FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ

2015シーズン 私的ベスト3

毎度ご来訪ありがとうございます。


昨年もやったので今年も私的ベストをお送りします。


★ベストゲーム

第3位
ACL準々決勝2ndleg ホーム全北現代戦

内容としては決して良くなかった。
2-1で守備固めでジョンヤを投入したにも関わらず
逃げきれなかった。作戦としては失敗だったが
最後まで諦めなかった。その姿勢を評価


第2位
ACL ラウンド16 1stleg アウェーFCソウル戦

前半、全く良いところがなかったけど
秋が入り一気に活性化した。
どのゴールもファインゴールやったし
最後の失点が余計だったけど
アウェーゴール3点は気持ち良かった。


第1位
天皇杯準決勝 サンフレッチェ広島戦

ブログにも書きましたがやっと2015年に
やりたかったサッカーができた試合
難しい試合だったけど取るべき人がきっちり取り
ディフェンスも踏ん張った。
こういう試合をもっと見たかった。



★ベストゴール


第3位
Jリーグ2ndステージ第17節 ホーム山形戦
3点目 長澤のゴール

正直、テクニックはあまり無いと思っていた長澤でしたが
このゴールで一気に印象が変わりました。
足元に入って来たボールを長身ながら
うまく前に飛んでそらす技術の高さに
「そんなんもできるんや」と驚きました。


第2位
ACL ラウンド16 アウェーFCソウル戦
1点目 宇佐美のゴール

このゴールは崩しも藤春のクロスも文句なし
崩しからフィニッシュまで一連の流れが非常に綺麗でした。


第1位
ACL ラウンド16 アウェーFCソウル戦
3点目 宇佐美のゴール
Jリーグ2nd ステージ第10節 アウェー鹿島戦
1点目 宇佐美のゴール

やはり、宇佐美の真骨頂ドリブルでのゴール
FCソウル戦は相手を引きつけながらフィニッシュ
アウェー鹿島戦は相手を寄せ付けずにフィニッシュと
同じドリブルでもタイプの違う形での得点
今期もこういったゴールを沢山見たいものです。


★ベストプレーヤー

※ヤットさんと東口は勝手に自分の中で殿堂入りしておりますw


第3位
井手口 陽介

今期の最初こそ、たどたどしかったけど
出る度に良くなっていったし、今や監督の
ファーストチョイスになるまでに成長した。
取られないボールの持ち方にヤットさんや宇佐美のような
ただ者ではない感が出てきました。
後はシュートをもっと磨いてほしい。
今期は必ずゴールせよ!


第2位
パトリック

GKと1対1が意外と弱かったり、大事なところで
ロストしたりと、足元は相変わらず弱いですが
何だかんだ言っても点取ってくれましたからね。
しかも足元弱い癖に結構難しいボールをゴールしたりと
本当につかみ所がないw
今年もフィジカルモンスター全開で
得点を量産してください。


第1位
倉田 秋

とにかく、攻守に走り回り
ガンバの潤滑油となってくれました。
大きな怪我も不調もなく
シーズン通して安定したパフォーマンスが
できた事が良かったと思います。
今年も怪我なくガンバってほしいですね


以上


※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ
スポンサーサイト

2015シーズンの感想(後編)

毎度ご来訪ありがとうございます。

前編からの続きです。


長丁場のリーグ戦
何とか年間勝ち点3位に滑り込んだけど
やっぱり宇佐美の不調と2列目起用が響いたと思う
バカ代表監督のおかげで無理に体脂肪を絞ろうしたのか
どんどんキレが無くなっていく宇佐美を見て悲しくなった。
その不調と2列目起用が重なり得点力も下がり
攻撃が機能しにくい状況が出来上がったと思う。

ディフェンスに関しては、2014シーズンはもっと細かく
ラインコントロールして、失点率の低さを保っていたように思う
2015シーズンも1stステージは失点率は低かったが
2ndステージになって失点が増えた。
失点が増えた原因はディフェンスラインが下がりすぎ
ディフェンスラインの前でやられる事が多かったように思う
あと、サイドからクロスを入れられた際のマークも酷かった。

ラインが下がりすぎる事によって早い攻撃につなぎ難く
宇佐美、パトリックに何とかしてもらおうにも
宇佐美は不調、パトリックは良いときは良いけど
悪い時は何もできない五分のクオリティでは安定感がない。

この攻守のバランス悪さが勝ち点を積み上げれなかった
原因と思われる。

過密日程の影響は無かったとは言えないが
それは分かってる事やし、いくらJリーグとかに言っても
聞く耳持ってないので、工夫してやりくりするしかない

ACLに関しても広州恒大とはチームとしての差があったものの
あと1歩のところまで行けてた。
誰かも言ってましたがホーム&アウェーでの
アウェーの戦い方をもっと考えないといけなかった。
あと宇佐美を限定してしか使えない状況が既に準備不足だった。


ナビスコカップは決勝が全て
タイトルを獲るという意気込みと準備の足りなかった結果が
あの駄試合に繋がった。
鹿島のハイプレスになす術なく無策っぷりが本当に悲しかった。
2度とあんな試合はしてほしくない。

天皇杯は、4試合しかなく特にリーグ終了して
少しリフレッシュできた事が、宇佐美やパトリックの
好調さに繋がった。
ブログにも書きましたが、やっと2列目宇佐美が機能したし
ディフェンス陣はスクランブルながらも
うまくやりくりしタイトルを獲れた事が良かった。

これが、もっとリーグ戦とかでできていれば
タイトルに近づけていたのかなとも思える。


2015年はユース組以外で即戦力として補強した
赤嶺、小椋も結果が出ず。
クラブハウスの引っ越しなど新スタ関連費用の捻出からか
大型補強もなく、昨シーズンからのチーム力のアップが求められた。

その中で宇佐美の2列目や秋のトップ下などで
変化をつけようとしたが、さほど変化はなく
天皇杯でやっと形が見えたとこで今シーズンは終了した。

2015年は、ほぼ完成されたチームからの各自のレベルアップで
変化を求めたがうまく変化できずに1冠に終わった。

今シーズン見て思ったのはやっぱり
年々進化し変化していくJリーグの中では
チームはマイナーチェンジをして変化をしていかないと
複数タイトルは取れない。

まあ、当たり前と言えば当たり前の事ですが
その当たり前ができなかった。
2014年パトリックの加入でガンバは爆発した。
1人の加入で戦術パトリックと呼ばれるまで大きな影響を与えた。
それぐらいの変化をもたらす部分的な補強は必須かと

あと1点が取れない攻撃陣にも変化をもたらせる補強
サイド攻撃に弱くドン引きのディフェンスラインを
立て直せる補強、もしくはDFコーチ

この辺りの補強に今シーズンは期待したいと思います。

※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ

2015シーズンの感想(前編)

毎度ご来訪ありがとうございます。

既にガンバは2016年シーズンスタートしてますが
昨シーズンの感想です。

書き出したら長くなったので前後編に分けます。


2014年シーズンは、3冠という最高の結果で終わりました。

しかしながら、これはいつも言ってる事ですが
年度が変わればそれは何のアドバンテージにもなりません。

各チーム補強など編成を行い、昨シーズンより良い結果を出そうと
練習しガンバ大阪を倒すべく策を練って挑んでくる訳です。
それを上回る事ができないと再びタイトルを獲る事は難しい

昨年、3冠取ったチームが久しぶりにACLに挑戦し
どれだけ通用するか


まずはリーグ戦

その時のブログにも書きましたが、実戦不足からの試合勘の無さ
チームの状態は2014年のベースから更に上積みを
していかないといけないのに2014年のベースまでも達してないとか
まさかのマイナスからのスタートw

F東戦は勝てる試合をドローに鳥栖戦はドローで終われた試合を負け
キャンプで何をやっていたのかと思うほど酷かった。

4月に入ってようやくガンバは開幕しましたね
4月は無敗でしたが、5月にレッズに負け
6月にホームでドローを2試合やって
1stステージ優勝を逃しました。

「年間で最多勝ち点取ったらええねん」を合言葉に
始まった2ndステージも、名古屋に2-0から逆転負け
ホームではドローの試合が続きお得意様の神戸に勝ったものの
アウェーでFC東京に負け、この頃には上記の言葉も
恥ずかしくて言えない状態になりました。

松本に勝ち点取りこぼし、川崎に打ち合いに負け
この頃には年間で最多勝ち点は無理な状況
終盤、広島には負けたけど何とか勝ち点を稼ぎ
他力本願でチャンピオンシップに進出

チャンピオンシップは、何とかレッズに勝ったものの
広島とは、ミスとアクシデントに対応できず
リーグ優勝を逃す。


次にACL

リーグ戦の時に書きましたが、マイナスからのスタートのあおりで
グループリーグ敗退濃厚からの運もあったが
チームが調子を上げ決勝トーナメント進出

準準々決勝の全北戦は、チーム力は負けてたけど粘り勝ち

準決勝の広州恒大には、先制しながらも逆転負け
ホームでは1点取ればの状況で温存した
宇佐美に託したが取れず敗退


ナビスコカップ

過密日程ではありましたが、決勝までは良く戦ったと思います
名古屋とのPK戦も運がありましたが勝ち切り
初タイトルを狙う新潟も退けました。
ですが、決勝が今季1,2を争う程の酷い試合でした。
鹿島の捨て身のハイプレッシャーに攻撃を封じられ
終始ペースを握られ、何とか守備陣が耐えていたけど
セットプレーで決壊、前がかりになった所を
カウンターで簡単に沈められた。

天皇杯

ACLのおかげで4回戦からの出場、川崎に勝てたのは大きかった。
準々決勝では、万博に助けられ何とか勝ち
準決勝は不調だった宇佐美の調子が戻った事もあり快勝
決勝はチーム力で乗り切った。


今年のガンバはのらりくらりとやって
追いつかれたり時間が無くなってから慌てて攻めだす印象
しかし、時すでに遅しでタイムアップ迎える
みたいな試合が多かったように思います。
変に余裕持ちすぎて自滅してたように思います

攻撃陣が点取れない時にディフェンスの踏ん張りが
足りずに大事な試合で失点。
ガンバってディフェンスが耐えてても攻撃陣が振るわず
あと1点が取れずにドローや負けといった
攻守が噛み合わない試合も多かった。


後編に続く

※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ

天皇杯 決勝 vs浦和レッズ(味スタ)

毎度ご来訪ありがとうございます。

アップが遅くてすいません。

とりあえず、サクッと元旦決勝の感想を

試合を分けたのは
ガンバには米倉の代わりがいた。
レッズには柏木の代わりはいなかった。
パトリックが好調だった。
この辺りかと

レッズとガンバがやると
とりあえずポゼッションからサイドを使って攻めようとするレッズに
それを受けスキを突いて攻めようとするガンバの図式になる

準決勝のように最初は積極的に行って、バー直撃の惜しいシーンを
演出しましたが結局上記の図式に戻った。

1点目、秋が咄嗟に蹴った裏へのパスが良かったですね。
パトリックのGKとの1対1は、正直8:2でGKに分があると思ってますが
その2が来ましたねw
あれ狙ってGKの肩口に蹴ったのなら相当レベルは高いですがw

1失点目、宇佐美の寄せない守備が残念でした。
梅埼がボール取った所を狙う訳でもなく、ちんたら寄せ
簡単に縦に行かせる守備には愕然としました。
アウェーのFC東京だったと思いますが、追わず戻らずで
失点したシーンを忘れたのでしょうか?


2点目、ニアがぽっかり空いてたので
あそこに誰か飛び込んでくるんだろうなとは思ってましたが
まさか一番奥にいたパトリックだとは思わなかったw
これもフリーではあったけど、落ちて来るボールを浮かさず蹴るのは
難しいボールだったと思いますがよく決めてくれました。

ここから、東口の出番が多くなるんだろうなと思ってましたがその通りに
宇佐美を下げ内田を入れ守り切るシフトに
最後、ジョンヤの空振りに肝を冷やしましたがなんとか勝ち切った。

スクランブルで右SBに入った今ちゃん、途中出場の井手口も
よく頑張りましたね、特に井手口はパフォーマンスが安定してきましたし
存在感が増しました。

レッズは柏木不在が響いたかな
嫌らしいとこを突いてくるパスがなかったし
サイド、真ん中などコントロールするパスがなかったですね。
本当に版を押したようにサイドから攻めようとするので
失点シーンのように簡単にサイドから上げさせなければ
そんなに怖くなかった。

ただ、ガンバもパトリックのクオリティだけでした。
崩して取った訳ではないので
レッズとの対戦でセットプレーやカウンターだけでなく
崩して点を取れるようなチーム作りが今後の課題のように思えました。

まあ、何はともあれタイトルを取れて良かった。
もう本当にそれだけです。

現地で応援されていた皆様
お疲れ様でした。

※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ

天皇杯 準決勝 vsサンフレッチェ広島(長居)

毎度ご来訪ありがとうございます。

あけましておめでとうございます。
今年も当ブログをよろしくお願いします。

もうちょっと時間が経っているので、サラっと感想を

長居のホーム側からの応援は違和感があったけど
まあ、応援するのはどのスタジアムに行っても一緒
入場を待ってる間、ホーム側は日陰だったので朝は余計に寒くかったけど
スタンドに入れば日が照り良い感じでした。

さて、早速試合ですが
今期59試合目にして、やっとガンバがやりたかったサッカーが
できたのではないでしょうか

序盤も非常に良い入り方でペースを握り早々に先制点を奪う
チャンピオンシップ明けの休みで鳥栖戦から好調を持続してた宇佐美が
キッチリ仕事をしてくれましたね。
どうも悪い時は、焦りと力みでシュートは浮かしがちだけど
コンディションの良いときは、力まずにしっかりコースを狙い入る

点取ったら受け身になる所は相変わらずでしたが
それほど危ないシーンもなかったように思います。

後半、お互いペースは変わらず。後半20分ぐらい経った所で
このまま終われそうではありましたが
何が起こるか分からないのもサッカー
追加点が欲しいと思っていたら・・・

2点目は70%秋の得点でしょうw
藤春が地味ですが早めのアプローチでいっかりディフェンスしたから
相手のミスがあったと思うし、秋がそのミスを逃さず
ドリブルでアタッキングサードまで運んだ。
鳥栖戦に続いて、やっぱり攻撃スイッチを入れたのも秋
その後しっかり走りこんでいた、長沢も良かった
秋のパスはズレたけど足伸ばしたから宇佐美の元へ行ったし

2点目取った後でしたが、全体的に守備の意識の高さが良く
広島が攻めあぐねてましたね。

もう、こうなればしっかり守り攻撃に出て来て前がかりになった所を
逆にカウンターで沈めれれば完璧と思っていたら

3点目、長沢はでかいけど足もはやいんですねw
起点はまたもや秋、長沢もよく粘り
最後は落ち着いて決めました。

形はどうであれ、途中出場でもしっかり結果を残せる。
来シーズンが楽しみになりました。


チャンピオンシップの1stlegもこんな試合運びができてたと思うのですよ
アクシデントさえなければ
広島は、リーグ優勝とCWC3位で満足しちゃったのか
もう一つガンバほどのタイトル奪取欲が伺えなかった。
過密日程をいい訳にしてましたが、ガンバ公式に書いてた事がすべて
「非常に過密なスケジュールで今シーズン戦ってきたガンバ大阪は
この試合が59試合目。一方、今日対戦する広島は51試合目と8試合も違うが
ガンバは天皇杯連覇に向けて、高いモチベーションでこの試合に臨む。」

全体的な守備の意識も高く、粘り強く守り
攻撃の精度の高さで点を取り切る
宇佐美が2列目で機能し取る人が点を取り
先制、中押し、ダメ押しと点取れた。

冒頭にも書きましたが、昨年から積み上げてきたサッカーに
今年のエッセンスが上積みされた試合がやっと体現できたと思います。

現地で応援されてた皆様、お疲れ様でした。

※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ
プロフィール

たまえもん

Author:たまえもん


ゴール裏

「誠」とは、「言って成す」つまりは有言実行あるのみ!

応援はゴール裏で熱く

ブログでは、冷静に書きます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数:


現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。