スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ

vs サガン鳥栖(ホーム)

毎度ご来訪ありがとうございます。



仕事の為、万博には行けずスカパーオンデマンドで見ました。


またもや、勝ち試合をドローにしちゃった印象ですね
ターンオーバーで、今ちゃん、岩下がベンチでしたが
いい意味でも悪い意味でも、ガンバクオリティは変わらなかった。

得点は、秋の突破がペナの中で引っかけられてのPK
秋の調子が良いですね、運動量も多いし
ボランチに下がってからも一人奮闘して
ゲームメイクしてましたね。

前半、宇佐美がまたペナで引っかけられましたがPKなし
流石に前半に2回のPKは審判が自重したような感じに思えた。
宇佐美の足狩ってるんでPKでしょ

失点は、完全にスローインからの集中力切れ
FKを凌いで、気を抜きすぎ
もう、誰が悪いとかではなく全員が悪い
スローインなのに、ボールを見てる人がほとんどいない
ロングスローを警戒していたのかもしれないけど
マーク付かない、寄せないとかありえないでしょ
ちょっと酷すぎませんか?

勝ち越してたら追いつかれる
横浜戦の時に、ロスタイムでなく
取りに行く時間はたっぷりあるにも関わらず
後一点が取れない
秋の奮闘で横浜戦よりは内容は良かったと思うけど
結果が伴わないですね、攻守のバランスが本当に悪い
攻撃に関しての集中力とクオリティの高さが
一向に戻って来ませんね。
過密日程は言い訳にはならない

攻撃は水物とは言うけど
宇佐美、パトリックの当たり待ちでは・・・

試合後、丹羽が言ってたように、あとちょっとなんですよね
そのあとちょっとを監督含め全員で全力で何とかしようとしないから
勝ちが付いて来ないような気がします。

もう、今は、内容より結果の状態まで来てる
アウェーとか芝が悪いとか関係なく
神戸には勝ち切ってほしいものです。

雨の中、応援されていた皆様、お疲れ様でした。

※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ
スポンサーサイト

vs 横浜Fマリノス(ホーム)

毎度ご来訪ありがとうございます。



昼間はまだ、太陽が雲に隠れててそんなに暑くはなかったのですが
入場するぐらいに日が照ってきて一気に暑くなった。

チャーシュー丼の売ってる店のかき氷

ボリュームがありました。


タコスの店で売ってた、名前は忘れたw
あと、無料でフェイスシールを配ってました。



さて、試合ですが
リードしてる試合のクロージングの仕方を
選手も監督も完全に忘れてしまってますね


1点目、宇佐美の動き出しとヤットさんのパスの
レベルが高すぎます。しかも、宇佐美はバウンドした
難しいボールだったのに、いとも簡単に早いクロス蹴り
ドンピシャでパトリックに合わせてしまうのですから
3人のクオリティの高さが詰まった得点でした。

相手がまでゲームに入れてない時間に
先制できたのは良かったですが
相変わらず、早いマリノスのプレスに
ガンバは手こずりましたね。
相手の攻撃は、良く防いでました。
特に、丹羽とアデミウソンのマッチアップは見てて
面白かったけど


後半、ジェソクに代えて米倉投入
久しぶりのジェソクはやはり試合勘が掴めてない感じがしました。
それでも0に抑えているのだから引っ張てもとは思いましたが
まあ、先手を打つという意味では交代は良かった。

シュートも相手よりは打ってましたが
どうしても、精度を欠いてるし
攻撃のクオリティは、上がってこないですね
例えば、後半、米倉が右サイド駆け上がってシュートしましたが
シュートはグダグダ、中に2人もいたのに目もくれず
せっかくのチャンスを雑さで潰してました。

2点目、秋の得点でいいんじゃないですかねw
前節の晃太郎と同じく積極的に打って行った結果
宇佐美に当たらなければどうなっていたかは分からないけど
やっぱり打たないと何も起こらない。

ここで、パトリック下げて長澤を投入
後の監督のコメントで「中2日でゲームがなければ
パトリックも替えるようなコンディションでなかったと思いますので
2点目が入って、少しパトリックも休ませたいという
思いもありましたし、そのへんが微妙に結果にもしかしたら
気にしてしまったのかもしれないので
そういう意味では、選手の責任では今日は全くなかったと
いうふうに思いますし、選手は本当に最後まで走って
戦ってくれたと思います。」と自身の采配のまずさを認めてます。

確かに、長沢を投入してから、ほとんどガンバは攻めれなくなり
防戦一方で厳しい戦いになった訳ですが、パトリックの代わりに
宇佐美がキープするとか、やりようはあったように思います。
自分はそこよりも、次の試合を考えてしまっている
監督の采配にガッカリしました。結果、勝ち点2落として
順位の近い相手に勝ち点1与えてる訳ですからね。

1失点目、それまでほぼアデミウソンを抑えていた丹羽でしたが
1回抑えられなかったのが失点につながってしまった。
アデミウソンに付いて行ったヤットさんも軽かったですねw
あれは疲れてたからなのか、元々?

2失点目、FKはしゃーないです。
外せば負け、入れれば勝ち点が手に入るって状況の中
一番長身の長沢をギリギリ超えてあのスピードで
あのコースに蹴れるとか、只々凄いの一言
しかしながら、止めれる止めれないは別として
東口は、蹴った瞬間が見えてたのかな?と
長沢越えてから見えてたような反応だったのが
気になりました。見えてないなら甘いコースでも
防げない可能性があるから

問題はその前のファールですよね
確かに佐藤主審の判定は微妙ですよ
ヤットさんが足裏見せながらチェックには行きましたが
その足裏は、ファビオには当たってないから
ブラジル人らしいマリーシアなリアクションで
ファウルを取ったように思えます。
ただ、ヤットさんも普段ああいった取り方しないのに
足を出してしまうのはやはり疲れからと思われる。

失点シーンにヤットさんが2回も絡んでる
たらればは禁物やけど、やはりパトリックは置いておいて
ヤットさんを引っ込める采配があってもよかった。

そして、この試合で一番残念だったこと
冒頭の「クロージングの仕方を忘れてしまった」にもつながるのですが
俊輔のFKの前、ロスタイムに入ってから
一旦マイボールになってるんですね。
そのマイボールを藤春が前に蹴り阿部が落としたボールに
秋が突っ込みハンドを取られてしまって
マリノスボールになってからFKに繋がった。
無理して前線に蹴ってしまわずに回して
時間稼げなかったのかなと、逆サイドの宇佐美はフリーやったし
コーナーポスト付近まで運んで、押しくら饅頭やるとかね
去年も時間稼ぎでやってたと思うのだが・・・

攻めるのか、キープして時間を稼ぐとか
監督からの指示もないようだったし
「ひたすら守れ、耐えろ」だけではそりゃ苦しいでしょ
そういった所の意思統一も今のガンバには欠けてると思う

2ndステージ初戦の甲府戦で審判に救われ
勝ち点3取った帳尻合わせのような試合のように思えた。
結局、今のガンバの実力は、3試合で勝ち点4しか取れない
このままでは、年間勝ち点1位どころか
チャンピオンシップ進出も危うい
その事をどれほど意識しているのか?

FWの得点とか2列目の質とか得点とか
攻撃の事ばかり最近は言ってましたが
3試合で6失点の現実としっかり向き合って
もう一度原点に戻り、守備の再構築から始める事と
昨年のようなチーム全体の意思統一が
必要と思えた試合でした。

皆様お疲れ様でした。

※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ

vs 名古屋グランパス(アウェー)

毎度ご来訪ありがとうございます。



前半だけオンデマンドでリアルタイムで見て
後半見れず、結果だけ後で知りました。

前半見終わった時には
「まあ、2-1か3-1ぐらいで勝つやろ」と
思ってましたが、結果見て愕然としました。
リアルタイムで見てなくて良かったかもしれません
たぶんリアルタイムで見てたら
胸クソ悪くて寝れなかったかもしれないからw

さて、試合のほうですが
前半は良かったですね、前半だけなら今シーズンベストでした。

1点目、晃太郎が前半早々にやってくれました。
見た瞬間「それよ、それ!」って
電車の中で声を上げてしまったほどw
ペナの中じゃないとシュート打ったらあかんとか
パトリックに当てないといけないとか
そんなルールないんですよ。
綺麗に崩さなくても、前が開けばペナの外からでも
シュートを打てばいいんですよ
やっと出た2列目からの得点は気持ち良かった。

前半、守備に関しては、そんなに危険なシーンはなかったけど
ギリギリの所で止まっていた印象
そこ通ればやられるってシーンがいくつかあったけど
岩下、丹羽でなんとか凌いでましたね

2点目、パトリックのガンバりと闘莉王のミスが重なった。
パトリックのゴリゴリフィジカルドリブルが良かったですね
闘莉王にチェックされても、負ける事なくパスを出したし
その後、闘莉王のミス、パトリックに付かずに
後ろに任せてしまった事でパトリックはフリーに
距離は短かったですが、藤春のドンピシャクロスも文句なし
あそこまで完璧クロスなら、さすがにきっちり決めますね

その後も、ギリギリの守備が続きましたが何とか
失点なく終わり良かった。

この流れやと1失点はあるかもしれんけど
持ち前の守備力とカウンターで沈められると思ってましたが・・・


後半、5分、一番集中力がいる所で集中できてませんでしたね
1失点目、この失点で悪かったとこを上げればきりがないですが
一番ダメだと思ったのは、永井のチョコンヘッドを
丹羽もチョコンヘッドで永井に渡してしまった所ですね。
胸トラップしてでもダイレクトでも大きくクリアできたと思います。
で、一人一人の寄せの遅さ、なんで丹羽は永井に付かず
一人で後ろに下がってしまってるんでしょうね
前節から丹羽のミスが目立ちます。

2失点目、岩下のマークミス
マークすべき闘莉王に振り切られフリーになったので
手を使って引っ張った。結構際どいボールがきてましたからね
引っ張ってなかったら、合わせられてたかも知れない。
マークすべき相手への対応が遅いから、そうせざる得なくなる

前半、岩下がファールして審判に詰め寄ってるシーンがあったが
あれも明らかなファール、対応が遅れてボールでなく人に
行ってしまったから


3失点目、藤春のパスミスと阿部のトラップミスから
藤春は普段、セーフティなとこしかパス出さないのに
何であの場面は真ん中に出したのか?
阿部もパスはズレてたけど、処理するのに
そんなに難しいボールではなかったように思う。
ただ、このシーンで一番悪いのは、取られた後の
ガンバDF陣の切り替えの遅さ


ちょっと前節からDF陣、気を抜きすぎているんじゃないですかね?
1点目と3点目は、個のミスもあるけど
全体でカバーできる時間はあったのにできなかった。
そして、3点とも共通しているのは、集中力の欠如
全ての対応が後手に回ってる。

攻撃陣も後半に追加点が取れてない。
残念ながら、この試合で宇佐美は消えてましたね。
たまに降りてきてボール触るも、前線での存在感はなかった。

で、後半早々に宇佐美を引っ込める訳ですが
点も取れず、失点重ねてると言うことは
采配をミスってますよね、監督
FWが守備をしないから懲罰交代は違和感がある
点が取れないから交代ならわかるけど
FWの一番のチームの貢献は、点取る事ではないですかね?
もうちょっと、宇佐美を引っ張っても良かったと思う

で、宇佐美も宇佐美で交代命じられて、不貞腐れて
「ここからだったのに」って、そこまでで結果残してないからやろ?
そこまでで、点取って動きが良ければ、多少守備が悪くとも
目をつぶるでしょ?
前半、フリーで右からのシュートを吹かしてたけど
あんなもんを枠に入れれないようでは・・・

何か1stステージ失点率一番低いチームってのが
変な余裕と言うか、ちょっとした驕りになってる気がする
そこが気の緩みとなり集中力欠如に繋がった
そんな気がしてならない。

DFがガンバって守ってるのに、点取れなくて
勝ち点取れなかった試合があり、攻撃陣がガンバって2点取っても
DF陣のミスで守り切れない。一体、どうしたら勝ち点を取れるのか?

もう、本当に「年間勝ち点1位になってたらいい」は封印しましょ

この試合で悪かった所は誰でも分かると思うので修正して
この試合があったから、ガンバは立ち直れたと言えるように
しっかり準備して、目の前の試合を
全力で勝ち点3を取りにいって下さい。

現地で応援されていた皆様、お疲れ様でした。


※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ

vs ヴァンフォーレ甲府(ホーム)

毎度ご来訪ありがとうございます。

蒸し暑かった万博、かき氷の季節がやってまいりました。


ファン感の時に売ってた、シジクレイプロデュースの
シュラスコバーガーも食べました。

味は間違いないです。
もっと安ければ言うことないんだけど・・・


さて、あまり内容のない試合だったのでサラッと・・・

2ndステージ開幕と言っても2週間空いただけなんで
チーム状態は1stの時と変わらないだろうとは思ってました。
期待してたのは、休みがありリフレッシュした状態での
パフォーマンスの向上でしたが、パフォーマンスは
悪かったように思います。

終盤になって疲れて動きが悪いとかは、流石になかったですが
逆に、試合の間が空いたことによるコンビネーションの悪さが
目立ちました。

かなりの精度を誇るヤットさんのパスが悉く合ってなかったし
ズレてて、相手にパスすることもしばしば・・・
途中、ポジションがトップ下になった時には
楽しそうにやってましたが、その効果は言われると微妙
米倉に至っては、チーム全体とズレていたように思います。

失点シーンは、まず今ちゃんは米倉に任せたが
その米倉が捕まえきれず、そして、丹羽の対応が最悪でした。
そのまま内に切れ込むと思ったのか、相手に背を向ける始末
あんなもん縦に行ってくださいって言ってるような物
現場では一瞬の出来事であまり分かりませんでしたが
VTR見て唖然としました。

こうなると、相手はあまり前に出て来なくなりますからね
後ろでは良くパスは回りますが、前線の動きが乏しく
縦パスが入らない、入っても合わなくてイライラが募る

1点目、藤春のクロスは良かったと思います
上から落ちて来るようなボールで相手DFは落下地点に入りにくいし
あそこでよくパトリックはフリーになりましたね
ただ、フリーなのにヘッドは正面でした。
普通なら弾かれてます。河田のミスですね。
あそこはパンチング(グー)で弾き出すべき
判断を誤ってくれたことがラッキーでした。

後半、ガンバはもう1点取りに行く気があるのか?
あるにしては、とにかくラインが深い
もう、既にパトリック、宇佐美何とかしてくれ状態

宇佐美は、ドリブルを引っかけてばかりでキレがなく
パトリックは相変わらずの足元の悪さ

2点目、PKの判定はラッキーでした。
審判の判定は、おそらくパトリックが先にボールを触っていて
その後のパトリックのプレーを妨害したからでしょうが
審判によっては、パトリックの足を上げた行為に対して
ファウル取る人もいると思います。
自分が審判なら、河田のファウルは取らず、河田の回復を待って
ゴールキックから始めると思います。
誤審ではないと思いますが、自分が甲府側なら納得いかない
判定だと思います。


ホームなので、何が何でも勝つという意味では良かったと思います。
しかしながら、ブレイクタイムがあった事により
1stステージで積み上げてきたコンビネーションや守備に関して
崩れてしまっていたように思いました。
全体的にずっとふわっとしていて、練習試合をやってるような感覚を覚えました。
2週間何をやっていたのか?

年に何度かある内容は無いけど運だけで勝った試合でした。
この試合はそれで良いけど、こんなラッキーは続かない

こんな試合で満足していたら年間勝ち点1位にはなれない
この試合をやった事による上積みはあると思うので
次の名古屋戦はそれなり内容と結果が伴った試合を期待します。

皆様、お疲れ様でした。

※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ

vs モンテディオ山形(アウェー)

毎度ご来訪ありがとうございます。


山形遠征、ましてや東北上陸が初めての経験

夜中2時に多賀SA集合、出発
北陸道をひたすら新潟に向けて走る
ビッグスワンを横目に磐越道へ
このころには既に夜が明けていた。


福島県に入り高速を降り、北上、着いたのは喜多方
朝ごはんは喜多方ラーメン、有名店あべ食堂へ


店に入ると既にほぼ満員
喜多方では朝ラーメンは普通で
あべ食堂や他の店も朝7時ぐらいから開いてるらしい


中華そば
シンプルな醤油ラーメン、麺は独特のちぢれ麺
醤油辛くなく、やさしく素朴な感じが良かったです。

そして、更に北上し山形入り
今の山形の旬はさくらんぼ
あちこちのさくらんぼ狩りの看板を見ながら
NDスタ到着


うちのチームの山形在住メンバーからのさくらんぼの差し入れ

さくらんぼ食べ放題w

山形と言えば、やはり炎のカレーパン

以前より具が減った?

入場、正田醤油スタジアム群馬に似てる?


来場プレゼントもさくらんぼ


入場後、急に雨が強く振って来て
動けなくなり、楽しみのスタグルは断念・・・
山形牛食べたかった・・・


さて、試合ですが
降格圏のチームに苦戦してるようでは上は目指せない
正直、現在のチーム状況を見ると苦戦もありうると思ってましたが
宇佐美のケチャップドバドバで1stステージ最終戦を
勝利で終えた事は良かったと思います。


序盤は、雨の影響で水の浮いた箇所があるピッチに苦戦しましたね
試合中は小雨でしたが、その前のチーム練習ぐらいまでは
本当に土砂降りでした。
山形はホームの利でピッチ状態を知ってか積極的に前に出て来て
凌ぐのがやっとの状態。そりゃ、セーフティファーストやけど
あれだけ、CKとかに逃げて相手にチャンスを与え続けるのもどうかと
もうちょっと押し込まれた時のルーズボールの処理とか
前のポジショニングとか考えないと
あの時間に失点したら、今の状況ではかなり厳しい試合になったと思う

逆に言うと、あそこが凌げたからガンバペースに持って行けたし
序盤以降は山形の攻撃はあまり怖くなかった。

序盤に主導権を取られつつも慌てずゆっくり自分たちのペースに
持って行った所は、余裕なのかそうしかできなかったのか・・・?

前半終了するころには、ガンバが主導権を握っており
後は得点の状態で前半が終わった。

後半もペースを握ったままの良い入り方
その流れで試合が動きました。

1点目、秋のお膳立てがすべてですね
3人釣ってくれましたから
3人釣って空いた僅かなスペースしかなかったけど
ワントラップでCBの寄せかわしてシュート
トラップしてからシュートまで早くて
相手は何もできなかったですね
山岸もあのタイミングは予想してなかったから
股ぬけたのかも

山形は前へ前へ出てきましたね
こうなると、ガンバのカウンターが活きて来ると
思ってましたが、カウンターではなかった。


2点目、東口のゴールキックから
パトリックが落としたボールを今ちゃんが拾い阿部へ
この時、相手の守備の数は多いけど、人に付いてなかったんですよね
阿部がその人の間を縫ってパトリックにパス
パトリックの珍しいヒールパスがうまく宇佐美の前に流れた
股抜きで一人かわし、GKと1対1
たぶん、GKもかわしにかかると思ったが
あそこでニアに打ってくるとは思ってなかったw
ニアはたぶんボール1個分ぐらいしかコースがなかったように思うけど
インに引っかけて巻いた分ポストに当たって内に入りました。


3点目、起点は宇佐美のドリブルから
右サイド、駆け上がり縦に抜ける米倉へ
宇佐美に対して折り返しがいいコースに入ってきたけど
パトリックが間に入ってトラップし宇佐美がちょっと怒ってたけどw
ヒールで流し、これまた良いタイミングで入ってきた秋がシュート
こぼれた所を宇佐美が詰めた

この試合、秋が良かったですね
柏戦、トップ下の位置あたりで何もできませんでしたが
この試合は積極的で体も切れてたし
攻撃、守備に非常に効いてました。
柏戦の時に、SHの質の話をしましたが
この日の秋は守備をしながら質の高い仕事ができていたと思います。

ハイピッチで入る得点に間隔の短いスパンでの「もっといったれ」
非常にゴール裏は盛り上がりましたw

宇佐美のスルーパスからパトリックが抜け出しGKと1対1かわし
外したシーン、ゴール裏から見てたら角度が無かったら仕方ないかとも
思いましたが、VTR見たらほんまに流し込むだけやんw
あれは決めないとw

ここから、ドン引き戦術パトリックにシフトしたが失点
米倉が着きながら簡単に真ん中に入れさせた事と
岩下がディエゴを見てなかった。完全に集中力欠いてましたね

決してラインを押し上げて裏狙われた訳でもなく、引いてて
人数も揃ってるのにこうやって簡単に失点するのはいただけない。

終盤、ホームの意地、降格圏とあって山形も攻勢をかけてきましたが
守り切りました。


宇佐美のハットトリックは、今後に繋がればいいと思いますし
良かったですが、失礼ですが相手が山形ゆえに取れたような気がする
もっと上位チームから得点取ってこそエースストライカー

パトリックが1対1下手なのは知ってますが、GKかわしても
決めれないのは、焦りとかメンタル的な問題のような気がする

勝ってホッとした部分もありますが、相手は降格圏のチーム
勝って当たり前の部分もあり、これですべてが解決したわけではない

宇佐美、パトリック以外からの得点、戦術パトリックからの脱却
2列目の質の向上、過密日程を乗り切るベンチの質の向上など
リーグ優勝、ACLを勝ち取る為の課題は山積みでございます。

1stステージ優勝が重要ではないけど、リーグ戦取る為に有利な勝ち点があるとも言えない
戦術等はすぐに変えれませんが意識は変えれます。
全ての質を上げる為、意識して2ndに向けて準備してほしいものです。


試合が終わってから、地元山形メンバーが抑えてくれたお店で祝勝会



芋煮も食べれて大満足
その後すぐに帰路へ

翌朝10時頃に大阪に到着しました。

初めての山形は非常に充実したものになりました。
皆様、お疲れ様でした。

※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ

vs 柏レイソル(アウェー)

毎度ご来訪ありがとうございます。


平日は多忙で、先週末は山形弾丸ツアーなど
暇がなかったのですが、やっとゆっくり試合が見れました。
本当にブレイクタイムがあって良かった。



さて、アウェーのレイソルはまたもや平日開催
去年もそうだったと思いますが、平日にやると言うことは
日程が詰まっていると言うこと。日程が詰まっていると言うことは
互いのチームの疲労感が出る訳で
そうなると1点差のショッパイ塩試合になることが多い
今回もそうなりました。


入りは非常に良かったですね。
下がり目の宇佐美を使ってスピーディな展開に
レイソルは完全に面食らってましたし
あの流れの中で取りたかった。
ファーストシュートは、パトリックのヘッド
あそこで取ってたらまた流れは変わったのですが
取り切れず落ち着いたレイソルの反撃にあう

失点シーンは、あそこまで深い所まで行ったら
GKは折り返しに対応するためにポジションを
真ん中にするのはセオリー通りなんですよ
だから、東口の気持ちはわかる。
しかし、たらればは禁物ですが、タッチラインギリギリから
平行にボール来ることも可能性としてある訳で
100%折り返しと判断せずに、20%は平行に来るかもしれないと
判断してたならば防げたと思うプレーでした。

まあ、失点しようがしまいが、今のガンバの課題は得点な訳で
ぶっちゃけ、途中の過程よりも、いかにフィニッシュして
得点をとるか

今回、ガンバはパトリックの1トップに秋がトップ下と言うか
1シャドーみたいな形で、左SHに宇佐美と
いつもの2トップ2SHの形を崩して来た。

左サイドで宇佐美がキープして相手を引き付けておいて
右の米倉を活かすという展開だったけどうまくはいかなかった。
米倉は非常に良かったですが、晃太郎が消えてた。
米倉に晃太郎がうまく絡めてたら、もっとチャンスは作れていたと思える

宇佐美がSHに下がる事により、守備が弱くなるため
左サイドで相手に組み立てられる事が多かった
しかしながら、決定機まで行かせてないし
守備陣の踏ん張りも効いていた。

宇佐美のチャンスメイクの質の高さは際立っていたが
結局フィニッシャーが、パトリックだけに偏っていることも問題
良い時と悪い時の波があるパトリックが今どん底の中
そこだけに活路を見出しても、現状打破にはなってない。

シャドーの秋が空いてる事も結構あったのに
そこにボールは入っていかなかったし
晃太郎が守備はそれなりにできていたけど攻撃はさっぱりの状態
解説の水沼の言ってたけど、ボールを引き出す動きができてない
阿部が入って秋が右に入り右サイドは多少改善は見れたけど
得点には至ってない。

柏は、レアンドロ頼みのサッカーで
レアンドロをしっかり抑えていれば、何もできなかった。
ってか、ACLは勝ち残っているものの
この状態の柏に勝てないのは、ガンバは重症かなぁ

この試合見て改めて思ったのはSHの攻撃の質
宇佐美がスーパー過ぎるんだけど
あれだけ即得点に繋がるようなチャンスメイクを
バンバンやっていたので、秋、阿部、晃太郎、堂安はマネて
もっと質を高めていかないといけない。
もちろん、SHには守備タスクもあるので
難しいとは思うけど、失点率の低い守備陣を信じて
もっとリスクを冒してでも、攻撃に行って良いと思う
質の高いチャンスメイクにゴールに近い所にいる
宇佐美が絡んで行けたら、得点は近いと思うんだが・・・

何にせよ、得点を取るためには
チャンスメイクをしていかないといけないし
フィニッシュの精度を高めないといけない
フィニッシュの精度だけは、個の力に頼るしかないので
意識して続けていくしかない

次も中3日でアウェーだけど、1stステージ最終戦
スッキリ勝って、ブレイクタイムを迎えたい。

現地で応援されていた皆様、お疲れ様でした。

※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ
プロフィール

たまえもん

Author:たまえもん


ゴール裏

「誠」とは、「言って成す」つまりは有言実行あるのみ!

応援はゴール裏で熱く

ブログでは、冷静に書きます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数:


現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。