スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ

vs アルビレックス新潟(ホーム)

毎度ご来訪ありがとうございます。

過密日程に我がブログも追いついてませんw

いやー いい天気でしたね万博
いい天気過ぎて暑くて日焼けした人も多かったのではないでしょうか?
自分もその一人です。



さてさて、試合のほうですが
パトリックで今の攻撃が成り立っていることがよく解る試合でしたね。

リンスがスタメンでしたがFWではなくて、2列目で使うのが吉と
ずっと思ってましたが、今回もそう思いました。
気の利いた裏への飛び出しと身体能力でなんとかキープしてくれるパトリックと
比べるのも酷ではありますが、まったく収まらず。新潟のボールの取りどころでした。
相手のプレスが早く掛かる位置では持ち味は発揮できませんよね。


やっぱり新潟はレオ・シルバが効いてますよね。
ヤットさんしかり、中盤のパスの出どころをしっかり抑えられて
宇佐美にあまり良いボールが出なかったし、うまく展開できなかった前半でした。
ただ、前半に関してはレオシルバが守備に気を取られて、
攻撃に絡んでこなかった分、ラファエルシルバにいいボールが入らず孤立してましたね

後半からパトリック投入、これは仕方ない。

1点目、早速、パトリックとの連携から宇佐美がドリブルで抜け出し
ペナの前でファウルをもらう。そしてFKをGKがキャッチしてからの
宇佐美のボール奪取、流し込むだけでいいのに浮かして蹴った時には
外したと思いましたが隅に決まって良かった。
後のコメントでは、やられた東口にも死角についてインタビューしてたとかw
まあ、大前様様ですなw 大前がやってくれなかったら、このイメージはなかったかもしれない。

後半20分ぐらいでガンバの疲れが見え始め、相手のポゼッションが
増えてきた所で失点。前半攻撃参加してこなかったレオシルバが攻撃に加わる。
マークがいなくて、岩下が釣り出されてそのスペースにパスが出る
岩下は出た以上、ボールには触らないといけないよね・・・
当然、スペースに入った鈴木武蔵に丹羽が付くから
真ん中にぽっかり穴があきますよね。
スローインからの流れで全く集中できてませんでした。

その後、秋のシュートと阿部のシュートがバー、ポストを叩く
この時間帯の攻撃は迫力があったし、取り切らないといけない
シーンでしたが、うまくいきませんね・・・
ここからは、カウンター合戦
新潟にもチャンスをやってしまいますが
フィニッシュの精度の低さに助けられました。

2点目、FKからの流れ、今度は新潟が少し集中力を切らしてましたね
秋のパトリックへのフィードは見事でした。
パトリックは左足でもいけるんですかね?



ACLの疲れがあるのは仕方ないけど、もうひとつピリッとしない試合でした。
宇佐美の得点は、ラッキーやし、あれがなければ勝ち切れてなかったかもしれない。
最後はパトリックの個の力に助けられました。

リンスがFWで機能しなかった中、パトリック頼みではなく
もう少し、中盤も機能させバリエーションを増やし
攻撃の精度を上げないとこの先は厳しい。
特にこの過密日程、チャンスでいかに取り切れるかにかかってる。

中2日しかないので、調整は難しいかもしれないが
意識はしてほしいですね

※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ
スポンサーサイト

ACLグループステージ vs広州富力(アウェー)

毎度ご来訪ありがとうございます。


崖っぷちの戦い第二弾
ブリーラム戦で拾った勝ちを繋げれるかどうかの試合でしたが
終わってみれば夢スコアの大差勝ちでした。

宇佐美とパトリックが、どハマりしましたね。
特に、宇佐美はチャンスメイクで持ち前のセンスを発揮して
周りを引っ張り間違いなくこの試合のMOM


1点目は戦術パトリックがハマった。
サイドで受けたパトリックから阿部と宇佐美とつなぎ
宇佐美が外に逃げる事によりDFが引っ張られ、ずれた所を見逃さず
大外にフリーのヤットさんへクロス
クロス自体は相手に当たりミスキックだったものの
うまくふんわりボールとなってヤットさんの元へ
折り返したところ、触ったかは分からないけど、よく詰めたパトリックのゴール

先制して余裕を持った事により、しっかり守備をしてからの
前線に少ない手数で攻め上げるパターンになった。

とにかく広州富力のディフェンスラインは無駄に高いし
サイドに振られると簡単にラインが乱れマークが外れる
もう、戦術パトリックにはうってつけ
オフサイドにはなったけど、パトリックの抜け出しや
サイドに開いた宇佐美からのグラウンダーのクロス
藤春からのクロスをパトリックが落として宇佐美など
惜しいシーンが続く

2点目、スローインからの流れ、藤春の縦へのチャレンジが地味に効いてる
あれで3人引き付けられたし、宇佐美がフリーになり余裕ができたし
アウトに引っかけた美しい弾道のクロスをパトリックが落としたとこ
しっかり詰めてる阿部が素敵です。

3点目、前半終了間際にすぐさま追加点
広州富力にとってはは一番ダメージが大きかった気がする。
相手GKのフィードを跳ね返し簡単につないで宇佐美へ
広州富力は集中力欠いて、パトリックをフリーにしてるし
そこを見逃さず、宇佐美が前線へパス、1対1をパトリックが落ち着いて決めました。

後半、早々と外人2人を下げこの試合を捨てた広州

4点目、これはCKをキャッチしてからの東口の早いフィードが起点
宇佐美が受け、晃太郎に預けるも倒されて、こぼれ球をすかさず
右サイドフリーのリンスの前にフィード、一人でも行けそうだったけど
セーフティな阿部にパス、CKからの綺麗なカウンターが決まる。

5点目、起点は岩下のいい守備から、相手ボールを奪ってからのカウンター
またもや、リンスの前に広大なスペースが広がる。
今度はディフェンスがいるのでね、フリーの宇佐美に出すのは当然
宇佐美はトラップがアウトに流れたけど、うまく押し込みましたね。

守備に関しては、しっかりホームの試合を反省し
ハムダラーを自由にさせなかった。サイドからのクロスもしっかり
跳ね返してたし、丹羽と岩下は良くガンバりました。

もう、絶望的なスコアになってからは、お得意のカンフーサッカーが炸裂
ガンバの選手の足が狩られ、バッタバッタと倒れる
もちろん、そんなラフプレーに走る相手が一番悪いに決まってますが
何回もACLに出てるんやし、自分を守るためにも、いなせるようにならないと・・・
相手とある程度距離を置いてパスを貰い、早めに放す。
ずっとボール持ってたり、待ってボールを貰うと簡単に足を狩りに来る。
藤春が待ってボールを貰い、狩られましたね。

その時、後ろからの当たりにぶち切れて晃太郎が相手を蹴るんですが
あんなもの、1発レッドで2,3試合出場停止になってもおかしくないですよ
普通イエローでは済みませんよ、気持ちはわからんでもないけど
これからも、ラフプレーしてくる中国や韓国のチームと当たるねんから
もう少し大人にならんと、相手と同類やで

やっぱり早い時間帯での先制点が余裕を生み後の大量点に繋がった気がします。
ここって時の集中力の高さ、攻撃の精度の高さが今のガンバの強み

この試合は相手ディフェンスラインが無茶苦茶だったので
カウンターもハマりましたが、カウンターだけでなくパスで中央を崩したり
サイドからのクロスで取れるようにもっと攻撃を磨いてほしい。

過密日程で試合が続きますが、調整して公式戦連勝を伸ばしてほしいですね。

現地で応援されていた皆様、お疲れ様でした。

※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ

vs 湘南ベルマーレ(アウェー)

毎度ご来訪ありがとうございます。


自宅でのスカパーオンデマンド観戦でした。



噂には聞いてましたが、湘南は人数をかけて攻めて来るんですね。
ガンバは最近、攻撃にはあまり人数を掛けずに
宇佐美、パトリックの個人技+誰かって感じで点を取ってるし
人数かけて攻めるサッカー vs 人数をあまりかけなくて攻めるサッカーと言う部分では
互角だったと思います。

湘南はブリーラムを見てるようでした。ガンバの苦手なタイプ
良く走り、プレスが早くボールを取ってからの切り替えや展開も早くて
押し込まれると中々抜け出せない。
これに対応する策としては、やっぱり戦術パトリックしかないんですよね
しかしながら、清水戦同様、戦術パトリックから得点には至ってない。

得点シーンはショートコーナーから
最近コーナーから点が取れてませんでしたが工夫して揺さぶり
点が取れた事は良かったと思います。
丹羽の落としに走りこむ米倉、こぼれ球に素早く反応してた宇佐美
これは見事でした。ただ、宇佐美はオフサイドっぽかったのだがw

後半になると湘南も出足が鈍り、ガンバも回せるようになり
チャンスもいくつかありましたが決めきれない。
個で打開するのもいいですが、崩して得点シーンも見たいですね
2点目もPKですし

ガンバと湘南の差は、チャンスにきっちり決めれるかだけで、湘南はシュートと
その前のクオリティが低かった。クロスも合ってなかったし、シュートもあまり枠に飛ばず
たまにこぼれ球をシュートされてヒヤッとしたけど、前線の個のクオリティの低さで助かった印象。
守備面に関してジョンヤも奮闘してましたが、運も多少ありましたね。
ブリーラムと違うのは個で何とかできる強力なFWがいない事ですかね
まあ、ガンバもゴール前でのクオリティが低かったので流れの中で得点できなかった
その部分は不満です。

勝った事は良かったけど前節、清水戦から1週間近くあり
休養と調整ができる時間はあったと思うけど内容はあまり進展してなかった。
試合運びも悪くはなかったが、もっとチャンスで決めれるようにしないと
終盤まで1点差では、試合はどうなるかわからない。
ここからの過密日程、しっかり調整して臨んでほしいです。

※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ

vs 清水エスパルス(アウェー)

毎度ご来訪ありがとうございます。


今年最初のアウェー遠征は清水
これでリーグのアウェー清水戦はJ2時代を除くと5年連続

朝5時半出発で、高速は渋滞もなくすんなり着いた。
もう清水には来慣れているので、ナビをセットしてなかったのが悪く
高速降りてから、道を間違えてしまったw

ここから観戦


富士山は頭のほうが薄っすらと見えてる状態。


もう、このスタジアムに来たらこれ
桜エビとシラス丼




さて、タイ遠征の疲れは残ってるかもしれないが、それでも試合はやってくる
相手はここのとこ勝ててないようだが、油断せずに立ち向かってほしい試合は・・・



東口だけではなく、チームが宇佐美に救われた試合でしたね


攻守の切り替えも早く、FWの2人中心にそれなりに迫力はあったけど
取り切れない。守備に関しては、監督のコメント通り、しょーもないミスが多くて
ピンチを迎える展開。

清水は、ディフェンスラインを上げてコンパクトのしようと思ってたのかもしれないが
その裏のスペースにパトリックが縦横無尽に走り回る。しかしながら得点には
つながりませんでした。ただ、押し込まれて苦しい時には助かりましたね

コンパクトにしてても、ブリーラムほどのプレスの速さ、球際の強さが無い分
スペースがあり、攻撃は優位に進められていた。

1点目、阿部からの浮き球をディフェンスがいながら捌くのは至難の業
でも、ほぼイメージ通りだったんでしょうね、だから、体勢を崩しながらも前を向いて
落ちたボールに素早く反応してシュートを打ちました。お見事でした。

2点目、全体が左サイドに寄っていた所で、右に広大なスペースができてた。
そこを見逃さず、絶妙なタイミングで上がってくれば、良パスが出てきますよ
そして、相手が寄ってくる前にピンポイントアーリークロス
藤春見た?これですよ、サイドバックの仕事は
そして、足元が苦手そうなパトリックやけど、よく合わせました。

2点差で落ち着いたのと疲れからか、全体の足が止まってきた上に
ウタカ投入で流れが変わり、押し込まれた。とにかく蹴りだすので精一杯の状態。
今ちゃんすら足が止まってましたからね、ボランチのプレスが効かなくなり
しかも、ヤットさんとのバランスも悪く、セカンドボールが拾えない。

そんな中でも阿部は必死に相手に食らいついて守備ガンバってたんですけどね
1失点目、右サイドで阿部が守備をガンバって、相手のパスミスを誘った
そのパスミスをパトリックを狙ったのかわからないが、米倉がミスキックで相手に渡したのが起点
右サイドに振られてパスをつながれた時、まずボールに集まりすぎやし
全員ボールウォッチャー状態で、誰もプレスに行かないから簡単に間を通されクロスを上げられる。
ここでウタカに着くべきやったのは丹羽、この時以外は、利きまくってて何回もピンチを救ってたけど
たった1回のマークを外した為にが失点になった。ここは反省すべき。

1点返され、取り返す為に良い流れになっていた所で痛恨の東口のミス
まあ、東口の注意不足、軽率なプレーと言ってしまえば、それまでなのですが・・・
前から思ってますが、もう少し東口以外のフィールドプレーヤーは、東口が
ボールを持っているときに見てあげてほしい。
昨年から、東口がリスタート早くしてスローしようとしてもその対象の選手が見てない事が多くて
それによりミスになりピンチを招いたりもしてました。

GKがボールを持っている時間は束の間ですが、フィールドプレーヤーは休める時間でもあり
DFが攻め込まれたラインを押し上げる時間でもあり、各々のポジションに戻る時間でもある訳やけど
GKがいつボールを放すかは分からない訳で、キックをミスるかもしれない
その時にボールを見てなければ当然、対応は遅れる訳でそれもピンチに繋がるし
キックしたボールを競り合って五分のボールにするよりも、DFに渡してビルドアップしていくほうが良い場合もある
東口に反応してるプレーヤーがいれば、大前が近づく前にボールを放せたかもしれないし
せめて、GKに近いDFが東口を見てたら、今回のように後ろに相手がいるのに気づいてない場合も
声を掛ける事により、防げたかもしれないなぁと思った。

失点する前から晃太郎が入ってましたが、ほとんど消えてたけど
フタを入れて、右サイドにして動きが良くなりました。

フタは、時間も少なく、あまりボールに絡めなかったけど、宇佐美へのアシストパスで
存在感を魅せてくれましたね

3点目、フタがパスを受けて宇佐美の動きを見て、即座に足元へのパスは見事でした。
パトリックが3人DFを釣ってくれたので、最後に足を延ばしてきた福村も振り切れたし
櫛引のポジショニングは良かっただけに、ファー狙わず右上狙った判断も良かった。

3点目取ってからは、うまく時間を使い逃げ切った。


あれだけパトリックを走らせてパトリックがマイボールにしても、そこからは得点に至ってないし
チームで崩したのも、2点目だけ
苦しい試合を取るべき人が取って勝ち切ることは悪い事ではないし、それも望んでるけど
チーム全体としてはちょっと寂しい。
また、東口のミスは事故やけど、失点も多いのが気になる所

監督の言う通り、チーム力がまだ上がってないように思う、そこがACL苦戦してる原因かも
逆に言うと伸びしろはある訳で、次の試合までは1週間あるし
しっかり調整して、次に臨んでほしいですね。


と言うことで、帰りは去年も言った清水港、河岸の市まぐろ館にある「ととすけ」へ



今年は日替わり刺身定食にしました。
これはこれで美味しかったですが、ボリューム的に
去年食べた刺身10種にすれば良かった。

次の遠征は来月の横浜戦の予定です。

※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ

ACLグループステージ vsブリーラム・ユナイテッド(アウェー)

毎度ご来訪ありがとうございます。

G+でリアルタイムで見てました。

ここを勝たなければ、グループリーグは絶望だけに、最後は「勝って良かった。」ですが
西野の怪我から始まり、色々ありすぎたし、ホントに内容はグダグダで
「勝ちに不思議な勝ちあり」の試合でした。運で何とかなった試合。

西野が怪我で引っ込んでしまった時間帯とは関係なく、個のミスで失点
まず、藤春、エンドラインを割ると思われたボールがコーナーフラッグに当たって
出なかった。出なくて止まったボールを体入れて守っていてもしょうがないやん。
相手に当てるか、最悪タッチラインに出すしかないのに、押されて自らエンドラインに出すって・・・
簡単に相手にチャンスやるなよ

で、東口、最初のポジショニングは悪くない。
自陣左CKに左で巻いてくるボールに対して、ゴール真ん中にいるのはわかる。
が、何で蹴った瞬間前に移動したの?これが何回見てもわからん?
完全な目測誤りと言うか、判断ミスと言うかありえない失点の仕方
最初のポジションにいれは最悪、弾けたはず。

ディフェンスは、丹羽もジャンヤもガンバってたとは思いますが
ブラジル人2トップに簡単に振り切られ過ぎ
簡単にシュート打たせ過ぎ
先制されたことによって、余計に余裕がなくなり
雑なプレーになりがち、点を取り返したいが・・・
ピッチが悪いのもわかるけど、とにかく全体のパスが雑すぎて
ビルドアップもままならず。

こうなったらワンチャンスを何とか活かすしかないと思っていたら
前半に追いついたことは良かった。
相手の人数はそろっていたが、うまくスペースに入り込んで
素早くパスをつないで連携し、最後はリンスがフリーになって押し込んだ。

後半に望みをつないだと思ったが・・・
気候のせいか今度は全体がバテて何もできない。
あんなに長時間攻め込まれるガンバを見たのはいつ以来やろか?
J2に落ちた年に、ホームで柏にボコられた以来じゃないかな?

東口は前半のミスを取り返すべく、奮闘しビッグセーブ連発で
2,3点は防いでもらった。
ディフェンスラインもバラバラで丹羽もジョンヤも悪いながらも
何とか耐えていたので、またもワンチャンスを信じるしかない。

この状況での晃太郎は、ほんまに救世主でしたね。
もちろん、点を取った事も大きいけど、バテバテの中盤にあって
あの運動量はほんとに助かった。最後にそのカードを残して
切ったのは正解。


どう見ても、負け試合を相手のミスと運と東口で乗り切った。
岩下がいない事でバラバラになったディフェンスラインは大いに反省してほしいし
今後に不安を残す結果となった。

ACLを乗り切るには、メンタル的にもフィジカル的にもタフさが必要と感じた。
その点で今のガンバは物足りない。

勝ったのに、反省点ばっかり出て来てしまう不思議な試合。
とにかく、ACLは勝たなければ終わるのでこの拾った勝ちを大事にして
これからにつなげないと意味がない。
奮起せよ!

※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ

vs 名古屋グランパス(ホーム)

毎度ご来訪ありがとうございます。


W杯予選とかW杯など真剣勝負は以外は録画してまで見ませんが、やっぱり
宇佐美、藤春が気になって、代表戦、久しぶりに録画して見ました。
感想を日記に書こうかと思ってましたが、多忙でタイミングを逃してしまいましたw



今回は仕事で現地行けず、後でオンデマンドで視ました。
都合により雑感で


宇佐美、藤春の代表帰り効果は間違いないと思いますが
それにしても、いつにも増して全体的に縦へ早くの意識が高い試合だった思いました。
全員でハリルホジッチにアピールしてるのかと思えるぐらいw

シュートの意識も高く、テンポよくパスもまわり
前半主導権を握ってましたが、得点はロスタイム
宇佐美の触ったら1点の質の高いクロスも良かったですが
まあ、牟田のオウンゴールでしょw シュートが枠に行っていたとのことで
宇佐美に訂正されましたが、これも代表効果か?ラッキーでしたね。

2点目の崩しは、本当に綺麗でしたね。
右サイドで阿部がキープしてヤットさんに下げてる間に米倉がスッと縦に抜ける
ヤットさんが阿部に戻し、縦の股抜きスルーパスが米倉にぴたっと合い
ニアでパトリックがDFを釣ってくれたので、宇佐美がドフリーでシュート

この試合の宇佐美のスプリントの多さが話題になってましたが
テレビからは、やはり分かりずらい。
それよりも、ゴール前のポジショニングの良さが目につきました。
代表で学んできたのか盗んできたのかわかりませんが
シュート9本がその成果を表しているように思います。

2点取り、ガンバが落ち着いて受けに回り
フレッシュな松田を投入され、スペースをうまく突かれ
劣勢に回る時間帯、流れの中では点を取られなかったのは良かったと思えるけど
セットプレーでの失点はもったいない。半分事故のような失点だったけど
東口は取れないなら出たらあかんでしょ?ボール見失ってたしw
この日、珍しくキックミスしてあわやのシーンもあったけど
あれも審判によっては、1発レッドの可能性もあったと思う
吉田審判はよくPK取らなかったですね。
まあ、その後、ビッグセーブが何度かあり救われましたが・・・

晃太郎投入でまた、流れを取り戻し宇佐美が果敢にシュート打つも
入らなかったが、カウンターから追加点
左サイドで晃太郎がキープし追い越した藤春へ、ここまでは良かったけど
ここから藤春の課題、クロスの精度。相手DFに当てたけどパトリックを狙ってたの?
頭に合わせるふわっとした弾道ならともかく、あの弾道でDF2枚は抜けんでしょ
結果的にファーをフォローしてたリンスが拾って、折り返しこぼれた所を
今ちゃんが押し込んだけど、代表アピールするならクロスの精度をもっと磨かないと。

過密日程でお疲れだった所に、代表戦休みが来てコンディションが整ったチームに
モチベーションの高い代表組が乗っかって勝ったよう感じました。
それはそれで良いのですが、宇佐美は開幕からこういうモチベーションで
やってもらいたかった。

あと、丹羽、岩下はよく川又、永井を抑えましたね。
この試合の影MOMはこの2人だと思います。

攻守が噛み合った所で、崖っぷちのACL
しっかり勝って望みをつないでほしいですね

※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ
プロフィール

たまえもん

Author:たまえもん


ゴール裏

「誠」とは、「言って成す」つまりは有言実行あるのみ!

応援はゴール裏で熱く

ブログでは、冷静に書きます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数:


現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。