スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ

vs アルビレックス新潟(ホーム)

毎度ご来訪ありがとうございます。

サポーターやってますと本当に一年早いですね

スタジアム入場後の定番、コンコース散歩してて
列にそれ程並んでなかったので初めて高槻バーガーを食す
それもスペシャルバーガー(1000円)

美味しそうに写真が撮れなかったのでサイトから引用w

味は間違いないです。美味しかったです。
ただ、値段を考えるとちょっと次買うのは躊躇しますw
年に1回ぐらい懐が暖かければ買っていいかなw

さて、早速試合ですが
審判の判定にも、ガンバにも不満が残る
勝ち試合でもスッキリしない試合となりました。


立ち上がりから新潟は激しく来る、それに呼応するようにガンバも球際で激しく行く
残留争いで気持ちが入るのは分かるんだけど空回っていて
ガンバの攻撃に対してはファウルでないと止めれない状況

1点目、見たままですね、DF西村のミス
ただ、FKからのリスタートでプレッシャーのあるとこに渡すのも問題
抜け出して1対1はアデミウソンなら安心して見て見てられます

その後もガンバが中盤で奪って秋中心に攻めたてるが
点を取り切れなかった。ガンバは先制した余裕からペースダウン
岩下、ジョンヤディフェンスはラインも高めで安定感があったけど
その分、ロングボールで裏を狙われ、岩下の処理ミスで
ピンチになったりして、新潟が徐々にガンバ陣内に進出する回数が増え
流れが悪くなった所で・・・

セットプレー怖いなぁと思っていたら・・・

1失点目、確かに東口が鈴木に前に入られて、手を引っかけられて
触れなかったのかもしれない。でも、ファーのラファエルシルバに
簡単に合わされるのはどうなの?


後半、物議をかもしてる退場シーンですが
確かにラファエルシルバの倒れ方も後ろから見るとダイブっぽい
ボールじゃなくて人にチャージした岩下のファールと見えなくもない
自分が主審なら何も取らずに流すと思う
ラファエルシルバのシミュレーション、岩下のファール、流すの選択肢の中で
シミュレーションを取った判定は、新潟はお気の毒とガンバ的にはラッキー
1枚目のイエローもちょっと厳しいかなぁと


2点目、これは審判云々ではなく、ハンドしてるのは事実ですからね
しかし、わからんのはあの舞行龍ジェームズのダイブは何をしたかったのか?
ヘッドでクリアしたいと思ってるにはタイミングは違うし・・・
体に当てようとしてるのならば手は引っ込めるでしょ?
これは不用意としか言いようがない


晃太郎を投入して攻撃がテンポアップするも追加点は遠い
相手は一人少ないんですが・・・
ヤットさんのクロス性シュートもバーを叩き
晃太郎のシュートは弾かれ、井手口のシュートはポスト
いつも通り、あと1点が遠い

チャンスで決められないとピンチ
新潟カウンターで舞行龍ジェームズがオーバーラップ
東口が弾き損ねたボールを舞行龍ジェームズがボレーするも
ゴールに入った岩下に当たる。

ロスタイムは、ハラハラドキドキ
前に運びたい新潟と時間を使い逃げ切りたいガンバの攻防
野津田のシュートを弾く東口

事の発端はヤットさんの不用意なバックパスから
ガンバがピンチを招き岩下が後ろからチャージ
ゴールまで距離あるしイエローは妥当
その後、レオシルバが審判の手を叩いたとして一発レッド
まあ、これは自業自得かな

でも、ヤットさんのあのバックパスはないわ
ヤットさんのせいとは言わないが、あれがなければ
レオシルバの退場もなかったと思うと新潟が気の毒w


3点目、呉屋の初ゴールは文句ないし、よく詰めたと思います。
その前の1タッチパスワークも見事でどうのこうのと
ツイッターで回ってましたが・・・
11対11で新潟が気落ちのしていない状態で
あのパスワークと崩しが出来たら文句ないけど
相手9人で残り時間少なく2人退場で集中も切れ
気落ちしてる相手にワンタッチで崩したって言っても・・・ ね?


1点目、相手ミス
2点目、相手のハンド(相手ミス)
3点目、崩した得点(とは言え相手は9人)

まともに11対11の時に自力て取った得点はない
攻撃は相変わらず進展はないように思えた。
相手ミス+自力で5,6点は取っていないといけない。


年間順位4位を狙うチームと残留争いしているチームの試合としては
結果は順当ですが、中身は順当とは言えない。
だいぶ岡部主審に助けられたような気がします。

ディフェンスに関しても、結果セットプレーの1点で抑えましたが
取られてもおかしくないシーンを何度か作られた。
丹羽はディフェンスが軽いけど岩下のディフェンスはきわどい
1歩間違えれば退場になるぐらい危険

丹羽が入るとラインが下がりすぎるのでそれがなかったけど
ジョンヤとのコンビネーションミスにより
岩下が無理してるシーンが多く、正直怖かった。
まあ、コンビネーションは試合を重ねれば良くなるやろうけど
天皇杯では良くなった所でカードの累積で岩下が出れないとかに
このままだとなりかねない

審判や相手に助けられてる試合やってるようでは
年間勝ち点1位を狙う川崎戦は厳しいと思われる

天皇杯も、清水には勝ててもその先から通用するかなって感じ

こんな内容で満足してたら天皇杯なんか取れないよ
年間勝ち点4位も取りたいし
もう少し、やる気を出して下さい


現地で応援されていた皆様
お疲れ様でした。

※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ
スポンサーサイト

vs 横浜Fマリノス(アウェー)

毎度ご来訪ありがとうございます。


横浜行ってきました。
久しぶりのアウェー遠征で車で仲間と行きまして
身内ネタならありますが
これと言ってブログに書くようなネタはありませんでしたw


では、早速試合内容へと… 
でも内容は特に無かったですね…
と言う事でさらっと雑感

井手口さまさまで何とか負けなかった。
マリノスからしたら事故みたいな試合だったと思いますw

呉屋ワントップがどこまで通用するかでしたが
なかなかボールが収まらないし、それをトップ下のヤットさんが
もっと援護して欲しい所だったが、ヤットさん自身のデキもいまいち

攻撃の形を持たないガンバは個人任せ
日本代表クラスのディフェンスに大卒ルーキーが簡単に通用するなら
レギュラーでずっと出てますよね

そんな感じで攻撃のリズムが作れずマリノスが
主導権を持ったままで先制を許す

1失点目、起点は井手口のパスミスから
それを斎藤まで繋がれ、必死で藤本がつくも
今ちゃんと井手口は見てるだけ
スルーに引っかかるジョンヤは仕方ないにしても
丹羽は対応に出遅れてるし付いても対応が軽すぎ
富樫は呉屋と同世代の選手やで
中澤はほとんど呉屋に何もさせなかったよ

1点目、マリノスディフェンスにコース消されてるのに
ここしか空いてないってとこに突き刺しましたね
素晴らしいシュートでした。


後半、秋が入って少し攻撃リズムが良くなる
井手口の絶好のパスを呉屋がフリーで外す・・・
ここで決めてたらまた違ったんでしょうけど
ガンバの負の流れは止まらず・・・

2失点目、いわずもがな、見ての通りです。
残念ながら、斎藤に気付いてなかったようですね
あそこは東口がコーチングして欲しかった。
攻撃の形が作れず、苦しい中でこのミスは痛いです・・・

勢いを持ってもう一点取りに来るマリノスに
何とか食らいつきたいガンバは秋が個人で引っ張る

2点目、秋がこかされた所でアドバンテージを取った
家本がナイスですw
井手口の強烈なシュートは残念ながら枠を捉えてなかったけど
DFに当たりコースが変わり、GKの逆をつく素晴らしいシュートになった。
ガンバはラッキー、マリノスは事故ですね


完全な負け試合を、井手口の思いっきりの良さが救い、負けなかっただけ
それ以外の特筆すべき内容や上積みはなし
強いて言えば、呉屋が日本代表クラスと対峙できて経験を積めたぐらい
CS出場が絶望的やったらやる気も出ないですか?

まあ、完全にCS出場はできなくなった訳ですが
ACLの可能性が残る4位にも入って欲しいけど
この惨状を見てると難しそうやね

とりあえず、ホーム最終戦で無様な試合だけはしないで下さい

現地で応援されていた皆様、お疲れ様でした。



※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ

ルヴァンカップ 決勝 vs 浦和レッズ

毎度ご来訪ありがとうございます。

地上波で見てました。

早速、試合ですが・・・

まあ、相変わらず攻め込まれチャンスの回数は劣りますが
あの惨敗から短期間でよくここまで詰めれたなと
ってか、やればできるじゃねーかとw
何でこれが2週間前にできなかったのかw


2週間前は、井手口とヤットさんのボランチのバランスの悪さを狙われ
その為にサイドバックとサイドハーフが守備に追われ何もできなく
長沢とアデミウソンが孤立していた。

今回はそのボールの取りどころのヤットさんがトップ下
今ちゃんと井手口のボランチはボールの取りどころではなく
むしろ、浦和の攻撃の芽を摘み取り、中盤に守備の安定をもたらし
前回はレッズに圧倒的に攻め込まれていたが
こちらが相手陣内に攻め込む回数は格段に増えた。

その2人に呼応するように全体のプレスも早かったし
ディフェンスラインも前回より高めの設定でうまく守れていた。
所々、穴ができヒヤッとする場面もあったが
しっかり東口が対応してくれ、いい時のガンバの守備であった。

前回のエントリーで書いた通りと思った
>決勝と言う舞台ですし、相手も慎重に来るでしょうし
>前回ほどの大味な試合になるとは思えません

前回の対戦では浦和はイケイケドンドンで勢いを持って
前へ前へ出てきましたが、今日はそれ程でもなかったのは
ある程度慎重になっていた部分もあると思うし

>ガンバは如何に粘り強く戦えるか

そう、粘り強く戦えていたら何かが起こる

1点目、ヤットさんと今ちゃんの粘り強い守備が起点
アデミウソンが体を相手DFと入れ替えてからフィニッシュまでは
アデミウソンの巧さが凝縮されていました。
最後のタイミングを外し、軸足を狙ったシュートは流石でした。

その後も相変わらず攻め込まれながらも何とか粘り強く守れてたし
攻められてるけど、何とか凌ぎ逃げ切ってしまう
浦和対ガンバ戦におけるガンバペースだったのだが・・・

1失点目、ほんまにもったいない失点
まず、入ったばっかりの李に誰が付くかマークの確認が疎かになっていたし
マークがニアのズラタンに寄っていたので裏が開いた所に入られてしまった。
あと、この失点で一番残念なシーン、東口が出ていた事
もう、自分のブログ読者であればお馴染みですが
GKは「出たら触れ、触れなければ出るな」です。
東口が出ましたがその前で合わされてしまってます
相手の執拗なマークもあり出遅れてる上に
完全に目測誤ってるし判断ミスです。
その前のファインセーブが霞んでしまいました。

その後も、浦和が試合のペースを掴んでいますが
浦和対ガンバ戦におけるガンバペースで試合が進み
PK戦となった。

PKについては運のものと思っているので
何も言う事はありません。


冒頭にも書きましたが、2週間前は完敗やったし
退場者まで出して試合にならなかったのが、打って変わって
いい試合をしてたと思う。ガンバにも学習能力がある事が分かって
ちょっと安心したw

今回勝てなかった理由は、CK時のチームミスと個のミスで自爆
追いつかれてから、あと1点が取り切れない攻撃

F東戦後のエントリーでも言及しましたが

>あと1点が取り切れない攻撃陣とザルディフェンスでは勝てないので
>しっかり策を練って、準備してほしいと思います

守備に関しては、スタメンから考えて対策も練っていたのでしょう
個々も意識高くやってたのでうまく行った。

しかしながら攻撃は、準決勝も結局マリノスに勝つ事無く
レギュレーションで決勝に進めた、どちらもドローで
あと1点が取れずに勝つ事なく終わってる
リーグのF東戦も結局あと1点が取れずに自分達を追い込んだ。

元々、長谷川ガンバは堅守と個のクオリティの高さで勝ってきている
個の調子の良い時はそれでうまく行くが、調子が悪くなると
チームとしての攻撃の形を持ってない分、沈黙してしまう。
好調だった長沢がマークが厳しくなり、対策されると
チームとしてもうまく行かなくなったし、個に頼っている分
短期間でも詰めようがない。本人次第。

結局、今シーズンは攻撃に関しては完全に個の力に頼ってきた
いや、長谷川ガンバになってからずっと個の力に頼っている
ガンバとしての攻撃の形を持たぬままのらりくらりと来たツケが
今日、ここで回って来た。だからこの試合勝てなかったと思った。

ガンバがタイトルと取る上でレベルアップを目指すには
強力な個ではなく、チームとして攻撃の形を作れる
監督かコーチが必要だと思った試合になりました。

現地で応援されていた皆様、お疲れ様でした。
気を付けて帰って来て下さい。


※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ

ルヴァンカップ 準決勝 2ndleg vs 横浜Fマリノス(アウェー)

毎度ご来訪ありがとうございます。

オンデマンドで見ました。
今回もサクッと書きます。

戦い方を熟知しているカップ戦巧者ぶりが発揮されただけで
内容的にはこれと言ってありませんでした。


相変わらずトップ下だと生き生きしてるヤットさん
1stlegは全休だったのでそれも手伝ってよく動いてました。

1stlegと違うのは、変にサイドに固執したりせずボールがよく回っていた所
サイドバックもうまく使えていたしヤットさん効果もありますが
1stlegを踏まえて動きとかを整理してきたのかなとは思いました。

変な所での手詰まり感があまりなく仕掛けのパスが良く入っていましたが
前半は崩しきるまで行きませんでしたね、シュートも少なかったですし
アデミウソンのGKかわしたのもついてなかったですね・・・

1失点目、真横アングルの角度から見れないのでオフサイドかどうかは
分かりませんが、オフサイドではないとしたらディフェンスラインのミスで
米倉のミスになりますね、ジョンヤもシュートブロックが選択肢はなかったのか
止め切ろうと必死で追ってませんでしたし、ガヤも止めて欲しかった。

取らねばならないガンバが丹羽もサイドバックも上げて仕掛けそれが実った

1点目、井手口の米倉への縦パスがスイッチ、ディフェンスに引っかかったが
再度アタックして球際の粘りが米倉のヒールパスにつながった
シュートでも良かったけど藤本は良く中を見てましたね
しかし良く崩せました。

ルール上このまま終われば決勝に進める事になった
ここから攻めるのか守るのかで長沢を投入
前からのプレス強化とあわよくば追加点のメッセージ
晃太郎も投入して守りに入らず、もう一点取りに行く姿勢は良かった。
取れたらもっと良かったけど

ガンバのいつも通り、相手なりに最低限の結果を残したって感じでした。

さて決勝は浦和との対戦
自分はリーグ戦の悔しさはリーグ戦でしか晴らせないと思ってます
当たり前ですが、ルヴァン決勝で浦和に勝ってもリーグ戦で勝ち点3は貰えませんから

それよりも昨年のナビスコ決勝の不甲斐ない試合を思い出して欲しい
今年のサポミに参加した時に、野呂社長がナビスコ決勝の敗因は
ACLに負けて過密日程も重なり、肉体的にも精神的にもボロボロだったと言ってました。
まあ、そんな事言い訳にはならないぐらいの完敗っぷりでしたが・・・
今回は、1週間ありますし言い訳はできません

決勝と言う舞台ですし、相手も慎重に来るでしょうし
前回ほどの大味な試合になるとは思えません
ガンバは如何に粘り強く戦えるか

前回の対戦からたった2週間ぐらいで実力差が埋まるとは思えませんが
ボロボロにされ予習はできてます。対策を練る時間もあります。
ガンバの学習能力が問われます。そこを楽しみにしてます。

現地で応援されていた皆様、お疲れ様でした。

※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ

ルヴァンカップ 準決勝 1stleg vs 横浜Fマリノス(ホーム)

毎度ご来訪ありがとうございます。

オンデマンドで見ました。
内容があまりないのでサクっと書きます。

まあ、いろいろな見方ができる試合でしたね
レッズにボロボロさにされたディフェンスがアウェーゴール取られなくて良かったとか
秋が決めるべきシュートを決めていれば勝てたとか
序盤にしょーもない連携ミスでゴール取られなくて良かったとか


ガンバいつも通り
「1stlegはそこそこ負けんようにやって2ndlegで勝ったらえんやろ?」ってな内容
実際レギュレーションがそうなので良いんですが・・・

パトリックが先発でしたが、パトリックを活かす以前に
中盤のところでアイデア無く戻して最終ラインに戻してやり直しが多かったですね
ガンバの悪いクセ、片側のサイドにこだわって崩そうとする
秋が孤軍奮闘するも、周りがそれに合わせられなくて
孤立するのもいつも通りでした。
やっぱり、気の利いたパスやポジショニングができる
ヤットさんが恋しくなりました。

パトリックは縦ポンではなくサイドからの標的要員でした。
1本折り返しを秋のボレーにつなげたのは良かったですが
それ以外の地上戦では、ほぼ出番なしでしたね

マリノスも決め手を欠く事が多く、斎藤学の穴は大きかった。
マリノスの拙攻と言うか、フィニッシュのクオリティの低さに助けられたのも
ありますが、ガヤの活躍も大きかったと思います。
今日のMOMはガヤですね

シチュエーションや相手は違いますが
レッズにボロボロにされた試合の後にしては、それなりの試合はできたと思います

アデミウソンは半休、ヤットさん、長沢が全休できましたからね
2ndlegはその3人のデキに掛かっていると思います。

現地で応援されていた皆様、お疲れ様でした。


※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ

vs 浦和レッズ(アウェー)

毎度ご来訪ありがとうございます。


オンデマンドでリアルタイムで見てました。



もう、怒り通り越して呆れるを通り越して只々悲しいです、弱過ぎて


もう、自分のブログをずっと読んで頂いている方は
この後何を書くか察しがついていると思います。

全ては、前回書いたエントリーの最後で言及しました。


>ディフェンスに関してはずっと失点してるし
>勝ってるからとおろそかにしてると
>絶対足元すくわれると思ってたら、きっちり足元すくわれた
>ドン引き人任せボールウォッチャーディフェンスじゃ優勝できんって

>ジョンヤが累積で出場停止で西野が出ると報道されてるけど
>情報戦で当日に岩下を出すぐらいの情報戦仕掛けないと

>浦和は、F東相手にきっちり3点取ってるし失点もPKの1点だけに抑えてる
>しかもアウェーで、まともにやったら勝てんで

>あと1点が取り切れない攻撃陣とザルディフェンスでは勝てないので
>しっかり策を練って、準備してほしいと思います


1失点目、いつも通りのドン引き人任せが炸裂する
まず、井手口ですね、ボール行くとこ行くとこに食いつくクセが
悪い方に出た。武藤に付いているのに、柏木にボールが入った時に
柏木に食いついて行った。誰か武藤をマークしてくれると思った?
武藤が縦に切りこんだ時、既にマークがずれてファーに
レッズは3人いるのにガンバは2人しかいない、秋も守備をサボってる
もう今年何度見た事か、ディフェンスラインの前にボールを入れられ
決められるシーンを


レッズが早いプレスと押し込みでガンバは何もできず
どうしてもラインが下がりすぎて間延びして
苦し紛れに長沢、アデミウソンに渡そうとするも
きっちりマークされていたし、フォローもないから
ハーフカウンターにも持って行けない。

レッズは1点取った余裕からか、ペースは上げて来ないものの
ガンバにいいようにさせないように要所は抑え
ジワジワ攻めて来て完全に試合をコントロールしてた
また、ラインが低いからその前が開く事と長沢、アデミウソンを
抑えれば何もできないと完全に対策をしていた。

しかし、前半は1失点のみで終える
ここに付け入るスキはあると思っていた

後半、藤本を入れてフォーメーションを3ボランチ気味変え
中盤をダイヤモンドして、駒井、宇賀神の裏を狙って
サイドから攻めようと言う意図は分かったし
監督なりに何とかしようと言うのも分かった。しかしながら
防戦一方から抜け出しかけてた所でまた寄せれない悪癖が出た。

2失点目、秋も藤本も寄せきれないのはなぜ?
西野に当たって運が悪いとか以前の問題


アデミウソンのレッドカードは色々言われていますが
槇野の大根芝居は置いておいても、殴りに行っているのだから
一発レッドでも仕方ない。先日の大久保がレッドなら
これもレッドになるでしょう。
もうこれで、ガンバとしては試合にならなくなった。

3失点目、4失点目、もはや何が悪いとか
書く気も起こらないw 間抜けな失点ですよ、ええw

アデミウソンが退場にならなくても
4-0が3-0か3-1になっていたレベルでしょう
清々するぐらいの完敗っぷりでした。

まあ、1-0,2-0になった時にレッズ相手に何とかできるぐらいチームなら
FC東京戦、勝ってますよ


>浦和は、F東相手にきっちり3点取ってるし失点もPKの1点だけに抑えてる
>しかもアウェーで、まともにやったら勝てんで

まあ、何の策もなく、いつも通りやって勝てると思ったのでしょうか?
いつものような深いディフェンスラインで勝てると思った?
まともにいつも通りやって玉砕
ラインを上げてコンパクトにして、もっと前からプレスかけ
ボールの取りどころを決めて取るとかできない?
もうドン引きサッカーに慣れてるから今更できない?


今まで、どん引きディフェンスで間抜けな失点を
繰り返してきたにも関わらず
長沢やアデミウソンなど個の活躍で相手なりに何とか勝ってきて
メッキを貼っていたが、修正すべき点を有耶無耶にしてたツケが
一気に回ってきて、上位と当たる事によってそのメッキが綺麗に剝がされた。


レッズサポにこんな事言われても、もはや返す言葉もない
最近、一方的な負け試合になるとしょーもないファウルはするし
蹴ったり踏んだりだとか余計な事もするよね?
見てて情けないわ


この後、ルヴァンカップも含めて、メッキの剥がれた状態でどうやって戦うのか?
メッキの剥がれた状態で何とかなる相手ばかりではないよ
新潟も残留がかかってるから必死で来るよ

ドン引きディフェンスが変えれないのならせめて「人任せ」は止めてくれ


現地で応援されていた皆様、お疲れ様でした。

※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ
プロフィール

たまえもん

Author:たまえもん


ゴール裏

「誠」とは、「言って成す」つまりは有言実行あるのみ!

応援はゴール裏で熱く

ブログでは、冷静に書きます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数:


現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。