FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ

vs ベガルタ仙台(ホーム)

毎度ご来訪ありがとうございます。


曇り予報で、雨降る雰囲気はなかった万博

昼ごはんは、から揚げって気分でなかったので
初めて、みのおフレンチのカレーにしてみました。

カレーって言うからご飯が入っていると思いきや入ってないw
代わりに、パンを焼いたクルトン的なものが入ってました。
味はタイカレー的な感じで美味しかった。
ただ、これでお腹いっぱいにならなかったので
結局いつもの焼きそば食べた。


入場後、本日はコカ・コーラのイベント「利きコーク」開催
無料で配られてるカップに入ったコーラを飲んで
ゼロコーラか、普通のコーラかを当てると言う物

一口でどちらか分かりましたw
確かに、普通のコーラには近づいたと思いますが
甘味料の味は隠せないみたいですね、ゼロコーラでした。


さて、試合ですが
堂安先発は、まあ良いとして
この中断期間は何をやってたのかと言った内容
まったく進歩のない攻撃陣を見て残念さしか残りませんでした。

堂安については、悪い意味でこんなものかなと
長谷川監督は化学反応を見たいと言っていましたが
起きることもなく、前半でベンチに去りました。
積極性がもっと欲しいですね。
いつも言いますが、若手にはほんとに
失敗を恐れずにガムシャラにやってほしいです。
良く走ってましたが、プレーが大人しい。
後、ボール持ってない時のポジショニングが悪い
「そこにいてもボール出てこんで」って場所にいる事が多くありました。
まあ、試合に出ないとわからない事は多いですし
試合に出ないと成長しないのも確か
たった45分ですが、得られた物は多いと思います。
次に出た時は、もう少し良い動きができるとは思います

どうしても、右サイド堂安の所が機能不全で
中々前にボールが運べない
左の晃太郎と藤春の所でチャンスを作ろうするが
それだけではしんどいですね。

1点目、もうヤットさんのピンポイントキックに尽きます。
ゾーンで守ってる仙台の選手の間にきっちり落とせるんですから
今ちゃんも良く決めました。

前半終了間際に、宇佐美に2回チャンスがありましたが外しました。
それ以外もゴール前で良い感じで入って来ても
タッチが悪く、簡単にDFに引っかかったりと・・・
宇佐美見てると、ちょっと覇気がないと言うか
試合のVTRを見てて、宇佐美の表情とかが映りますが
いつも表情が曇ってる。
今年最初のハリルに呼ばれて帰って来た時の煌めきが
今はないですね、1本入れば変わると思いますが、その1本が遠い。
こればっかりは自分で何とかするしかないですからね

パトリックの1対1の下手さとパスの悪さは分かってる事ですが
ここまで点が取れてない中でやられると厳しいですね
とは言え、裏抜けはパトリックだからできるところもあり
高さも魅力、起用の判断は迷う所ではあります。

中断期間もあり、疲労は抜けてるとは思いますが
後半15分で運動量がだいぶ下がりましたね
ずっと押し込まれてた中で耐えてましたが
やっぱり追加点が取れないと後ろの負担は大きい

失点シーン、まずは岩下がファール取られますが
あそこまで厳しく行かないといけなかったのか?
リャンのキックも良かったですが
気になったのが、ファーのマーカーが
全員走り負けてる所、何というか危機意識が足りないと言うか
一生懸命さが欠けてると言うか・・・

そして、慌てて動くベンチ
この試合、次の試合の事を考えて
阿部以外の選手交代はないと思ってたんですよ
それが、取られてからバタバタと動き出す始末
代えるんなら、なぜもっと早く代えない?

浦和の優勝とかそんな事よりも
まず、目の前の試合を勝ちきれないのが問題
監督の采配含めて、全力で勝ち点3を取ろうとしてるように見えない。
目の前の試合が全力でできてなくて勝ち点3取れないのに
年間勝ち点で最後に1位になったらいいとか
言ってて恥ずかしくないですか?

去年がそうだったように、まず現状の弱さを認めて
現状を見つめなおす事じゃないですかね?
そこから自分たちのできる事を全力でやって
積み重ねていく事ではないですか?

中2日で劇的に変われないとは思いますが
意識は変えれると思います。
監督含め、目の前の試合に全力で取り組んでほしいです。

※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ
スポンサーサイト

vs ヴィッセル神戸(ホーム)

毎度ご来訪ありがとうございます。


この日、久しぶりに先行入場抽選に並んでみるも
結果振るわず。
ただ、そんなに暑くなく、過ごしやすい万博

楽しみにしてた人も多かったんじゃないでしょうか
広沢タダシさんのGステージLIVE
Gステージ史上、最高のお客だったのではないでしょうか?


「夢を叶える為、流したその涙 みんな思い出にかわればいい
 みんなの思いひとつ いつか叶えられて
 言葉も交わさずに 抱き合えたら」

生でサフランの花火聴けて感動しました。
この歌詞がどはまりでしたよね、去年のガンバと
振り返り映像なくても泣けました。


さてさて、最後に広沢タダシさんが
「今日は勝ちましょう!」と言ってくれたのですが
残念ながら、スコアレスドローでした。

まあ、監督ネルシーニョは何度もガンバと試合してますし
よく分かってますよね。ガンバが可変3バックが苦手って事。

守備に関しては、まあ、神戸も、もう一つパッとしなかったし
可変3バックは、守りに人を割く分、強力な前線がいて
成り立つものですし、マルキーニョスも途中からってのもあって
しっかり安定して守れてました。

問題はガンバの攻撃ですよね
工夫もクソもなく5バック崩す事に一生懸命ですからね
それじゃ点は入りませんわ

相手は5バックなんですから、中盤は薄くなり
ディフェンスラインの前にスペースができるんですね
そこを使って、相手DFを釣り出してからサイドの裏を
狙ったり、ギャップを突かないといけないのですが
相手SBが下がってる時にサイド狙ってもまったく意味がない

じゃあ、両SBが上がってて守備が薄い時は
ようは、カウンターなんですが、それもダイアゴナルに走ったり
早く攻める工夫もなく、後ろからゆっくり行って
相手が下がる時間与えてますしね


後半、宇佐美が下がってボールを貰い引き付けて
何とかしようとしますが、バテてるのか何なのか
SHがいい位置に入っていかないし、パトリックはロストや
パスミスしまくるし、それがあっての
赤嶺投入だったと思うんですが・・・

赤嶺が加入して半年ぐらい経つのですが
ほんとに、赤嶺の特徴をわかった上でちゃんと練習してるかと
赤嶺は、ポストもできるしゴール前で勝負するタイプの選手で
あるはずですが、パトリックと同じように裏抜けさせようとしてり
サイドに流れさせていては意味がない。
赤嶺の特徴を消すような事ばっかやってては交代が無意味

そして、あいも変わらず、ミドルシュートを打ちませんね

ガンバのここまでのリーグの失点数は10で
今リーグで1位なんですよね、失点率は0.71
1試合に1点取られるか取られないか
ここ5試合では2点しか取られてなくてそのうちの1点はPK
これだけの安定した守備があるのになぜリスクを冒して
攻撃にいけないのか

ここリーグ3試合、流れの中からFWとSHに得点がないんですね
この事態を分かっているのか?
SHは守備に追われて攻撃まで手が回らなくなってるような気がするし
今までパトリック、宇佐美で何とか点を取ってきたけど
マークが厳しくなり自由にさせてもらってない。

宇佐美はこんなんで満足か?代表の事しか頭にないのか?

この勝ち点1を年間の勝ち点として意味のあるものにすると
言った発言を聞きましたが、昨年、降格圏にいて
必死に目の前の試合を戦い勝ち点3を積み上げて
優勝したのではないのか?
まずは目の前の試合を全力で
勝ち点3を取りに行ってからの話ではないか?
勝ち点1で満足してては年間勝ち点1位にはなれんって

点を取らなければ勝ち点3は得られない

次の試合まで期間が空くので、まずは攻撃のテコ入れと
準備に期待します。

皆様、お疲れ様でした。


※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ

vs 鹿島アントラーズ(ホーム)

毎度ご来訪ありがとうございます。


試合には行ける予定でしたが、前日から雲行きが怪しくなり
当日、昼に試合に行けない事が決定。
早く終われば後半からだけでも観に行こうと思いましたが
行けるようになった時間がハーフタイム中
あきらめて梅田のHUBで後半から観戦してました。


さて、試合ですが
ガンバの守備が良かった事は間違いないと思いますが
鹿島は、攻撃に迫力がなかったですね
ガンバの攻撃に関しては、またもや流れの中で
2トップが不発だったのは残念でした。


序盤はどちらが主導権を掴むのか
一進一退でしたが、徐々にガンバが相手ゴールに
近づいて行きましたね。
しかしながら、鹿島もマリノス同様
宇佐美とパトリックに簡単にスペースを与えない。

1試合休みでフル充電できたのか
この日の今ちゃんはすごかったですね
ピッチに今ちゃんが3人いるんじゃないのかってぐらい
ありとあらゆる所に顔を出すし
一度アプローチに行ってかわされても
次の局面でまたボールを狩りに行ってるし

この日、鹿島の攻撃が淡泊だった原因は
ボランチの満男と柴崎が前線に絡んで
行けなかった事と思われるが
行けなかった原因は今ちゃんだと思う。

金崎、土居、カイオの所の潰しが非常に効いていて
溜めができない上に、ガンバの攻守の切り替えが早く
上がっていける暇がない。
もちろん、潰しが効いていたのは今ちゃんだけではなく
両SHの守備や丹羽、米倉のアプローチの良さもあったし
岩下の安定したフォローも良かった。

1点目、ラッキーでした。鹿島からすれば事故ですね
でも、今ちゃんは咄嗟に来たボールをしっかり蹴ってますからね


2点目、PKの判定は妥当だと思いますが、西はあそこまでして
止めに行く必要があったのかなとw 宇佐美という存在が
そうさせたのかもしれないけど
ヤットさんのPKは流石でした。GKの動き見てから
流し込んでますもんね。



後半、パトリックと昌子のマッチアップは面白かったですけどね
残念ながら、パトリックの負けでした。
まあ、勝ってるので多少パトリックの足元の悪さも多めに見れますが
負け試合でやられると困る。


岩下の幻のゴール
無題
真横からのアングルではないけど
今ちゃんにアプローチに行った伊東が残ってませんかね?

宇佐美もマークが厳しくなり、スペースを与えてもらえない中で
チャンスはあるんだから決めきらないと

鹿島は打つ手なくズルズル時間だけが過ぎていきましたね
一度だけ、柴崎にバイタルに飛び込まれて
ミドルシュートを打たれたシーンがありましたね
また、ヤットさん今ちゃんはいなかったし
マークについてたのは秋でした。
外してくれたから良かったが・・・

勝った試合なので、采配に注文は付けたくはないけど・・・

しっかり守れてる最終ラインはいじる必要はないが
中盤の運動量は下がってるのだから、交代は必要だったと思う
秋と小椋と交代して、ヤットさんを一つ上げて
小椋はバイタルを徹底してケアさせるとか手はいくつもある
残り15分で1点返されれば、この試合どう転ぶかわからない

鹿島が拙攻だったのか、ガンバの守備が良かったのか
よく分からない試合でしたが、前節もPKの1点だけやったし
今回も0に抑えられた事は良かった。

ガンバのリーグの失点率は、1点を切っている
つまり、2点取れば勝ちは確実の中で
今回は、運よく2点取れた。

この試合の得点、GKのパンチングがまた違えば1点目は無かったと思うし
PKも審判によっては取ってくれなかったかもしれない。
つまり水物の得点で、流れの中で点取れてないのは問題。
前節に続いて宇佐美とパトリックは不発だったし
2列目の得点も無かった。ここは反省すべきだったと思う。

自力で2点を取り確実に勝てるように
しっかり準備してほしい。

現地で応援されていた皆様
お疲れ様でした。


※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ

vs 横浜Fマリノス(アウェー)

毎度ご来訪ありがとうございます。


横浜遠征は早くから決めていた
飛行機が旅割75で新幹線より安かったので
空路で羽田経由の横浜入り

新横浜で昼食を終え、スタジアムへ

日中は少し暑かったが、夕方になると風があり
スタジアムの外は涼しかった。
しかしながらスタジアム内は、風がなく少し蒸し暑い


さて、試合ですが
この試合だけ見ると、勝ちに等しいドローでしょう
しかし、1stステージの1試合で見ると痛恨のドロー


失点は、藤春の一人相撲
まず、単純なクリアミスですよね、真上に蹴り上げるとか
前に蹴っていれば、バウンドして腕に当たる事はなかった。
そして、解説の岡ちゃんも言っていたけど
蹴り上がったボールの下に入って
ヘディングでクリアしようとしないのが一番の疑問
落ちて来るボールをどう処理するつもりだったのか?
バウンドして相手選手の前に流れたらどうするのか?
ハンドは結果やけど、その前の対応が悪すぎる。

藤春が日本代表に漏れた理由は分からないけど
足元の技術は代表レベルに達してないように思う
トラップミスも多いし、先を読んだ動きや判断ができないなど
そういうとこで安定感を欠く
スプリントのスピードは練習してもそんなに速くなれない
技術は磨けば磨くほどうまくなれる、もっと練習しないと
スピードといういい武器を持っているのに
それを活かしきれない姿にもったいなさを感じる


宇佐美、リンスだといつも最終ラインを崩し切れないんですよね
まあ、マリノスのディフェンスを硬かった。
やっぱり、中澤は素晴らしいですね
前半は宇佐美を抑えつつ、後半はパトリックまで抑え
サイドを攻略しても、フォローに入りそこで潰しきりますからね
これこそ、代表レベルですよ、未だに闘莉王、中澤コンビは
日本最強のセンターバックと思いますね

右サイドは、アデミウソンと斎藤に手を焼いて守備に追われ
米倉はほとんど上がれなかったし、晃太郎も今いちでした。

岩下、今ちゃん、パトリックとガンバのセンターラインが
いない状況で、ガンバの総合力が問われる試合でもあった。

ジョンヤについては、失点はPKのみやったし
それ以外にゴールを割らせる事はなかったので
まずまずだったように思う。

大明神については、及第点かな
守備とディフェンスとのつなぎ役としては申し分ないが
今ちゃんはそれに+αでボール奪取と攻撃のフォローまでこなし
宇佐美、パトリックの分の守備を補う動きまでする。
大明神にここまで求めるのは酷かもしれないが
今のガンバはそれでもってる部分はある

リンスも悪くはないけど、FWとしては足りない。

パトリック投入のタイミングは遅いですね
本気で取りに行く気なら、後半頭から入れないと
宇佐美を一つ下げましたが、リンスを一つ下げたほうが
良かったように思った。確かに、宇佐美のゲームメイクは
魅力やけど、重要なのは強固な最終ラインを崩す事
裏抜け、高さのあるパトリックを見つつ
強力なアタッカー宇佐美を相手するとなると
最終ラインはそっちのほうがしんどいと思うのだが

まさかサッカー観戦中に地震に遭うとは思わなかった。
チャントを唄いながら飛んでいたのだが
着地が不安定で自身がめまいを起こしているのか
足がおかしくなったのかと思ったw
周りも「地震?」と顔を合わせていて地震とわかった。
結構長く揺れていて、体感で30秒ぐらいは揺れていたように感じた。
その揺れの長さに、関西人はビビッてましたw
まあ、怪我等なくて良かった。

再開後、ガンバが攻勢をかけるが、ゴールが遠く
勝つには2点必要だが、時間がなくなるにつれ
とにかく1点になった。

リンスが退場になって、1人少ない状態で
確実に取りに行くには、やっぱりセットプレーですね
ヤットさんのキックがすべて
触れば1点のキックの精度は流石でした。

マリノスにとっては負けに等しいドローかもしれないが
PKの1点だけで逃げ切るのは虫が良すぎる。
かといって、ガンバも相手ディフェンスを
流れの中でこじ開けることができず。
マリノスはよく研究してましたね
宇佐美とパトリックには、ほとんどスペースを
与えてもらえなかったし、パトリック投入してからの
宇佐美、パトリック、リンスの役割が
はっきりしてなかったように思う。


短期の2ステージ制での勝ち点1しか取れなかった事は残念
PKの失点よりも、攻撃陣が完全に封じられた所をみると
今のままではいけない事を突き付けられた気がする
特に、宇佐美の個人技、戦術パトリックが効かなかったら
ガンバの引き出しはない事になってしまう。

チャンピオンシップで優勝すればよいし
1stステージは2位3位を狙えば良いと話を聞いたが
まだ、自分は優勝をあきらめてないし
2位3位を狙いに行ったら、必ず4位5位になるのが世の常
優勝を狙いに行って2位、3位なら仕方ないけど
2位3位を狙うのは違うと思う。

とにかく残り試合、優勝をあきらめずに
目の前の試合を全力で勝ち点3を取りにいき
勝ち点を積み上げてからその結果を待つしかない
過去の結果は変えられないのだから

自分も、そのために全力で応援します。

現地でお会いした皆様、ありがとうございました。
お疲れ様でした。

※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ

ACLラウンド16 2ndleg vs FCソウル(ホーム)

毎度ご来訪ありがとうございます。


せっかくブログが追いつきましたが
また、間に合ってなくてすいません・・・


早速試合ですが
前半は、1stlegの結果がいい方に作用しましたが
後半は、余裕を持ちすぎて悪いほうに転んだように思いました。


アウェーゴールで大量点を奪い圧倒的有利な状態での
試合の入りは良かったと思います。
全体的にリラックスしてたし
かといって余裕を持ちすぎている感もなく
しっかり攻撃していた所は、好感が持てました。

FCソウルは流石に5バックになる可変3バックは捨てて
前線の数を増やして攻撃に厚みを持たせてきました。
守りは4バック、攻めの時は3バックって感じで
その薄いディフェンスをうまく突ければと思ってましたが
宇佐美がやってくれました。

1点目、宇佐美ドリブルで引き付け、最終的にクロスを上げるときに
2人引き付けてましたし、あの場面、ディフェンスはシュートに
来ることしか頭になかったんでしょうか
しかし、クロスのタイミング、コース、完璧でした。
後の宇佐美コメントを見ると、大体で蹴っているとの事なので
恐ろしいです。パトリックも来ると思っていたようで
準備できていたのも良かった。2人のイメージの共有が
ゴールを生みました。

前半は守りも集中できていましたね
ラインもほとんど乱れる事なく、怖いのはたまに空く
バイタルでのミドルシュートぐらいでした。

PKについては、自分が見ている位置からは
藤春が引っ張っているのはよく見えてました。
これも、審判によって取る取らないがありそうな判定
藤春は相手のバランスを崩させて
よく合わないようにしたとは思いましたがね

2点目、藤春を狙った阿部のクロスは完全に
相手DFに引っかかりましたが
相手のトラップミスに助けられましたw
宇佐美の突入で再度相手からボールが離れた所
秋がよく詰めて冷静に流し込みました。


後半、宇佐美は2回フリーでシュートを打ちましたが入らなかった。
ここは、反省してもらいたい、エースであるならば

1失点目、起点は宇佐美のボールを簡単にカットされた所から
右サイド、阿部と丹羽が付き、丹羽が縦を閉めてるので
阿部は横を押さえないといけないのにサボったから
簡単に中にパスが通った。そして、1stlegの最後の失点同様に
ヤットさんと今ちゃんが守備をサボったのでバイタルで
どフリーが2人もいた、悪い対応が重なると失点するのは当たり前

絶望的な状況でもあきらめずに挑んでくるFCソウルに
何とか対応し膠着状態だったが、カウンターが炸裂

3点目、丹羽が左サイドに張り出してるのが良かった。
藤春もしっかり走ってるし、クロスは完璧
1stlegからピンポイントクロスが炸裂しまくってて
どうしたんやって言ったら失礼かw
リンスのポジショニングも申し分ない。
このシーン、どこかで見た事あると思ったら
2011年ホーム鹿島戦、苦しい試合の中、カウンターで藤春のクロスを
ラフィーニャがドンピシャで合わせたのを思いだした。

堂安は、プレー機会が少なかったので何とも言えないが
最後のリンスのカウンターで、無難にヘッドに行ったのは
ちょっと残念、あそこは胸トラップで持ち込まないと
リンスなり、堂安なりが決めきらないから最後失点するねん


1stlegからの流れで、この試合で2失点することに
結果として、あまり意味はないかもしれない。
でも、失点することは良い事ではないし
反省しなければ、同じ失敗を繰り返す。

FCソウルは絶望的な状況でもあきらめずに挑んで来た。
ここは見習わなくてはならない。
逆にガンバは後半ちょっと手綱を緩めすぎではないか?

丹羽が後のコメントで2点とも防げた失点と言っていたが
自分もそう思う、軽い守備とサボりを繰り返していては
せっかくの勝ち試合を落としかねないし命取りになる
結果としてそれが、タイトルを掴めない要因にもなりかねない。

一先ず、ACLの試合は離れるので、リーグに向けて
集中してもらいたい。

※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ
プロフィール

たまえもん

Author:たまえもん


ゴール裏

「誠」とは、「言って成す」つまりは有言実行あるのみ!

応援はゴール裏で熱く

ブログでは、冷静に書きます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数:


現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。