FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ

vs サンフレッチェ広島(ホーム)

毎度ご来訪ありがとうございます。


試合前にみのおフレンチのパフェと限定のパスタを食す


この限定商品を買うと抽選券が付いてきて、くじ引きに行ったら4等のステッカー貰いました


さて、試合ですが
調子悪いチーム同士、差がない中でワンチャンスを物にしたガンバが勝ちきった
まあ、ガンバは運が良かっただけで内容的には薄い試合でしたね

試合開始後、早速ガンバの守備の脆さを露呈する
右サイドにミキッチが持った時、誰もウタカを見てない
ミキッチからフリーのウタカにパスが入り、丹羽が付くけど簡単にパスを出され
宮吉にあわやのバー直撃弾を打たれる

前回のエントリーで画像を使って解説したら一部で好評だったので今回も

この画像はウタカにパスが出る前のシーンですが
ガンバディフェンスのダメさが集約されています。

まず、ミキッチに対してジェソクが対応してる事が既におかしい
ジェソクはサイドバックで最終ラインです。阿部が対応して
ジェソクは左サイドのスペースをケアするか宮吉に付かないといけない
上記のシーンで左サイドのスペースにミキッチがパスを出したら
ジョンヤが簡単にサイドに釣り出される訳です。
釣り出されて、そのスペースにウタカが簡単に入りこめる状況になる

みんなミキッチだけ見てて走り出すウタカを見てない。
上記写真の状況で既に阿部、ジェソク、秋は何もしてないも同然
本当は秋がウタカを見ないといけないし、この状況では
今ちゃんがウタカに付いていかないといけない。
人数だけおって何の役にも立たない今年のガンバの守備の象徴的シーン
ここで1点入っていたら柏戦同様しんどい試合になったでしょうね
運が良かった。

ガンバの攻撃は、広島に相性の良い長沢を持ってきたけど、全く活かせず。
広島の守備時は5バックを崩すのに苦戦
その5バックの手前でパスだけで勝負しようとするから。
セカンドボールは拾えるけど、パスを回すだけでは何も起きないし
5バックラインの裏を狙う訳でもなく、ドリブルで突っかける訳でもなく
たまに秋やアデミウソンが突っかけるけど悉く止められカウンターの餌食
押し込めてるけど、崩せない状況が前半ずっと続きました

アデミウソンが上がった後のスペースを突かれて
ずっと右サイドから攻められてましたね。

まあ、驚いたのが後半すぐに長沢をあきらめて
晃太郎を入れて、アデミウソンのワントップに戻した事
長谷川監督にしては決断は早く、しかも阿部を左サイドから右サイドに
変えた事が勝った要因の一つとなった。

晃太郎が入り左サイドが活性化、パスを回して時間を作れるので
阿部がよりゴールに近い位置にいれるようになった。

そして、今ちゃんからアデミウソンに勝負の縦パスが入り
ヤットさんにパス、ヤットさんは阿部に預けるつもりが
縦に上がったアデミウソンに当たった
アデミウソンが上がった事により広島ディフェンスが左に寄り
右にスペースができて且つ、うまくそこにボールが転がり
阿部が絶好のシュートポジションにボールを置けた。
シュートはいいシュートでしたね

その後、パトリック投入しいつものガンバの戦略
粘り強く守りながらパトリックを使ったカウンターで突き放す。
しかしながら、今年はこれがうまくいかない。この試合も不発。
広島に追い上げられながらも枠に来ないシュートと
精度のないクロスなどに助けられ守り切った。

両チームのグダグダっぷりから0-0が妥当な試合を
最初に宮吉に打たれたシュートが入らんかった運と
意図せぬ形で阿部のシュートコースが空いた運だけで勝った試合

いい加減、人数だけおるボールウォッチャー守備を止める事と
後半、相手が疲れてる中で投入したパトリックが機能しないと
この先しんどいなぁと思えた試合でした。

ちなみに、パトリックの頭は、ハゲズラをかぶってるようにしか見えなくて
そればっかりが気になりましたw

現地で応援されていた皆様
お疲れ様でした。

※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ
スポンサーサイト

vs 柏レイソル(アウェー)

毎度ご来訪ありがとうございます。

オンデマンドで見ました。

点差こそ1点差ですけど、このままやとしんどいなぁと
そう思った試合でした。

経過を追って行くのではなくて
この試合で気づいた事を書いて行きます。

試合開始後、失点する少し前
秋が左サイド奥からサイドチェンジで右サイドフリーの米倉へ送るがサイドラインを割った。
問題はその後、米倉はそのまま前線に残っていて
レイソルスローインから米倉のいない右サイドのスペースにボールが上がり
センターバックの丹羽が競り合った。それが↓の画像
そのいち
競り合って、相手ファウルを取ってくれたから良かったけど
ファウル取ってくれなかったら見ての通り、2対1の状況で大ピンチだった。

そして、その後すぐ
また、左サイド奥から秋が右サイドの阿部にサイドチェンジ
阿部が触る事なく相手にカットされ右サイド、中途半端に上がっていた
米倉いないスペースにボールが上がる
その2
今度は丹羽が競り負け、赤○のスペースにボールが行って
クリスティアーノに拾われて、持ち込まれ決められた。

1失点目
・秋は2回目の無理なサイドチェンジいった?
相手DFラインの裏に出すならわかるが、フリーでもない阿部に精度の悪い
ロングボールを出す意味が分からない。
・米倉はなぜ中途半端なポジションにいる?
あなた右サイドバックでしょ?それになんで全力で戻らない。
・これは難しいかもしれないし希望やけど、クリスティアーノの前の危険なスペースに
今ちゃんが先に気付いてほしかった。

一番の問題は数秒前、危険なシーンを作られているにも関わらず、同じように
右サイドに広大なスペースを作っている事
リスク管理、学習能力ない事を露呈

2失点目の米倉
その4
確かに飛び込めばかわされるので、まずボールとゴールの間に入るのはわかる
でも、相手との間合い開けすぎでしょ?間合い開けすぎてるから
シュートコースにも入れてないし

3失点目
パスを回していたが失敗しルーズボールを拾えずカットされクリスティアーノに預けられた。
その5

クリスティアーノが前線に預け自ら上がって行った
その6
この時、ヤットさんも米倉も当然守りに帰っているので、上のように
ヤットさんはクリスティアーノに寄せて付いて行き、米倉はスペースに戻れる時間はあったはず・・・

その7
しかし、ヤットさんはクリスティアーノを見ずボールしか見てない。
米倉は全速で戻らない結果、先にクリスティアーノが抜けだし
その7
フリーのクリスティアーノにボールが出てペナ内に持ち込まれシュートを打たれた・・・
その8

あと、東口についてですが
1失点目、至近距離でのGKの頭越しズドンはGK泣かせでノーチャンスとも言える
そのポジショニングではノーチャンスやけど、相手と1対1なんやからもうちょっと
ポジショニングを前にしてコースを絞ればノーチャンスとは言えなかったかも・・・

2失点目、恐らくシュートコースに米倉がいたので油断して反応が遅れたように見えた。
ポジショニングも真ん中ではなくて1歩右にいてほしかった。

3失点目、早いボールに対して、また手だけ行った感じ、完全なミス


丹羽が試合後のコメントで「最後の寄せとかしっかりしないといけない」みたいな事を
言っていたようだが、それ以前に問題が多すぎる
クリスティアーノのフィニッシュのクオリティが高かったけども
フィニッシュに行くまでは対応できたはず
どの失点もできる事をやってないが為に失点してること

1失点目、同じような危険なシーンがあったにも関わらず
右サイドの米倉が開けたスペースを誰もカバーしない、空けた本人は戻って来ない
2失点目、個人の対応ミス
3失点目は完全にヤットさんと米倉の怠慢、この失点は一番防げた可能性が高い

とにかく必死に全力でディフェンスに戻る
これだけを意識してるだけでだいぶ変わると思うねんけど?
ってか全力で戻るとか当たり前の事やと思うのだが・・・
当たり前の事、できる事をやってない上に個人のミス、GKのミスが重なったら
いくらラッキーな形で点取っても試合には勝てんって、良くてドローやわ

怠慢、雑なプレーが今年は多すぎる。
だから下位の湘南や名古屋なんかには点は取れてるのに勝てない。

監督の采配とか選手起用以前に一人一人が
もう少し目の前の事、状況を考えながら真剣にサッカーできんもんか?
1試合1試合を目の前の事を真剣にやらんと結果なんかついて来ない
なんか今年、同じような事を何度も書いてる気がする・・・


現地で応援されていた皆様
お疲れ様でした。


※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ

CS出場の勝ち点を計算してみました。

毎度ご来訪ありがとうございます。

仕事中にふと、ガンバは2ndステージ優勝するには
あとどれぐらい勝ち点取ったらいいんやろ?
CS確定の3位以内に入るにはどれくらい勝ち点いるんやろ?と
気になったので調べてみました。

2ndステージ優勝するにはですが
参考データとして
1stステージ優勝の鹿島が叩き出した勝ち点39
昨年の2ndステージ優勝の広島が叩き出した勝ち点40

では、ステージ優勝勝ち点39をボーダーラインとして
ガンバの2ndステージ現時点の勝ち点8で残り試合数13試合
39-8=31(ボーダーラインに必要な勝ち点)
31÷13=2.38(1試合辺りに必要な勝ち点)

勝ち点2.38×4(試合)=9.52→四捨五入して10としたら
4試合で勝ち点10、つまりは3勝1分ペースでいかないといけない。

続いてCS3位以内
参考データとして
1stステージ3位の浦和が叩き出した勝ち点33、単純に倍すると66
昨年、年間3位に滑り込んだガンバの年間勝ち点は63

ではボーダーラインを勝ち点64と設定したとして
ガンバの現在の年間勝ち点は32
64-32=32(あと必要な勝ち点)
上記の2ndステージ優勝に必要な勝ち点と1しか変わらない

ガンバの残り試合13試合で

11勝2分で勝ち点35
10勝3分で勝ち点33
10勝2分1敗で勝ち点32
10勝1分2敗で勝ち点31
9勝4分で勝ち点31
10勝3敗で勝ち点30
8勝5分で勝ち点29
9勝4敗で勝ち点27
7勝6分で勝ち点27

ボーダーラインが少し下がったとしても
6分か4敗すると絶望的か

ちなみに今のガンバの1試合辺りの勝ち点は
勝ち点32÷21試合=1.52(1試合あたりの勝ち点)
このペースで残り試合行くと
1.52×13試合=19.76 勝ち点19しか稼げない
32+19=51 年間勝ち点51だと昨年を参考にすると
年間順位7位か8位ってとこ

2014年のW杯中断明けのガンバ
20試合15勝3分2敗
勝ち点48÷20試合=2.4(1試合あたりの勝ち点)
つまりは、今から2014年のW杯中断明け並みに勝ち点を稼がないと厳しい

2ndステージは残留争いが絡んできて、下位が上位を喰う確立が増えそうで
ボーダーラインが下がりそうではあるが、今年のリーグは3強15弱
この3強15弱が続くとボーダーラインは上がりそう

この状況を監督や選手達は分かっているのだろうか?

ってか計算しなければ良かったw
まあ、終わった事は仕方ないので目の前の試合を
1試合1試合しっかり応援して行くしかないですね

※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ

vs アビスパ福岡(ホーム)

毎度ご来訪ありがとうございます。

いつもはゴール裏で熱く応援させていただいてますが
昨日は茨木市民デーで、茨木に住んでる母親と妹と一緒に
カテ4で見てました。


見やすいけど普通のカテ4と同じ料金はちょっと不満w

応援は揃ってましたね~




やっぱり、夏はクンテープのマンゴーかき氷

さて試合ですが
前回のエントリーで書いた激も空しく、最下位相手に1点差で勝つどころか
ドローで終わると言う、何とも情けない結果でした。

序盤からガンバはサイドから揺さぶり攻勢をかけた。
相手ミスなどもあり、ガンバがボールを保持しチャンスを演出するも
決めきれない姿は、大宮戦から進歩がない。

ポストに嫌われた事もあったが、ポストに救われたシーンもあり
そこは行って来い。

前回のエントリーで書いた「ストロングポイント使えよ」を見たのか(←んな訳ないw)
パトリックへのクロスは増えたが合わず、合っても枠に飛ぶ事はほとんどなかった。

まあ、結果論ですがパトリックを引っ張り過ぎましたね。
ってか、そもそもパトリック先発が疑問
大宮戦は、アデミウソン休養でその前の仙台戦の好調さもあったし
ご褒美的に先発はわかる。しかしながらその好調さを維持できずに
大宮戦は今年の悪いパトリックだった。今回はアデミウソン先発が筋じゃね?
前半で見切ってアデミウソンか長沢を投入すべきだった。

鹿島戦では、得点はなかったけど途中出場が効いてたし
仙台戦も途中出場で結果を出した。
使うならやっぱり次からは後半の相手のバテた時かと

あと、藤本投入もそこは仕掛けられる晃太郎かな
まあ良いシュート打ちましたけど入らなければ意味ないし

パトリック引っ張って岩下を下げるんなら、3バックにして
2トップにするとか、相変わらず監督の中に柔軟さはない
この過密日程の中で、先発メンバーはあまり変えず
交代で回している時点で、本気で勝つ気でやってるのかと疑いたくなる

今シーズンは、模索中の中から始まったガンバ
ACL敗退後から徐々に固まりつつあったメンバーで何とか
勝ち点を稼げるようになったがちょっと過密日程になった途端にスローダウン
これからルヴァンカップも始まるし、こんな感じで選手回してたら
先が思いやられる・・・

試合内容で特筆すべき事がなかったので采配についてになってしまいました・・・


中1週あるので真夏の消耗戦を乗り切って欲しいですね

現地で応援されていた皆様、お疲れ様でした。

※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ

vs 大宮アルディージャ(アウェー)

毎度ご来訪ありがとうございます。

オンデマンドで見てました。
対して内容がなかったのでサクッと書きます。

勝てた試合でもあり、負けてた試合でもありのドロー
決定的チャンスの数はガンバのほうが多かったように思います。
しかしながら、お互いのチームでチャンスを作っては自ら潰しあうと言う凡戦

年間順位、5位と6位の試合でしたが、内容的には15位と16位ぐらいの
試合を見てるようでした。
パトリック先発でしょ?やること一つでしょ?
相手ディフェンスの裏狙いボールは少なかったし
クロスが上がらない。前節の2点目どうやって取った?
なんで自チームのストロングポイント使わない?
良かった事が継続できない。今年のガンバの悪い癖

とりあえず、序盤からしょーもないパスミスは多いし
横パス、バックパスばっかりで勝負の縦パスが入らない
たまに入ったらパスの質は悪い、トラップミスでチャンスを潰す
フィニッシュのクオリティは最低

阿部はもっとシュート練習しろ!何本枠外した?
どフリーでやっと枠に入ったらGK正面って・・・
献身的に走り回ってたのはわかるが、一番大事な所ができてない
そこができてない故にチームが苦しむ事になる

パトリックも自分が何とかしてやるって気持ちはわかるが
ヘディングする時、何回他選手とポジションかぶった?
全部が全部自分がやらなくてもこぼれ球を狙うとか
もう少し周りが見れないか?

やっぱり、今のガンバは秋の力が大きいと思った。
秋が引っ込んでから、攻撃が単調になった。
中盤で溜めたり、突破して相手を引きはがし
単独で仕掛ける人がいなくなったら何もできないのか?

今日付けてた喪章の意味分かっているのか?
故佐野社長と関わっていた選手は少なくなったかもしれんが
その人の為にもっと「やってやろう」って気にならないか?

年間順位上位3チームはきっちり勝ってるで
こう言う試合であと勝ち点2を取りこぼすから、上位との差は開くばかり
暑いとか日程はどのチームも一緒
夏に強いガンバ? どこがw?って感じ

次の試合、ホームで最下位相手に勝つなんて当たり前やで
まあ、相手なりにしかできない今のガンバは1点差ゲームが関の山か?

圧勝して力の違いを見せつけてみろよ!

本日、現地で応援されていた皆様、お疲れ様でした。





※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ

vs ベガルタ仙台(ホーム)

毎度ご来訪ありがとうございます。

吹田スタジアムは蒸し暑かったですね・・・

アウェー仙台では前半15分で試合を決めてしまい
後はグダグダと言う訳のわからん試合で
勝った事以外、特に収穫はナシでしたね

上位に勝って、中位以下に凡戦するガンバ
連勝なるかの試合は・・・


内容は良くありませんでした。
相手に合わせて凡戦になりそうな所を
パトリックが救ってくれた。そんな感じでしょうか?

序盤はガンバはアデミウソンに当てて展開しようも収まらず
ハモンロペスに収めて勢いを持ってくる仙台に苦戦
その差でセカンドボールも拾えず押し込まれる。

10分過ぎた頃、ようやく藤春を使いチャンスが生まれる
阿部は、あのフリーのヘッドは枠に入れないと話にならない

1点目、流れがどっちに転ぶかの所でいい位置でFKを得る
最近のセットプレーはすごく入る空気があるなぁと思ってたら
米倉にドンピシャ、練習通りっぽかったですね

アデミウソン当てを止めて、中盤で溜めを作ってサイドを使う方法に
シフトしてからは、ガンバがチャンスを作り始めた。

しかしながら危険なシーンが発生
コーナーからのカウンターで三田に抜けだされた
東口がゴールマウス空けて対応の行くが
処理できずに抜けられ、相手のキックミスで事なきを得た。
1点物の大チョンボ、DFが2人も寄せてるし角度も距離も
あったので出る必要はなかった。判断が悪い。
失点しなくて運が良かった。

その後も押し込まれる時間が続く
1本バーを叩いたシュートもあったし
流れは良くない。
その流れを後半変えて欲しいと思っていたが

1失点目、まずハモンロペスをフリーにするのがありえない
誰が付くかハッキリしてなかったのも悪い
そして、東口のミス、ボールの正面には入っているが
キャッチミスでボールの勢いを殺しきれなかった。
まあ、技術的なミスは仕方ない。次に気を付ければ良い
前半の判断ミスの方が自分の中で罪は重いと思った。
ただ、流れの悪い中でこのミスは痛かった。


反撃をしたいが、アデミウソンのワントップで
流れの中で取れる気がしない
晃太郎が裏抜けを試みるもオフサイド

晃太郎に前節のようなキレがなく
小刻みなドリブルで仕掛けるシーンもなかった。
交代も自らダメと言ってヤットさんから
晃太郎に変わったくらいなので
コンディションが悪かったのか?

勝ってる中でのパトリック投入は前節効いたけど
ドローの中でパトリック投入は吉と出るか
凶と出るかでしたが吉と出ました。


2点目、半分は秋の得点
相手ゴールキックがタッチラインを割ってマイボールになり
左サイドでヤットさん秋と繋ぎ秋が突破を試みたが
カットされタッチラインを割った。ベンチメンバーの
西野が素早く拾い藤春へ渡しスローインのボールは
スペースへ秋は、がら空きのスペースに駆け上がり
エンドラインギリギリの攻防を制しボールを持ち直す
突破、パス等色々選択肢がある秋に仙台ディフェンスは
飛び込めず中を見る余裕とタイミングを計る時間ができた。
フリーのパトリックにふんわり絶妙のパスを供給
パトリックがヘッドで叩きゴールに突き刺した。

タッチ割ったボールを空気を読み素早く藤春に渡した
西野は、影のアシストw

あのふんわりの勢いのないボールをしっかりヘッドで
叩きボール勢いをつけれるのはフィジカルモンスターの
パトリックならでは。正に「青の鉄槌」

さあ、残り10分、勝ち越したガンバにとっては危険な時間
攻めるのか守るのかハッキリしなければならない時間で
ジェソクを投入し守って逃げ切りに入る、しかしながら
菅井に裏を取られオフサイドで事なきを得る。
完全ノーマークだったのでオフサイド取れなければ
終わってた。紙一重

その後も梁勇基にミドルを打たれるが、東口正面で助かる
相変わらず綱渡りが続く中、相手の攻撃を凌ぎ
クリアボールを阿部が拾い、カウンターを仕掛けた所で
ファウルを受けた。
このプレーが仙台寄りの流れをガンバ寄りに変えた。

3点目、フリーキックで東口が前線にフィード
一度は跳ね返されるが丹羽がヘッドで再び前線へ
パトリックが競ったボールを拾われクリアしたボールを
阿部がカット、右サイドのパトリックへ
パトリックが2人に囲まれてヘルプの阿部に
パス出したが相手に引っかかり、そのボールを
拾ってペナに侵入、意表を突くタイミングでのシュートで
相手ディフェンスがブラインドになり
GKは飛ぶタイミングを失いゴールにボールが吸い込まれた。


仙台には失礼だが、格下相手にギリギリ勝った。
夏場で体力の消耗が激しいので仕方ないが
ゲーム運びが不安定、特に点を取ってから
押し込まれる時間が長い
2点目を取ってから、いつディフェンスが
決壊しても不思議でなかった。

アデミウソンがいる時の攻撃パターンの確立と
パトリックを投入した時に相手ディフェンスラインの
裏抜けを徹底し、相手ラインを下げるように
できるよう相手陣内に入ってる時間を
増やす事が課題と思いました。

中3日で試合と日程がキツくなりますが
乗り切って欲しいと思います。

現地で応援されていた皆様、お疲れ様でした。

※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ

宇佐美の移籍について

毎度ご来訪ありがとうございます。


3年前、ドイツから帰って来た宇佐美の初練習日に行きました。
どうしても本人に「おかえり」を言いたい為に

クラブハウスから練習場に上がってくる道で
「おかえり」と声をかけると「ただいま」と少し照れくさそうな
表情で返してくれたのを今でも覚えてます。


復帰初戦のホーム神戸戦では、いきなり2発沈め
試合勘とかコンディションとかチームフィットとか
一発で吹き飛ばす活躍

その後のJ2制覇、昇格に大きく貢献してくれました。

2014年 怪我で出遅れましたが、宇佐美の復帰とパトリックの加入により
ガンバは上昇し、結果3冠に大きく貢献してくれましたね

印象的だったのが、ナビスコカップ制覇した時の涙

「ドイツに行って、いろんな苦労というか、気持ちがある中で
G大阪に帰ってきて、G大阪でタイトルを獲りたかった。
途中から、その気持ちを抑えることができなくなった。
試合中に泣いたことも、勝って泣いたこともない。
僕自身、G大阪で育ってきて、どれだけ早くG大阪に
タイトルをもたらせるかは夢でもあり、自分に掲げていたテーマだった。
やっぱり、嬉しかったですね」

こういうコメントやオフシーズンのテレビなどの取材で言葉にする
宇佐美の「ガンバ愛」を形にしたくてゲーフラを作りました。


2015年はバカ代表監督のおかげで、体脂肪を気にしてから
パフォーマンスが落ちました。
また、2列目左サイドのポジションにもなかなかしっくり来ず
もがき苦しんだシーズンになりましたね。

2015シーズンオフ、海外からのオファーなども報道されてましたが
ガンバに残留が決まり2016年シーズンを迎えた

2016年の宇佐美は、相変わらずうまいしアシストやゲームメイクするが・・・
得点も最後はちょっと取りましたが、得意のドリブルもあまり見られない。

宇佐美を見てて思った事「成長してるのかなぁ?」

ガンバにおいて宇佐美の今までの貢献度や注目度など加味すると
もはやチームの王様になりつつある気がしていた。

チームの王様とは、少々パフォーマンスが悪くとも
スタメンから外れる事はほとんどなく
ある程度制約はあるものの自由にやらせてもらい
多少のミスは多めに見てもらえる
王様中心にチームが回って行く感じ

単刀直入に言うとチームから「甘やかされてる」ように思えた。

そう思っている中で今回の移籍
厳しい環境に身を置き宇佐美の「成長」を促すチャンスに思えた。

前回はレンタルで「お試し」移籍だったが
今回は完全移籍で「本番」である。

また、宇佐美は「ゴール裏の俺たちの夢」でもある

ゴール裏でガンバを応援していた少年が
下部組織に入り、トップに昇格し
活躍して海外に移籍する

ガンバサポにとってはこの上ない喜びであるし
この上ない楽しみでもある

「皆さんに助けてもらう必要がないくらいの男に成長して
またいつか、このクラブでやれることを夢見ています。
その時はまた温かく『おかえり』と迎えてもらえたら
うれしいですし、本当に必要とされるべき男に
なりたいと思います。」


ガンバに帰ってきてプレーする姿も見れるかもしれない。
いや、ガンバ愛溢れる宇佐美の事だから
きっと引退するまでにガンバでプレーしてくれるはず

今度は2年ぐらいで帰って来るなよ
本当に頼れる男になって帰って来て欲しい

もう一度、夢の続きが見れる事に感謝したい。

※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ

vs 鹿島アントラーズ(アウェー)

毎度ご来訪ありがとうございます。

宇佐美が去り、フタが去れども試合はやって来る


今期1stステージ開幕戦の鹿島
ガンバはあんなメンバーでなしに普通にやってれば
負けはしなかったと思う、勝てたかは分からんけど
あの時の鹿島見て優勝するとは思わなかった。


さて、仕切り直しの2ndステージ開幕戦
奇しくも相手は鹿島
1週間しか経ってないので仕切り直しもクソもない試合は・・・


セットプレーで2点と楽してガンバは勝ちましたね
色んな意味で運が良かったと思える試合でした。


序盤は鹿島ペース
ガンバがボール持っててもしっかりとプレス掛けて来る
サイドバックの裏や、センターバックとサイドバックの
ギャップをついて来る楔の縦パスにヒヤッとする場面もあり
何もできない状態がしばらく続いてました。
ただ、ガンバも前半はスタミナ考えてセーブしてた感もあったけど

1失点目、米倉が一発でボールを取りに行った為
そのサイドバックの裏を取られた。ヘルプに行った阿部も当たりが軽く
簡単に切れ込まれジョンヤが赤崎のマークを外して簡単に失点
まあ、いつも通りのボールウォッチャーからのマーク外しですね

1得点目、鹿島が前に食いついてボランチとDFの間の
アデミウソンにうまくボールを運べたのが起点
右のヤットさんから阿部に折り返し
アデミウソンが、うまく外に1人釣った所で
植田はどちらにもつけず、山本の前に秋と晃太郎がいて
どっちに付いたらいいかわからない内に晃太郎が振りぬいた。
きちんと、ボックス内に3人入っているから取れた得点

この後、ガンバは我慢の時間帯でよく凌ぎました。

後半開始からテンポアップして行って、鹿島も徐々に
プレスがかけれなくなり、ガンバの攻勢が目立つようになった。

2点目、ヤットさんが丹羽を呼び寄せて、ショートコーナーと思わせて
植田を釣れたのが大きかったですね
あと、鹿島は誰が誰に付くなどハッキリしてませんでしたね
あんなとこ今ちゃんフリーとかありえないですwラッキーでした。

晃太郎は途中交代でしたが、らしさが出てて良かったです。
ボール持って小刻みなドリブルで仕掛ける
あれが晃太郎の本来の姿でしょ

宇佐美が抜けても中盤は人が余ってるぐらいやし
チャンスメイクする人がいなくなった所をしっかり埋めれるかでしたが
晃太郎がしっかりチャンスメイクしてくれましたし
ゴールまで奪ってくれ本当に助かりました。

2点目、1失点目の凡ミスをチャラにするゴール
名古屋戦に続いて逸らすのがうまいですねジョンヤは
またもや鹿島は簡単にフリーを作ってるしw

この後のパトリック投入は、久しぶりに采配を褒めたいと思います。
押し込みたい鹿島だけど、裏抜けするパトリックに苦戦
ラインを上げれず、得点はなかったけどかなり効いてた
夏場のあの時間のパトリックはオプションとして有効ということが分かった。

鹿島に攻め込まれサイドからのクロスは相変わらず危なっかしく
相手が外してくれて助かったってシーンがいくつもあったが凌ぎ
久しぶりの逆転勝利だった。

一時勝てない時期はコーナーを取って来ても決めれず
イライラしましたが、コーナーやセットプレーが今は大きな得点源になりつつある
しかしながらコーナーからの得点は水物、また入らなくなる可能性もある

今日の試合は、年に何度かある運の要素が大きい試合だったように思う
相手もだいぶ外してくれたし

浦和に勝つくせに名古屋に取りこぼすとか
鳥栖とかに取りこぼす癖に鹿島に勝つとか
この不安定さを払拭しなければ上位との勝ち点差は縮まらない
ここから勝ち点3を積み上げていって欲しいと思います。

現地で応援されていた皆様、お疲れ様でした。

※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ
プロフィール

たまえもん

Author:たまえもん


ゴール裏

「誠」とは、「言って成す」つまりは有言実行あるのみ!

応援はゴール裏で熱く

ブログでは、冷静に書きます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数:


現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。