スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ

天皇杯 準々決勝 vsサガン鳥栖(万博)

毎度ご来訪ありがとうございます。


正真正銘、万博最後の試合。

美味G横丁はないと思ってましたが
限られた店舗だけでオープン
来期、新スタに入る店の物もありましたが列が長すぎた為
いつものクンテープのタイ風焼きそばとチキンを堪能しました。



さて、早速試合について
色々な所でも言われてますが
「万博」が助けてくれた試合だったと思います。

前半のデキは全く問題なかったです。
やはりチャンピオンシップから空いたので
感覚が鈍っている感はありましたが
やりたい事がはっきりしてる分
ガンバのほうがやや優勢でした。
DF陣が怪我などでスクランブルの中でも安定してましたし
豊田不在の鳥栖はどう攻めたいのかも分かりませんでした。

1点目、もう解説不要
トラップからシュートの流れは見たままの素晴らしい物でした。
思えば、宇佐美のプロ初ゴールも秋のアシストでしたね
ACLのあのゴールも万博の忘れられない思い出です。

後半、ガンバはラインを低く設定し受けに回ります。
まあ、リードしてるので焦る必要はないですが
1点では心もとないと思いつつ鳥栖のサイドからの
揺さぶりにどこまで耐えれるかと思っていたら

1失点目、東口の悪いクセ
頭が既にマイナスボールを予測してしまっているので
ニアの反応が遅れたように思いました。
まあ、やってしまった物は仕方ない

時間はたっぷりあるので、切り替えて
ラインを上げ次の1点を取りに行ってほしいのだが
一向にスイッチが入らない。
パトリックと長沢が交代しても何も起こらず時間だけが過ぎて行く
この試合で一番残念だったところです。

このまま動かなければ延長戦でしょ?
中2日で次があるのに90分で決めに行くべく
動きがない事に苛立ちを感じてました。

相変わらず、サイドから揺さぶられ
何もできず、危険なシーンを作られてましたが
ゴールネットが外れブレイクタイムができた。

鳥栖にしたら、チャンスを作り続けていた所で水を差された形
ここでやっとガンバも動きと言うか
宇佐美と秋に監督からの直接の指示があった。

ゴールネットを直している時間はもちろん
ロスタイムになるであろうが、試合時間が短くなり
ようやくガンバにスイッチが入った。

2点目、右サイドで細かいチャンスを伺っている所で
秋がスイッチを入れた。右サイドに相手が寄っている分
中が薄くなった所を秋が内にカットイン
この時既に、宇佐美は長沢のポストを予測して
真ん中にポジションを取りに行った。
ここが一番良かった。

3点目、ラッキーですけどね。
相手がGKにバックパスしたけど短く、うまく長沢が拾いました。
ただ、長沢自身が降りてきてパスカットし
秋、宇佐美に預けている間にしっかり前のスペースに
走りこむという献身的な動きをしているから
そんなラッキーが舞い込むのだと思います。


数字だけ見れば快勝ですが、内容はそれほどでもありませんでした
ゴールネットが外れた、あのブレイクがなければ
ガンバはずっと押し込まれて決壊していたかもしれない。
あのブレイクは本当に「万博」がもたらしてくれたように
思えてならない。

あんなブレイクが無くとも
自分たちで押し返しスイッチを入れ取りに行く姿勢が
なかった事だけが残念でした。


まあ、何はともあれ、最後の万博の試合を
勝利で飾れてホッとしました。


現地で応援されていた皆様
寒い中お疲れ様でした。

※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Jリーグチャンピオンシップ決勝 2ndleg vsサンフレッチェ広島(アウェー )

毎度ご来訪ありがとうございます。

久しぶりの広島遠征


朝8時半にJR茨木出発、下道で宝塚まで行って高速に乗り
順調に走り13時半頃、現地到着

15時半頃開門するも4時間何して持て余すw

とりあえずアウェーゴール裏近くにあったパリオコなる物を食す





揚げた麺に広島風お好み焼きの具が挟まっています
味はそういう味ですw

する事ないので、外のフードコートをぶらついて過ごす
万博でも見かけたヤットさんの物まねの人とか
野呂社長とかヤットさんのお父さんとか見かけました。

分かってたけど、広島は寒かった。



さて、試合ですが・・・
この文言は書きたくなかったのだが・・・
1stlegの結果が尾を引いてしまった。


内容としては、スコアが表す通り互角だった。
ただ、広島には1stlegのアドバンテージがあるし
その分広島には余裕があった。
広島が勝たないといけないという状況であれば
もう少し攻撃的に来たりして、どうなったかは分からないけど

ガンバは先制点と言うアドバンテージがありながら
それを活かす事ができなかった・・・
勝負弱さからの脱却はまたしても果たせず・・・

ハーフタイムで応援仲間が「次の1点取ったほうが勝ちやな」と
言ってましたがその通りになってしまった。

こちらが、もう1点取りに行かないといけない状況で
フィニッシュまで行かず、相手のカウンターを受ける流れ
その流れの中でどちらかかゴールを割るかの
我慢比べに負けてしまった。
失点の仕方は本当にお粗末でしたが・・・


もう、試合の流れとか詳細は書きません


最後のパワープレーが物悲しかった。
1週間で3試合、運動量が落ちセカンドボールが拾えない状態でも
パワープレーせざるえない状況が全てを物語っていた。

パトリックへのロングボール一辺倒なら相手も守りやすいわな
たまにパトリックに入れるふりしてサイドにつないでから
クロス上げてみるとか、ショートパスに切り替えるとか
変化つけ、工夫しないとマークもずれないしパワープレーも活きない。
まあ、そんな余裕もないと言うことですね

広島は2ndステージを優勝し年間最多勝ち点を
叩き出した強さは認めるけど、このチャンピオンシップに限っては
それほどのガンバとの差は感じなかった。
それだけに、何とかできたという思いからは
悔しさがこみあげて来る


自身、2ステージ制は反対です。
年間順位3位のガンバがボーナスステージの
CSを優勝することで最大の皮肉を
Jリーグに突き付ける事ができなかった事も
非常に残念でした。

もうリーグは終わったので一区切り

皆様、お疲れ様でした。

※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ

Jリーグチャンピオンシップ決勝 1stleg vsサンフレッチェ広島(ホーム )

毎度ご来訪ありがとうございます。


環境が変わり、平日の夜の試合も見に行けるのは
本当にありがたい事です。


さて、早速試合ですが
勝てる試合だったはず・・・何でこうなった?
って感じですね、自分なりに見解を書いていきます。


気になるのは、前の試合120分戦った疲労でしたが
それを感じさせることなく動けてましたし
前半は得点こそなかったものの内容は良かったと思いました。

中盤でのポゼッション争いではガンバが優位だったのは
長沢の献身的なプレスが効いてたから
そして広島は、リーグ終了から間が開きすぎて
試合勘が鈍っている感じがしました。

1点目はその献身的な長沢へのご褒美と
広島の試合勘不足から来る連携ミスのように思えました。

正直、この時点で勝ったと思ってました。
広島にはほとんど決定機を作らせてませんでしたし
セットプレーさえ気を付けていれば乗り切れると思ってました。

しかしながら、流れが大きく変わりました。
その原因は一つのミスから・・・

1失点目、GKの鉄則に「出たらさわれ」と言うのがあります。
リスクを冒してゴールマウスを空ける以上
絶対に処理をしないといけないというものですが
東口の判断ミスで処理できなかった。
あそこは出なくても良かったと思います。
むしろゴールマウス上の極限の状態のほうが
東口は強いのでは?
正直、ジェソクの退場よりもこっちが痛かった。
広島に勢いとアウェーゴールをもたらしたから。

2点目、準決勝に続いての今ちゃんの得点
以外とシュートセンスありますね

流石に逆転されたしペースアップする広島に
疲労を隠しきれないガンバ
そこで思いがけない出来事が起こる。

清水にイエロー出すならジェソクもイエローでも
いいんじゃない?とも思いますが
レッド出されても仕方ないと思います

ジェソクが冷静さを欠いて突き飛ばした事については
猛省すべき事やとは思いますが
ピッチ上の事はピッチにいる人にしかわからない。

サポーターとしてしかジェソクを知りませんが
今まで試合中激高した所も見た事ないし
ラフプレーで1発退場したこともなく
腰が低く、ファンサなども丁寧にして
礼儀正しいのに、あれだけ激高するんだから
火のない所に煙は立たぬでよほどの事があったと推測します。

ただ、この退場もそんなに悲観はしてなかった。
残り3分+ロスタイムぐらい、10人でも守り切れるはず
宇佐美を下げ、米倉右サイドバックの布陣も
いつもやってるし、攻撃を捨て守備に専念すれば・・・
そう思ってましたが、この退場が想像以上に
ガンバに混乱と動揺をもたらす事になっていた。

2失点目、気の緩みと言うか甘さと言うか
直接放り込んでくる準備しかしてないのに
真ん中の青山に渡され守備陣混乱
「誰が青山に行く?」「どうする?」と
動揺する守備陣をあざ笑うように長身西野の上を越え
クロスにドンピシャで合わされてしまう・・・

3失点目、急いでスローインをパトリック渡そうとする
今ちゃんがチームに広がる動揺を物語ってる
冷静さを失ってたし、前でキープするのかドン引きで耐えるのか
そう言った意思統一も図れてないのが丸わかり。
突然の劣勢に守備陣の切り替えもうまくいかず
簡単に崩されてTHE END

ミスとアクシデントによる動揺により
手痛い結果となってしまった。

昨年の3冠とか土壇場で盛り返した今年のACLを戦い
色々と経験してきて、チームとしてのメンタリティは
ちょっとは強くなったと思ってたけど、まだまだですね。

こういう時には、ヤットさんなり丹羽の経験のある選手が
落ち着かせてほしいもの。ヤットさんの図太さとか
丹羽のポジティブシンキングが働かないのがもどかしい。

サッカーの神様に「残り10分弱を10人でしっかり守ろうと
意思統一もできないメンタルの弱いチームに
簡単に年間優勝はさせない」と言われてるようでした。


全然、広島に力負けしたとは思ってないんですよ
むしろ、レッズのほうが強かったと思うぐらい。
ミスとメンタリティの弱さをうまく広島に付け込まれ
やられた印象しかない。
東口のミスも退場劇も、そう何度も起こるものではないですし

次の試合は、条件付きで勝たないといけないという
最もチーム力とメンタリティが試される試合。
CWCで世界と戦う為の強いメンタリティを持っているか試されてる訳ですよ。
でも、2点差で勝利とかやってやれない事はないと思ってます。

ACLで広州恒大相手にあと1点が取れなかったり
自力年間3位を逃す敗戦を喫したリーグのホーム広島戦のような
勝負弱さからの脱却、チームとしてのメンタルの強さが
非常に求められる試合。
1週間で3試合とハードな日程だがそんな事は言ってられない
また、退場したジェソクの為にも
負けたままで終わらせる訳にはいかんのですよ。

明日も広島に乗り込んで、精一杯後押しします。

絶対勝ちましょう!

※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ
プロフィール

たまえもん

Author:たまえもん


ゴール裏

「誠」とは、「言って成す」つまりは有言実行あるのみ!

応援はゴール裏で熱く

ブログでは、冷静に書きます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数:


現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。