FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ

vs ヴァンフォーレ甲府(アウェー)

毎度ご来訪ありがとうございます。

スカパーオンデマンドで観戦しておりました。


さて、アウェー甲府も鬼門と言われており中々勝てないが
リーグ戦は1分1敗であるがゆえに勝ちがほしいところ
ブリーラム戦と変わらないメンバーでどこまでできるかの試合は・・・



勝ててホッとしました。
誰の目でもわかるように、今ちゃんのおかげでチームが活性化しました。
復帰した今ちゃんの活躍は喜ばしい事ですが、逆に代わりがいない事を
露呈したとも言える内容に少し寂しさを感じました。

序盤、いきなりチャンスを掴む所は鳥栖戦と同じ
その勢いは良いと思いますが、続かない所も同じ

大明神がアクシデントで離脱、代わりが入るまで押し込まれるのは
仕方ないし、良く守り切ったと思います。
秋と今ちゃんがアップをしてましたが、秋と言う選択も良かった。
流石に、復帰してゲームをやってない今ちゃんを
あの時間から入れるのは危険

交代してからもしばらく攻められてましたが良く耐えました。
甲府は松橋と藤春では松橋に分があると思ったのでしょうか
サイドや藤春の裏を狙った攻撃が多かったですが
岩下のフォローもあり事なきを得ました。

ただ、前半はその裏のスペースを気にしすぎたのか
ラインは低めで両サイドバックの上がりもほとんどなく
ビルドアップできませんでしたし、逆にサイドバックの前のスペースを
甲府が利用してました。
晃太郎も守備に追われ、自身の良さを出せずに交代しましたね。

ガンバがボールを持っても、低い位置からの攻撃開始で
しかも、ゆっくり後ろでボールを持ってる間に
甲府はしっかり自分たちの陣形を整えられるので
最終ラインはおろか、その前を攻略できずに時間だけが過ぎていった前半


後半、今ちゃん投入
正直、試合勘を取り戻すのに2試合ぐらいはかかると思ってましたが
5分で取り戻すと言うか、トップパフォーマンスを出せるのには驚きました。
ガンバが狭いところでパスを回して、窮屈になってる所や前線で行き詰っているところに
スッと顔を出してパスを受け捌き、常に周りを見ながらバランスの良い所に動きなおす

今ちゃんも良かったですが、秋もサイドになった途端、水を得た魚のように良くなりました。
秋の守備が効いているのか松橋もおとなしくなりましたし、今ちゃんが中盤にバランスを
もたらす事により、中盤全体の守備も良くなったように思います。

1点目、秋のパスカットが起点、左サイドに開いたパトリックへパス
パトリックが左サイドで溜めて引き付けて、パトリックを追い越した秋へ
秋のクロスは宇佐美に合わず、そのこぼれ球を阿部がしっかり詰めた。
甲府は全員ボールウォッチャーでしたねw

2点目、今ちゃんのカットしたボールを、パトリックが降りてきてマイボールにしたのが起点
フリーの宇佐美に預け、この時にすでに右サイド駆け上がっていた阿部にパス
パトリックの裏に抜け出しを見て、阿部がダイレクトへ前へ
パトリックがマイボールにし、後ろの阿部に戻し、ダイレクトで宇佐美へ
トラップしボール一つ分相手を避けてからシュート、見事でした。

速攻にしてもサイドからにしても、やっぱりダイレクトプレーですね
これが今までガンバの攻撃で少なかった。

その後、決定機を外し続けるのは相変わらずでしたね。
まあ、守備も危なげなく守っていたので良かったのですが
取れるときに取ってべきやし、パトリックと赤嶺代えるのは相変わらず遅いですね
パトリックがGKと1対1外した時ぐらいに代えるべきだったと

中3日の試合で疲労も懸念しましたが、それもあまり感じさせずに
最後まで集中して勝ち切ったのは良かったと思います。


冒頭にも書きましたが、今ちゃん投入で流れが変わりました。
逆に言うと、今ちゃんなしでは、ガンバはうまくビルドアップや
守備ができなくて攻守に不安定であるということを露呈したとも言えます。

誰が出ても、チームのクオリティが落ちなかった事が3冠を達成した要因と
言われましたが、今ちゃん不在でACLは崖っぷち、リーグも躓いているのは
どう言う事でしょうか?

今ちゃんも復帰しましたが、代表でチームを離れたり
怪我したり、警告累積で出れない場合はどうするのでしょうか?
ずっと大明神に頼るのか?
小椋は、もう使えないのか?井手口は?
今、ジェソクが怪我してますが、米倉が出場できなくなったら
誰が右サイドバックするのでしょうか?

この試合勝った事は嬉しく思いますが
やっぱりチーム力は上がってないと思えますし
チームのマネージメントがうまくいってないような気がします。
この先「大事な試合で主力がいなくて勝てなかった」
みたいな、言い訳は聞きたくないので
もう少しチーム力を上げるよう、努力が必要と感じました。


※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ
スポンサーサイト

ACLグループステージ vsブリーラム・ユナイテッド(ホーム)

毎度ご来訪ありがとうございます。

13:00の先行入場抽選に間に合うように出たつもりが
予定してた電車に乗り遅れ、万博公園駅に着いたのが
12:37ぐらい、彩都線のモノレール出発が12:53
その電車なら公園東口に到着するのが12:56で駅からスタジアムまで
ダッシュしてもギリギリ。その時は天気も良かったので
万博公園駅から急いで歩いて競技場に向かう事にした。

途中、中環と工事中の三井の間を歩いていたところ
前からガンバの練習着を着た2人組が歩いてくる
ガンバのスタッフと思っていたら、なんと、長谷川監督と片野坂コーチ(たぶん・・・)やった。
「今日はガンバって下さい」と声を掛けると軽く会釈してくれました。
ってかあの時間にどこに向かっていたのかw




さて、本日も雑感で・・・

勝ちきれないですね・・・
目に見えて少しづつ良くなってるのは分かるんですけどね

自身がガンバの試合を見てる時、決定的なシーンやパスが通ったりすると
息を飲むと言うか、胸のあたりがキューンと押しつぶされる感覚になるんですが
その回数が試合を重ねる度に多くなってるんですよね
しかしながら、チャンスを作れど点を取り切れないもどかしさ

鳥栖は、自陣の2/3に来てから積極的にプレスを掛け
最終ラインからコンパクトに配置してスペースを消し
ガンバの生命線SHを機能不全にすることにより、FW2人が孤立してましたが
前半、ブリーラムは前から積極的にプレスにきてくれたおかげで
スペースは豊富でガンバとしてはやりやすかったと思います。

そのスペースで躍動していたのが阿部
ACL2試合では、阿部らしさが見れなくて、ここのとこ秋がファーストチョイスでしたが
この試合、先発で攻守に効きまくる阿部らしさが出てたと思います。

前半39分にゴールを奪えましたが、その前、その後にも攻撃陣にチャンスがあったが
決めきれなかった。
この辺が自分たちで試合を難しくしてるように思えました。

失点は、東口のポジショニングや壁など様々な意見がありますが
自身の見解は「あの距離の直接FKは止めてくれんと・・・」です。
確かにキックも良かったと思いますが、明らかに反応が遅れてました。
ポジショニングは間違ってなかったと思いますが
直接左隅狙ってくるキックに対しては、警戒が薄かったように思えました。
選手挨拶の時、うなだれる東口と試合後のコメントを見た限りでは
それは分かってるようでしたので、次からは大丈夫だと信じます。


その後も攻めたてますが、宇佐美のボレーも枠を外れ
スタミナが切れてきて攻めてもミスが目立ち始め
思うようにチャンスが作れなくなった。

こういう時、セットプレーで取れれば楽になるのですが
あれだけ数多くあったセットプレーも工夫もなくただ放り込んで
何か起こってくれみたいな状態では難しいですね。

決してディフェンスを崩されて、力の差を見せつけられた訳でもないのに
結果が出ないのは、やっぱり点を取り切れてないかと

崖っぷちながらもグループ首位のチームに勝てば
グループステージ突破は可能性は近づく中で、勝てない勝負弱さ
昨年、自力優勝を遠ざけたドローのホーム仙台戦や
勝てば文句なしの優勝の中、降格が決まってるチームから
1点も奪えない勝負弱さからチームとして進歩がないよ


期待してるから敢えて言いますが
得点王になると言った宇佐美さん、ACLとリーグではPKの1点だけですが満足ですか?


宇佐美とパトリックの不調も勝ちきれない原因の一つやと考えてます。
パトリックもあれだけ足元が悪くロストが多い中で
良く我慢して使っていると思います。やっぱり、あの高さとか一発に賭けてるんですよ。
2人の不調は、自分で乗り切るしか無い訳でこの2人が爆発しないと
ガンバの復活はないと思ってます。


冒頭にも書きましたが、ほんとにちょっとづつ良くなってるんですよ
ただ、そのスピードが日程に付いてきてないんですね。
いつも言ってる、フィジカルを含めたコンディション
メンタル、チームとしての準備不足をここまで引きずってるんですね


もう、終わってしまった事は仕方ないので
とにかく、目の前の試合をチームとして、個人として
ベストを尽くしてほしい。

我々も、どんな試合だろうが、ガンバの勝利の為に
最後まで応援するから

※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ

vs サガン鳥栖(アウェー)

毎度ご来訪ありがとうございます。


今年も行けないアウェーは、不本意ながらもスカパーオンデマンドのお世話になりそうです。
何が不本意かと言うと、19:00同時開催の日は、しょぼいサーバー使ってるのか
何なのか知りませんが、とにかくつながらないし途中で止まる事
それさえなければ良いサービスなんですけどね


さて、今回は内容が乏しいので雑感で・・・

開始1分の宇佐美の突破からのパスをパトリックが外したの・・・
あれが入らなかったのが、今のガンバを表してるような気がしました。

序盤10分ぐらいは、宇佐美とか秋から取りに行こうと言う気持ちも見えてたし
鳥栖が試合に入れてない所で先制点取れたら
流れも余裕もできたと思うのですが、うまくいきませんね

ポゼッションはガンバですが、ほとんど攻撃につながらない後ろで回すパスばっかり
鳥栖はだいぶガンバを研究してましたね
とにかくコンパクトにして、各人の距離を短くし、ボールホルダーに人数をかけながら
うまくパスコースを消す、そしてミスった所で奪って攻撃に入る。
まあ、鳥栖が攻撃に入っても決定的なシーンはほとんど作らせてなかったんですけどね

SH、SBでビルドアップできないから、何とかしてくれ的にDFから浮き球を蹴るばかり
しかし、そんなギャンブル的なボールでチャンスを作れる訳もなく
これも鳥栖の術中に嵌ってしまってました。

戦術パトリックで攻めようとするも、そのパトリックが今日は絶不調
収まらない、チャンスを作れない、シュートは枠行かない、パスが雑で
ガンバのリズムを狂わせ続け、それ以外の策もなく

昨年のアウェー浦和戦の時も思ったけど、確かにパトリックの高さとか一発は魅力だが
通用しない時は、早々見切るべきと思うけどなぁ~
赤嶺でもリンスでも良いと思う。
そろそろ、本気で戦術パトリック以外を考えないと厳しいんちゃうかな

後半、またもや勢いは良く奪って、宇佐美がシュートを打つも緩い
失点シーンは、ジェソクの裏に張っていたキムミヌがうまかった
大明神が行くも、あの場面確かに内を絞るよね
でも、秋がヘルプに来た時は縦を切ってほしかった。
2人ぶち抜かれたらそりゃ大ピンチ、ヘルプに行った丹羽をあざ笑うように
池田にパス、ここでマーカーがいないのでは、岩下が池田の対応に行っても
良かったように思う。藤春は、ペクを見てたんですけどねニアに入って来るのを
見つけるのが一瞬遅かった。
こういう時、どのタイミングでどこを見るのか、和田コーチが入って指導してると思うのだが
まだ、落とし込みができていないのだろうか?

いつもより早かった選手交代が唯一、この試合で良かったと思った所
ただ、鳥栖が引いてたので、それで流れが良くなったのかどうかはわからずじまい

昨年のアウェー徳島戦も思いましたが、パワープレーに入るの早すぎません?
そして、その牙城を崩すことができず、徳島戦から進歩してない事を露呈
最初はドキドキしていつ取れるかと思ってたけど、時間がなくなるにつれ
イライラに変わるとこも同じでしたw

ガンバの良かった所を探したいけど、ダメだったとこにしか目が行かない。
鳥栖はほんとに、最低限の力で勝ち点3を持って行きましたね。

ガンバのトラッキングデータ見ると
FC東京戦がチーム合計115km、今回106km
今回鳥栖が110km

サッカーはマラソンじゃないけど、相手より動かないで
勝とうなんてムシが良すぎますよね
まあ、いくら走っても、シュートが枠に行かなければ無駄ですが・・・

言いたい事は色々ありますが、このくらいにします。


次は、もう後がないACLです。
選手たちの奮起に期待します。


※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ

vs FC東京(ホーム)

毎度ご来訪ありがとうございます。


いよいよ、リーグ戦の始まり
2シーズン制、チャンピオンシップなどが
どうなるかわかりませんが、長丁場の戦いが始まる。

ACLのホームは平日で寂しかったが
人の多い万博の雰囲気は良いですね。


さて、ACLとゼロックスをやって、そろそろ試合勘は戻ってきてほしい所
韓国遠征の疲労は心配されるが、既に数試合こなしたアドバンテージに
期待したい試合は・・・




皆さん仰る通り、負けに等しいドローでした。ただ、内容は良かったと思います、
結果が伴わなかったのは、監督の采配が悪かったのと「個」の差であったと思います。

お互い、慎重な立ち上がりでしたが前半の入り方は良かったと思います。
戦術パトリックで仕掛けますが、パトリックがカニーニと森重にうまく抑えられてましたね
自陣右サイドでボールを奪い、左サイドから、秋と藤春で仕掛けるパターンが多かったですが
藤春は縦に蓋をされると何もできず、秋は左サイド深いところからのラストパスが
悉く相手DFにひっかかりもどかしい展開でした。

守備に関しては危なげなく守れていた。
特に、大明神がキレまくっていて、的確なポジショニングと
バランスをもたらし、守備を締めていた。

1点目、右サイドで晃太郎が仕掛けましたがスピード感がなく囲まれ
真ん中の秋に戻す、ここで左サイドから仕掛けようと藤春へ
しかし、無理をせずにヤットに預け、宇佐美が左サイドへ開いた所を
見逃さずスルーパス、この連携は良かった。
宇佐美が前を向いて仕掛けるも抜けずエンドラインに追い込まれ
ボールがエンドラインを割ったが、笛は鳴らず、ヤットへ戻す。
F東ディフェンスがセルフジャッジで足止まり
ヤットさんがノープレッシャーになった所で、パトリックに付いてたカニーニが
シュートコースを消しに行った、その一瞬を見逃さず、ヤットさんがクロス
シュートブロックのカニーニを超えて、フリーのパトリックにドンピシャだった。


2点目、パトリックと宇佐美のワンツーは見事、ボールは過ぎているのに
梶山は綺麗にアフターで宇佐美の足を狩りました。文句なしのPK

その後、反撃に出るF東を食い止め、前線でチャンスを作るも
得点は奪えず、ここで追加点を取れなかったのが後で響いた。

そして、後半25分ごろから連戦の疲労からか全体の運動量が減り
ズルズルと押し込まれる展開
F東は、林を入れ3トップ左サイドに武藤置くも、守備のスペシャリスト
ジェソクがよく対応できていた、しかし、クロスでそれが崩された。

1失点目、フリーキックからのリスタートでディフェンスラインが乱れていた。
右からの林のクロスに前田がサイドに流れる、それに対応したのはジェソク
ミスマッチで前田に折り返されてしまう。武藤に拾われゴールを背にするも
ターンと同時にシュート、丹羽は、あのタイミングで来るとは思ってなかったね
これは、何とかできたのにその判断ミスによる失点と思う。

ここで、バテバテの晃太郎か秋に代えて、阿部を投入してほしかったのだが
投入したのはリンス、しかも宇佐美と、この采配の意図がわからん?

そして、いつまでもカードを切らないまま、失点

2失点目、起点は藤春の浮き球のボール処理ミス、処理を誤ったボールを
拾われて、前線に送られたボールに秋が触りコースが変わった。
それで無理な体勢になったのはわかるけど、流石に真ん中に
蹴ったらあかんやろ、岩下よ・・・
まあ、とっさに来たボールをうまく前に落として
思いっきり良く打った武藤を褒めるべきかもしれんが・・・

で、またもや点取られてからやっと晃太郎に代えて米倉投入
ロスタイム数分で何をしろと・・・

組織ではうまく守れてたけど、結局「個」の不味さで勝ちを逃した。

昨年から、あまりメンバーが変わってない中で上積みが求められる今年は
やっぱり、個のレベルアップが必要不可欠。それは、守備にしても攻撃にしても

2点目取ってからチャンスはあったのに取り切れない宇佐美
負け試合を、個の力でドローに持っていった武藤
宇佐美が武藤に劣っているとは思わんし、スタイルも違うけど
エースってのはああいうもんやで、結果で示さんと

守備も組織で守ってても、最後にはその局面の対応力が求められる
簡単に振り向かせてシュート打たせたり、クリアミスしてたら
勝てるもんも勝てん。

そして、監督の采配にも上積みがない。
相変わらず、カード切るタイミングは遅く、手遅れ状態
城南戦から何を学んだのか?
連戦の中で出場時間を考えたりしてるかもしれんけど
その数分の遅れが、結果に結びついてる事を良く考えてほしい。

いきなり、個の力が上がるとも思えないけど
とにかく、去年と同じように、目の前の試合を
もっと全力でやらないと、後に後悔するように思える。


この試合、F東も繋いでくるスタイルであまり速攻がなかったので
守りやすい部分もあったが、今度は、縦に早く
1発で仕留めれる豊田のいる鳥栖が相手
毎回アウェーでは守備をこじ開けれず、カウンターで沈むパターンなので
どのように対応するのか、楽しみにしてます。

※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ

ACLグループステージ vs城南FC(アウェー)

毎度ご来訪ありがとうございます。

自身の知り合いが、軒並み韓国へ行ってたので驚きました。
試合中に抜かれた映像も、知り合いがよく映ってました。

来年、機会があれば是非行きたいものです。
その前にパスポートが必要ですが・・・

今回も雑感で・・・

内容の良くない試合が続き、しかも中2日
劇的に変化するとは思ってませんが、初戦をホームで落としてる以上
ゼロックスのように、セットプレーでも、相手ミスでも何でも良いから
得点を上げ、勝ち点3をもぎ取って帰って来て欲しかった。

序盤、悪くない入り方でしたが、守備に入った際
常に後手後手に回り、簡単に繋がれていた。
とにかく、ボランチと最終ラインの守備の連携が悪く
無駄に相手にスペースを与えてた。
特に、ヤットさんと小椋のバランスが無茶苦茶で
何とか最終ラインが踏ん張って事なきを得ていた状態。

PKのシーンも高い授業料ですね・・・
どこかの記事で、今シーズンから手を使った守備に対して
厳しくなると言うのを目にしましたが、まあ、あんなに目の前であからさまにやったらね・・・

小椋なりに必死やったと思うし、攻める気はないですが
やっぱり、余裕がないんでしょうね、今のガンバを表してる気がしました。

PKのシーンよりも、その前に簡単に右サイドを突破された
守備の仕方のほうが問題と思います。

先制された後ですが取り返しに行かないといけないのに
テンポアップしない、シュート打たないでズルズル時間だけが過ぎて行った。

後半、変わったのは大明神だけ
確かに、ボランチのバランスは良くなりましたし
その分、攻撃もマシにはなりましたが、あまりにも悠長じゃないですか、監督?
2点目取られてから2枚投入ですか、残り20分で3点ですか
なかなか厳しいノルマ課しますよね。

この試合で唯一良かったのは、リンス
動き出しとか、スペースの見極めとか
前へ前への気持ちは良かった。
相方は、パトリックでなく宇佐美でもっと長い時間見ていたい。

試合後の監督のコメントより
Q リンス選手を先発させたり、オジェソク選手をサイドバックにと。選手を変えながら確実に戦っていくということの難しさのようなものを何か感じておられますか
A シーズンの初めなんで、どの布陣がベストかわからない中で、色々な選手を使いながら、見極めていく必要があると表います。(←思いますやろw)中2日のゲームですし、チーム全体で戦っていく必要があると思っていますので、新しく入った選手がどう、というよりも、今日開始8分に失点をして、城南が一番戦いやすい形に持ち込んでしまったことが難しいゲームにしてしまったのでは。

いつまでプレシーズンマッチをやってるつもりなんでしょうか?
だから、試してるうちにグループリーグ終わってしまいますから
見極めてる暇ないんですよ、その場で状況に応じて
最善の決断していかないといけない。
ってか、去年からそんなにメンバーが変わってない中で
キャンプで見極めが終わってないのはいかがな物か?

リーグは、今年から2シーズン制になりますが
トータルで見ると長丁場で、後半に取り戻す事は可能
しかし、ACLは今、結果残さないと苦しい
ちょっと、ACLを舐めてませんか、監督?
まあ、選手もやけど

2位通過するには、最低勝ち点9は必要やけど
得失点差が今で-4なんでかなり厳しい
それを考えると、全勝しかない。

3/18のホームの試合まで、リーグ戦もあるし
それまでに戦えるチームを作ってください。


※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ

ゼロックススーパーカップ vs浦和レッズ

毎度ご来訪ありがとうございます。

ゼロックス杯はテレビで見てました。
今回も雑感で


結果と失点しなかった事は良かったと思いますが
得点もセットプレーと相手のミスからで
レッズが自爆したような印象でした。


前回の対戦は、ガンバの4バック2ボランチに対して
常に数的優位に立てるように人数をかけ
サイドから仕掛けてきました。

今回の対戦も、サイドの高い位置のに
平川と関根を張らせて、2シャドーと連携することにより
ガンバのサイドバックを封じ込めサイドハーフも
守備に追われる形は前回の対戦と変わらない構図

圧倒的にレッズのポゼッションでガンバは
後ろからつなぐことができず、苦し紛れの縦パスを
宇佐美と赤嶺めがけて蹴るも、ほとんど収まらずにカットされる。
前半は守ってるだけで終わりました。


後半、頭からガンバは勇気を持って、サイドバックを上げ
前半より攻撃の主導権を握れるようになった。
パトリックの投入によって、戦術パトリックにシフト
パトリックの個人技によって得たCKから宇佐美がゴール
ある程度予測し飛び込んで奪ったゴールは良かったけど
その後の1対1を外したのはいただけない。あれを決めてこそエース

2点目は、槇野の蹴ったボールがヤットさんに当たって
フリーのパトリックへ渡り、個人で持ち込み1度シュートが
引っかかったものの再びいい所にボールが戻ってきて押し込んだ。


守備は、失点しなかったしチャンスらしいチャンスも作らせなかったが
昨年のように攻めてきたレッズに対して、昨年のように守っただけで
あとは、ジェソクが守備の安定をもたらしたように思える。
正直、レッズ以外のチームと対戦しないと真価は問えない。

得点シーンもセットプレーと相手ミスからの個人技だけ
パスをつないで崩したり、クロスからでは
まだ、得点の匂いすらしない。赤嶺がフィットできておらず
戦術パトリックと宇佐美が封じられた際の+αになるのは
だいぶ先の話になりそう。

昨年は序盤に調子悪くても、宇佐美復帰とパトリック加入が起爆剤となり
攻撃力が増したが、今年、既に2人がいる状態で、攻撃の調子が悪ければ
何を起爆剤にすれば良いのか?

結局、宇佐美や以外の攻撃陣のパフォーマンスを昨年以上に上げるしかない

その事が分かってないと、セットプレーや相手ミスのような
水物の得点チャンスしか得点できない。そんなチャンスはそうそう無い訳で
それだけでは勝ちを積み重ねるのは難しい

この試合の前半の劣勢を前半の内に自分たちの力で
ひっくり返せるチーム力がないとこの先は厳しいと思った。

この試合の収穫は、今ガンバでコンディションの良いのが
リンスと秋って事がわかった事ぐらい。
この2人を是非、先発で使ってほしい。
逆にコンディションがしばらく上がりそうにないのが晃太郎
途中出場で様子見たほうが良いのではないか?

この試合、勝った事で安心してるかもしれないが
ACLやこれから始まるリーグはこの試合とは別物と思って
油断せず厳しい日程だけど、準備してほしい。

※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ
プロフィール

たまえもん

Author:たまえもん


ゴール裏

「誠」とは、「言って成す」つまりは有言実行あるのみ!

応援はゴール裏で熱く

ブログでは、冷静に書きます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数:


現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。