロールするとドン引きになる。
本人はポジティブシンキングのくせに、試合になると腰が引ける

ディフェンスラインでのボール回しもぎこちなかったり
マーク外して競り負けとか目立つようになった。
ディフェンスに安定感が無くなり、今シーズン
控えに回るのも致し方ないと思う。

キャラは嫌いじゃないんですけどね
なので、広島でも愛されると思います。


○堂安 律

移籍は早くて今シーズン終わってからだと思ってました。
サポーター的には、これから楽しませてもらえると
思っていたのに、ちょっと残念ですね。
ただ、本人の成長を考えると、適正ないウイングバックに使ったり
ベンチに置いておくようなアホ監督から離れられるのは
プラスだと思います。エールディビジにそんな詳しい訳ではないですが
中堅チームから始めていくのも良いと思います。
これからの活躍が楽しみです。


■加入

○黄儀助(ファンウイジョ)

ACLで対戦してやられたのは覚えていますが
あれだけでは判断できないですね。
Kリーグチャレンジで4得点だったらしいですが
ガンバで覚醒するかも知れませんし
まあ、試合で見てからですね。
仮にファンウイジョが不発なら、梶居強化部長も
そろそろ潮時かと思います。


○西野 貴治

千葉では5試合しか出ていないんですね
あの、ハイラインディフェンスは叩き込まれたのでしょうかw
2012年にトップ昇格内定ですから、今頃はガンバDFの中心として
活躍してて欲しかったのですが・・・
ACLプレーオフで三浦の活躍を見て
「本当は西野が三浦のようになってないといけないのに・・・」と
思いました。それぐらい自分は期待してました。
今の三浦とファビオを見ていると、そこに割って入る事は
かなり難しいと思いますが、、まだ成長が止まる年齢でもないですし
努力してポジションを取って欲しいです。



以上


※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ

天皇杯 3回戦 vsジェフユナイテッド千葉(アウェー)

毎度ご来訪ありがとうございます。

スポーツバーで観戦してました。
見直せないので雑感だけ

ほぼ、ベストメンバーで臨んだ試合だったので
勝ってホッとしてます。
これで勝てなかったら本当にガンバはヤバいですから

内容的にはあまり良くはなかったです。
まあ、連戦でコンディションを考えると致し方ない部分もあると思いますが

清水戦よりはよくパスがつながって、攻撃も積極的でした。
初瀬も消極的なプレーはだいぶ減りましたね

攻撃に関しては、ジェフのハイラインに対して
チャンスは作れてましたが、やはりラストパスや
サイドから上がるクロスの精度が弱く、シュートは少ない

正直、あのハイラインはリスクの方が大きいと思う
一度、ジェフがオフサイド取り損ねて
GKと3対1の場面を作るも、藤本のボールコントロールミスで
チャンスを潰した
カウンターで右サイド三浦がドリブルで駆け上がり
GKと1対1の状態でシュートをポストに当ててしまうなど
あのハイラインはこちらにとっては攻めやすかったのに
自らチャンスを潰してしまうシーンが多かった。
この辺りは、やっぱりガンバ攻撃陣の連携の弱さを感じた。

守備に関して、井手口がアクシデントで早々に交代
左サイドが泉澤と藤春になった途端
左サイドを攻められる事が多くなり
一度、左サイドを綺麗に突破され、決定的なシーンを作られたが
シュートミスで助かったシーンもあった。

1点目、相手GKがパンチングで弾くもそれが小さく
後ろのDFがそのボールをクリアするもそれも小さく
今ちゃんが拾ってガンバの選手が密集するところにやさしくパスし
ファビオが流し込んだ

2点目はカウンター、味方がボール奪った瞬間
藤春が左サイドの深い位置からハーフウェラインを
超えたとこまで走っていた事が素晴らしい
そして、その藤春に矢のようなパスを送った秋も良かった
そのまま藤春が左サイドを独走し、ニアにアデミウソンがいたが
アデミウソンが手でファーに送れと藤春に指示
ファーに流し込むと、走りこんでいた泉澤が
冷静にGKの動きを見てGKの逆方向に流し込んだ
綺麗なカウンター

しかしながら、ガンバは残り15分でガス欠を起こし
足が止まり、ジェフの猛攻を受ける
サイドから放り込み放題でしたが、指宿が外しまくってくれた。

ジェフはシュートもそうですが、途中のパス回しや
ちょっとしたロングボールなどの精度の低さを感じた
正直、ジェフのガンバ以上の決定力のなさに助けられた試合
ガンバの倍以上シュートを打ってますからね
ガンバ以上に決めきれないのはやっぱりJ2中位だった。

相手がJ1なら今日の試合はわからなかった。
一応、面目を保てて良かった。

監督が「次の再開後のダービーに向けては一つ
いい結果だったと思っています。」と言ってますが
正直、疲労を回復させるだけでは勝てません。
このサマーブレイクでの調整の仕方とダービーに向けた準備を
どれだけできるかです。
こちらは下位で挑戦者なので、それが分かってないと
勝てないと思います。ましてや、苦手なピッチのホームですから

あまり監督に期待はできませんが
無様な試合だけはしないでいただきたいですね

現地で応援されていた皆様
お疲れ様でした。

※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ

vs 清水エスパルス(アウェー)

毎度ご来訪ありがとうございます。


清水遠征行ってきました。
去年は無かったでしたから、今年行ける事を楽しみにしてました。

朝8頃、枚方を出発
高速は順調、最近できた新東名の豊田東から浜松北を抜けて
12時過ぎに目的地到着

目的地は「清水魚市場 河岸の市」
清水に来たら必ずここに来ます。

お目当てはここ

「ととすけ」
http://totosuke100.com/
やっぱり清水来たからにはマグロを食べて帰りたい

ここの名物「ととすけ揚げ」

マグロのカマを竜田揚げみたいに仕上げてあって
甘辛いタレでいただくのですがこれが絶品
初めて連れて行った仲間が
「このカマをしゃぶりつくしながら
ビール何杯でも行ける」と言ってました。

そして「マグロ三昧」

本まぐろトロ、バチまぐろトロ、ビンチョウまぐろトロ、
まぐろの炙り、トロすき身……まさしくトロ三昧!
もうこれ食べれただけで幸せです。
税抜き1600円しますが、「ととすけ揚げ」を入れて
食べる価値があります。

ここからいつも停めてる駐車場に向かい
スタジアムへ

この日は、天気は良かったのですが霞んでいました。

いつもこの方向に富士山が見えるのですが
今年は見れず。隣のテニスコートでドローンの練習してました。
後から分かったのですが、25周年コレオを上空から撮るためだったみたいです。

アイスタは好きなスタジアムなんですよ
雰囲気が好き。

駐車場からスタジアム行くまでも、ボランティアの人がいて
挨拶してくれる。スタジアムの入場を待っていても
エスパルスのチアキッズ?の子たちが通り掛けに
挨拶してくれる。スタッフらしき方々も挨拶してくれる。

スタジアムにはガンバ以上にお年寄りの方も多く
町内会みたいな感じで団体で見に来ていたり
本当におらが町の市民球団って感じで
エスパルスが溶け込んでるんですよね


スタジアムの2階は見やすい
屋根がないのが残念で何年前だったか、爆弾低気圧で大荒れの中
ずぶ濡れになりながら応援していたのもいい思い出


さて
中2日でどういったメンバーでどういった戦略を取ってくるか
メンバーは入れ替えてきた。
一番休ませたいのは秋なんだけど、秋がいないと
ガンバの攻撃は成り立たない。
普段、ベンチのメンバーの奮起が求められる試合でしたが
蓋を開けてみれば・・・

先ほどの磐田戦がリーグワーストの試合と思っていたけど
それと同じか、それ以上のワーストな試合。
清水が強いのではなく、ガンバが弱い

バックパスって、最終手段と思うんですよ。

最終ラインからパスを貰ってまず回りを確認し
味方の動きを見て更にパスを出す
が、ボールを持っていて回りを確認しても思うように
パスが出せる位置に味方がいなかったり
敵に取られる可能性が高いと判断した場合のみ
持っている選択肢の中で最終手段としてバックパスなら
まだ、納得は行きますが

パスを受け取る前に周りも確認せずに貰った瞬間バックパス
何これ?
まるで「俺に渡すなよ、違うやつにボール渡して」と
拒否してるような感じ、それが全体的やから、たちが悪い

ボールが前に運べないから
そうやって最終ラインと中盤でボールの押し付け合いしてる間に
パスミスして相手ボールになって攻め込まれるの繰り返し

「呉屋が何もしてない」と周りから声が上がってましたが
呉屋も一応動いて裏抜けの構えを見せたり動きなおしているが
ガンバの選手は誰も見てない。ようやく前半途中で呉屋を見だしたが
今度は届かないパスやズレたパスばかりで全く合わない。
何ですか?呉屋いじめですか?そりゃ、呉屋も足りない部分はあるが
これで「何もしてない」って言われるのは可哀想

1失点目、半分は事故のような失点ですが
相手長身DFを捕まえられてない上に
ニアの跳ね返し役はヤットさんと言うミスマッチ
競り合いに勝ったボールが、たまたまいた選手に流れた感じやけど
失点は失点

1点取られて、ヤットさんを前に上げ、秋をボランチに下げた
どっかで見たなぁと思ったら、磐田戦も2点取られてからやってたっけ
ヤットさんと井手口のダブルボランチは、井手口の良さを消されてしまうからね
この日のヤットさんも、悉くパスがカットされるダメなヤットさんやったし

この日は初瀬が全くダメでしたね
ACLの時なんかは、初瀬だけが奮闘してる感じやったけど
この日はただのバックパスマシーン
泉澤との連携も藤春以上になかったし
泉澤に預けて追い越すシーンとかあった?
普段のチャラけた感じは全くなく、大人しすぎ
そりゃ、前半で代えられるわ
ってか、サイドバックで一枚交代枠使うのはもったいない

泉澤もいつもより仕掛けが少なかった
左サイドアタッキングサードまで行って
勝負せずに初瀬にバックパスして、その初瀬が
最終ラインに返した時は、攻撃に絶望感しかなかったよ

2失点目、いわずもがな、東口何やってるの?
出たら触れ、触れなかったら出るな。この判断誤ったの何回目?
東口が出た事によって三浦はボールウォッチャーで
競りに行くの遅れてるし
その前に厳しいシュートをセーブしたけど
そんなのかすむぐらいのボーンヘッド
失点の仕方がショボ過ぎる


後半、ヤットさん下げて長沢投入で攻撃はマシにはなったけど
引いた相手を崩すのはガンバ苦手。
仙台みたいに前がかりになってくれたら
カウンター発動できるけど、あれだけ引いた相手を
崩せるなら、前半に得点は決まってる。

呉屋、藤本からの絶妙なクロスをヘッドで
枠にも飛ばせないとか・・・ 
今年、もうずっとU-23で修行したら?

アデミウソンは相変わらずモチベーションが低いし
周りと連携が合わないし
攻撃に手詰まり感と閉塞感が半端ない

最後にファビオ上げてパワープレー
完全に弱者のサッカー、何か見てて泣けてきたわ

一つ解った事があります。
前回のエントリーで「サッカーが下手」
止める、蹴る、シュートが出来てないと書きましたが
シュートは相変わらず入りませんが、止める、蹴るは
この前の試合ほど下手には感じませんでした。

やっぱり、ガンバを下手にさせているのは
悲しいかな吹田スタジアムの芝だと確信しました。
リーグ前半戦
ホーム
3勝2敗4引き分け
アウェー
6勝1敗1引き分け

ピッチがガンバに合ってないから、ホームで弱い
そんな、ピッチごときでケチがつくのは
実力的にも弱い証拠

磐田戦みたいに中2週開いたら、コンディションの調整不足、試合勘不足
週3試合の過密日程になってもバテバテで力は出せなくて
レギュラーの代わりに出る選手も覇気はなし
1週毎に試合しないと力出せないのか?
こんなので複数タイトル取るのは無理

前回のエントリーで書きましたが
自身の見立てでは、ガンバは今現在
ほんまに8~10位ぐらいの実力しかない
現在13位の仙台以下ぐらいにしか勝てそうにない
後は良くてドロー
サマーブレイクで立てなおそうにも
また、間があいてから、コンディション不足からの
やり直しか?ダービーが思いやられるわ・・・

また、遠征先で駄試合見せられた
悲しいわ、ほんま大阪までの4時間は遠かった

もっと書きたい事はありますが
前半戦の感想として別に書きます


現地で応援されていた皆様
お疲れ様でした。

※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ

vs 鹿島アントラーズ(ホーム)

毎度ご来訪ありがとうございます。

いつも通り、試合開始直後ぐらいに到着しました。

早速、試合についてですが
一応、失点シーンだけDAZNで見直しました
それ以外は見る気もしません。サクッと書いてしまいます。

前回のエントリーで「悪い予感しかしない」と書きましたが
その予感が当たってしまいました。

少なくとも、今日は負ける試合ではなかった。
最低、0-0のドローはあった試合。

トラッキングデータにも表れてますが
今日の鹿島、全然動けてなかったですよ
ってか、動く気があまりなかった。特に前半なんか。
「スタミナ温存しよう」みたいなそんな雰囲気が漂ってた。

ここ最近対戦した鹿島の中で、一番弱い鹿島やった
そんな省エネ鹿島にドローすらないとか弱すぎるでしょw

前半、鹿島は球際もパスも弱く、あれだけマイボールにできてるのに
前線と中盤の連携は皆無
決定的チャンスのGKとの1対1も決められない
東口は1対1は、ほぼ決められるのに、何なんでしょうかね?w

後半、ちょっと鹿島がやる気出した所で
あんなミスしたらそらやられるわ
せっかくピンチの芽を摘んだのに、藤本はあんなマークがついてる秋に
急いでパスを出す必要がある?
で、秋、足に合わなかったのは仕方ないがロストしたのなら
なぜすぐ切り替えて取り返しに行かない?
点取られ方が間抜け過ぎる
その間抜けさを見逃さない鹿島も流石やけど

1-0でリードしてたら鹿島は伝統芸で逃げ切り濃厚になるの分かってるし

仙台戦のエントリーでも書きました。

>攻撃に関しては、ヤットさん今ちゃんと
>FW2人がまるで合ってない
>ついでに長沢とアデミウソンも合ってない
>この4人が合わない事には得点など生まれない。

更に、秋があきらかにコンディションが落ちてる
アデミウソンはコンディションもモチベーションも下がっている
リーグ戦序盤のキレは皆無で全くボールが収まらなくなった
長沢が収まらないのは分かってるし、FWがボール収まらなかったら
どうやって点取るの?w

丁度リーグの折り返し
この約半年、ずっと同じようなメンバーで練習と試合してて
連携が未だにうまくいかないとか恥ずかしくないですか?

今日も審判団が退場する時にブーイングが起きてたけど
スローイン判定間違えはあったが東城よりは全然マシ
ってか、ガンバは負けてるとファウルが多くなるし
不利な判定に見えてるだけ
ってか、今日のガンバは審判云々ってレベルではない
監督の采配はアテにしてないけど、采配云々でもない

一言でいうなら

全員がサッカー下手すぎる

単純に、ボールを止める、味方の足元に蹴る
シュートをゴールに向かって蹴るっていう基本中の基本ができてない
きちんと足元にボールを収められなくて
収めるのに時間が掛かってるから、テンポも悪いしスピード感がない
味方の足元に蹴るだけの時でもパスがズレまくってるし
大事な場面でも「この辺に蹴っとけば何とかなるやろ、何とかしてくれ」
みたいな雑なパスが多すぎる。
蹴るシュート、蹴るシュート枠には入ってない、相手GKのスーパーセーブすらない

これと言った攻撃の形もなく戦術もアイデアもなく横パスで時間が経つばかり
たまに入る縦パスは相手へのパスばかり

監督を含めチーム全体の質が下がってる
これで4位にいる事が不思議
首位と勝ち点4しか離れてないのは奇跡
自身の感覚的には8位~10位ぐらいやわ

監督の戦術的、采配的な上積みが見込めないし
メンバー的上積みは、ファン ウィジョしかない状態
ファン ウィジョが2014年のパトリック並みの活躍しない限り
優勝は難しいと思われる。

今日みたいな試合見てると、目標は優勝って言うのが恥ずかしくなる

次の試合まで中2日しかないし、大した練習はできないと思うので
しっかり、ボールを止める、蹴る、シュートを枠に入れるぐらいは
練習しといて下さい

清水まで観にいきますので

とりあえず、言いたい事は全部書いた
切り替えて、次!

現地で応援されていた皆様
暑い中、お疲れ様でした。

※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ

vs ベガルタ仙台(アウェー)

毎度ご来訪ありがとうございます

DAZN観戦でした。

早速試合ですが
2-2のドローが妥当な試合でしたが
相手がオウンゴールしてくれたおかげで勝てました。
勝ち点1が勝ち点3になったのはその分の運が良かっただけ


仙台は3バックで両サイドのウイングバックを置く
今ちゃんがリタイヤするまでガンバがやってたフォーメーション
序盤に仙台はガンバをリスペクトしすぎて5バックになっていた。
その分、中盤にスペースがあり、出足と球際で勝てていた
ガンバが優位に試合を進めていた。

また、ガンバは中盤ダイヤモンドで基本は
ヤットさんトップ下で右に秋、左に今ちゃん、アンカーに井手口と
前回の川崎戦を一応反省したのかと思えた。


1点目、結果的に運が良かった。
中に人数がいないのに仙台が放り込み
三浦がクリア、そのクリアボールを今ちゃんがクリア
浮いたボールを秋が拾いヤットさんにパス
ヤットさんが秋に返し、縦に走るアデミウソンにスルーパス
左サイドを突破したアデミウソンのパスは
増島がいなければ長沢は飛び込んで合っていたかもしれないが
増島がいる為、パスのコースに入れず
ボールに届かないポジションにいた。
つまり、増島はスルーすればボールはすり抜けただろうが
飛び込まれる前にクリアしようと思って飛び込んだら
パスの勢いが強すぎて押し込んでしまった。


中盤の4人が流動的に動き仙台は混乱気味で依然と5バックで対応
スペースでサイドバックを含めたガンバがパスをつなぎ
チャンスを作っていたがヤットさんはじめ、ラストパスが甘く
得点に結びつかない。
仙台はずっと中盤を飛ばして縦ポンでチャンスを狙っていたが
ガンバに拾われを繰り返していた。
ガンバも中盤とFWの呼吸が合わずロストを繰り返していた。

20分ごろから急に仙台が前からプレスを掛け初め
ガンバポゼッションを握っていたがここから仙台が
ポゼッションを握るようになった。

仙台はウイングバックを使い、数的有利を作りながら
ガンバの寄せを掻い潜り縦の石原とクリスランに当てて
チャンスを作ろうとしていた。
相手ウイングバックとボランチへの対応が曖昧なガンバは
プレスが機能せずマイボールにできない。

後半も仙台ペースで始まり、今ちゃんを下げ藤本を投入
ダブルボランチで中盤4枚が並ぶ形で少し中盤の守備が
改善されたが、前線のプレスが甘く寄せを掻い潜られて
守備が後手に回り仙台に前にボールを運ぶ機会を増やされる。
正直、失点するのは時間の問題と思っていた。
しかし、嬉しい誤算

2点目、石原を狙った相手フィードをジェソクがインターセプト
井手口、藤本とつないで、オフサイドラインをうまく掻い潜った
アデミウソンにパス、相手3バックは崩壊
スペースに走りこんだ井手口へパスして、ニアに蹴りこんだ
アデミウソンのオフサイドを掻い潜った動きと
ペナまでしっかり走った井手口が光った。

前線2人がほぼプレスかけない為、仙台は後ろで回し放題
回している間に、スペースに顔を出しギャップを作り
パスを受けて、そのパスを早めに前線に送る為
ガンバはずっと受け身になる。 そして

1失点目、守備のサボりが致命傷になる
まず、秋がウイングバックの蜂須賀をフリーにして
簡単に縦パスを入れられ、あっという間に
アタッキングサードへ入られクロス、西村をマークすべきは
藤本かジェソクでしたね。
まあ、東口はノーチャンスでしょう。

ガンバは呉屋を投入し攻めろのメッセージ
一本カウンターでシュートを放つがゴールは奪えず

2失点目、またもやマーク外す
大岩に誰も付いてないんですよ
マークの確認ぐらいちゃんとしようや

それからも勢いに乗って押せ押せの仙台
プレスもかからないガンバにやりたい放題

ここで予想外の交代、点を取りに行かないといけないとこで
ジョンヤを投入、いよいよ監督の考えがわからん
「なんとかあの時間帯からもう一手で勝ち越すことは
できないかということを考えた時に、金正也の選択になった」
と後でコメントしてたけど、一応、3バック気味にして
サイドバックを上げて攻撃機会を増やそうとしたんだろうと思っておく

が、どうみてもガンバの左サイドでいつも相手が一枚浮いていたのを
藤春に対応させるため最終ラインの保険として
ジョンヤを入れたようにしか見えない。


3点目、当ててそらせば1点の縦への高速キックを蹴った藤本と
体を投げ出して何とかあてたファビオ様々


とにかく、相手の3バックにプレスが掛からないのと
ウイングバックに対応が追いついてない上にバテバテで
中盤でプレスが掛からなかったのが劣勢の原因
途中、中盤をフラット4にするも対応にならず

特に、秋が動けてなかったですよね
疲れが溜まってるようで精彩を欠いていた。

後、川崎戦もそうだったけど、相手がフリーでボールを
持っている際の最終ラインの守備が杜撰で
簡単にマークを外してやられるのはいただけない
CKもマーク外してたし、ちょっと暑いからと言って
ディフェンスが気を抜きすぎていないだろうか?

攻撃に関しては、ヤットさん今ちゃんと
FW2人がまるで合ってない
ついでに長沢とアデミウソンも合ってない
この4人が合わない事には得点など生まれない。
ほんまに、ちゃんと練習してるんやろかw


この試合を見て思いだしたのはアウェーの新潟戦
グダグダだけど、相手自滅でなぜか勝てた試合。

こんなグダグダな試合でも勝てたのは
新潟同様、相手が下位だから

今ちゃんが怪我で離脱してたとは言え
リーグ中盤になっても、ガンバの中盤は
フォーメーションもメンバーも固まっていないで
未だ試行錯誤してる。

このグダグダの流れで中3日で試合。
しかも、相手は鹿島、なぜか成績の悪いホーム
リーグ前半戦、最後の試合にして山場の試合

リーグ戦
ホーム
3勝1敗4引き分け
アウェー
6勝1敗1引き分け

悪い予感しかしないけど
我々には応援するしかない

現地で応援されていた皆様
お疲れ様でした。

※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ
プロフィール

たまえもん

Author:たまえもん


ゴール裏

「誠」とは、「言って成す」つまりは有言実行あるのみ!

応援はゴール裏で熱く

ブログでは、冷静に書きます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数:


現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。