スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ

vs ヴィッセル神戸(アウェー)

毎度ご来訪ありがとうございます。


試合開始20分ぐらい前にスタジアムに到着したので
スタグルは堪能できず・・・
到着した時には急いでたので汗だく、今日も湿度は高し
DSC_0999.jpg
さて、2連勝の良い流れをつなげたい
「勝ってる時はいじるな」でメンバーは前節と同じで
秋はベンチスタート、パトリックには前節と同じ
パフォーマンスを見せてほしい試合は・・・




セットプレーで3点ありましたが、2点は流れから
よく取りました。この3試合先制できているのは
大きいと思います。
それに、危険なシーンや多少運も味方したが
岩下、西野、ジェソクがしっかりと守備をしてくれ
耐える時間をしっかり耐えれたのが
この大量点につながったと思いました。


序盤は、ほぼ互角にチャンスを作るが決めきれず
その序盤でちょっと神戸のディフェンスが集中を欠いた。

1点目、左FKからのリスタートをつなぎ宇佐美が縦にパス
晃太郎がドリブルでやや深い位置までいきサイドの阿部へ
その時間を使って上がって来た宇佐美へ渡すと
右足一閃、アウェー側からは入ったのか何なのかわからなかったが
宇佐美が喜んでいるのを見てゴールだとわかった。
晃太郎がドリブルで持ち上がりDFラインを下げ、作ったスペースに
宇佐美といい攻撃でした。


1失点目、西野の手に当たったのは事実で
あれは審判によって、取る取らないはあるでしょうが
取られても仕方がないと思います。別に西野が悪いとは思いません
しかし、ペドロがダイアゴナルランで裏に抜けようとした時
岩下はオフサイドを取りたかったみたいですが、ラインが揃ってなかった。
ラインコントロールをミスってました。そこが問題だと思います。
ペナに入られた以上は、西野が振り切られて決められてたかもしれないし
強引にペドロがシュートを打って、西野に当たって
入ってしまうなどもあり得る訳です。
今回は不運にも手に当たってしまいましたが
そういった形でピンチになるので、できるだけペナに入らせないような
ディフェンスの仕方をしなければならない。


2点目、西野はよく折り返しました。
GKの山本は出たら触らないといけないのに
出遅れて、西野が先に触ったのはラッキーでした。
後は、宇佐美が無人のゴールに流し込むだけでしたね。
セットプレーからの得点は久しぶりのような気がします。


神戸は、マルキーとペドロに攻撃は頼りすぎですね
マルキーとペドロ狙いの中央への縦パスがばかりだったので
岩下、西野は守りやすかったと思います。
このCB2人のコンビネーションはだいぶ良くなりましたね。
どちらかがチェックに行ったらどちらかがカバーの関係が
しっかりできていて、特に西野はチェックに行くタイミングと言うか
読みが良くなって、相手に渡る前にカットができてました。
ただ、やっぱり前線へのフィードやパスが悪かったりするので
そこは練習が必要やけどw

また、神戸はサイド攻撃がほとんどなかったのも
ジェソクがかなり効いてました。
ペドロとのマッチアップも、負けてなかったですし
米倉も多少、上がった裏を狙われる場面もありましたが
献身的なディフェンスができていたと思います。

3点目、神戸のディフェンスラインのミスですね
パトリックなんか絶対マークすべき相手なのに
ゾーンディフェンスに縛られてるからそんな事になる
まあ、きわどいタイミングで、リプレイ見ても
オフサイドかどうかはわかりませんが
ヤットさんのプレースキックは良かったです。

ハーフタイム、AKBが来て「恋するフォーチューンクッキー」を唄う
周りはみんなノリノリで一緒に唄ってましたw
DSC_1000.jpg

後半、序盤はガンバがチャンスを多く作ったが決めれなかった。
ここで流れが悪くなり後半15分を過ぎて、運動量が落ちると一気に
神戸が攻めたてた。でポストを叩くシーンもありましたが
よく凌ぎました。ここで入れられれば3-2
1点差になるとこの試合わからなくなる。
次の1点が重要だったが、ガンバが簡単に追加点をあげた。

4点目、またもや神戸のお粗末なゾーンディフェンス
ボールに対して、飛んでるのは相手1人だけとかw
ヤットさんのボールもいい感じで巻いてきたし
フリーでパトリックにやらしたらそりゃ入れられるよ

余裕のガンバのゴール裏からパスがつながる度に
「オーレ」の声が上がる、その声が得点を呼び込んだ。

5点目、余裕でパスをつなぎ様子を伺いながら宇佐美が
逆サイドのパトリックへ大きくサイドチェンジ
これが攻撃スイッチになった。
サイドのパトリックからパスが来たが、雑なパスで
阿部が浮かせて一人かわし、スペースで左ボレー
ポストに当たり、サイドネットに触れて入った事がわかった。


5点取って、攻撃に目が行きがちだけど
セットプレーで3点。
ガンバはセットプレーからの得点は少ないほうだったけど
パトリックのおかげで脅威となった。
パトリックにマークが付けば、岩下、西野あたりのマークが薄くなり
バリエーションが増える。


前節のパトリックのパフォーマンスは良かったけど
それ以上にこの日のパフォーマンスは良かった。
前で基点になれるし、ロチャのように簡単にロストしない
足は速くは見えないけど、大きなストライドで
相手より先に追いつくし、体の使い方もうまい。
これからマークがきつくなってくるが
そうなると、宇佐美や他にチャンスが回ってくる。

宇佐美はガス欠になるのが早い。
90分間走れんかったら、代表行っても厳しいで

ディフェンスラインの好調さが攻撃にもいい影響を与えて
やっと攻守がかみ合ってきた。
この調子を持続して夏場を乗り切ってほしい。


皆様お疲れ様でした。



※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ
スポンサーサイト

vs 清水エスパルス(ホーム)

毎度ご来訪ありがとうございます。


ホームゲームですが仕事で観戦はできませんでした。
自身の仕事場は吹田で、万博から直線距離で4~5kmぐらい
離れている場所ですが、夜10時に仕事が終わって外に出ると
ものすごい湿気がありましたね。
応援している皆様の体調や選手の疲労度が心配になるくらい・・・


さて、勝ったものの、内容が今一つ物足りなかった前節
中3日で立て直すのは難しいかもしれないが
反省して、少しでも内容を詰めて結果を出してほしい試合は・・・


決めるべき所で決め、しっかり守れてた事は事実で
完勝・・・ 確かに完勝なんですが
清水が悪すぎたと言うか、甲府と全然違って
6試合連続勝ちなしの勢いそのままで来てくれたので
何とも評価しづらい試合だと思います。


1点目、ショートコーナーからヤットさんのクロスは
大外の岩下、パトリックに合わせるが、岩下に当たって落ちる
ってか、岩下とパトリックはセットプレーの時かぶりすぎw
落ちたボールに宇佐美が体を張って相手クリアを阻止したおかげで
ちょうど良いボールが阿部の前へ、うまくコースに流し込んだ
セレッソ戦もコーナー崩れを叩きこんだし、良いポジション取り


2点目、スローインからの流れ、米倉からのボールを阿部が落として
再び米倉へ、この時パトリックがドフリー、スローインから
ボールが入った時、完全に清水がラインコントロールをミスってる
パトリックをオフサイドにしようと思ったのかヤコヴィッチが
ラインを上げてたが、吉田はボールしか見てなかった。
簡単に米倉がパトリックにボールを叩き
目の前には広大なスペースへパトリックが切れ込み
入り込んで来る晃太郎へパス、良く見てた。
晃太郎も浮かさずうまく流し込んだね


試合見てても、ガンバの良さより清水のダメさが目立って仕方ない
とりあえず、ラインコントロールが無茶苦茶、ボランチも連動してない
ラインを上げれば、パトリックと宇佐美に裏を狙われ
ラインを下げれば、ボランチの周りにスペースができ
そこを、ガンバにいいように使われ、特攻今ちゃんのプレスがはまる
パトリックの良さを引き出してたのは
むしろ清水のディフェンスラインなんじゃないかとw
前節の甲府に手こずるガンバを全然見てないね

解説の安永が言ってたけど
「ボランチとの連係をもう少し強固にして、中を絞った状態から追い始めないと」
もう、これが皆無の上にゆるゆるプレス、あれだけヤットさんや他に
前向いてプレーする時間与えたら、こっちのやりたい放題
ガンバが圧倒してたと言うよりは、清水が自爆してた。

3点目、ヤットさんのキープから宇佐美が降りてきたところにパス
右サイド、米倉はドフリーで縦に駆け上がり、アーリークロス
ニアで阿部がDF釣って、空いたスペースにパトリックが飛び込んで
ゴール、この時、ガンバは3人ペナに入り込んでいる。
素早く攻撃できた事が良かった。


3点取ってからはペースダウン、相手にある程度ボールを持たす余裕もあった。
DFラインは安定してたと思う、ただ、清水の仕掛けはほとんど怖くなかった。


4点目、佐藤のパスはリンス狙いだったが、フタがしっかり追いかける
そこでトリッキーなヒールパス、ヤコヴィッチは集中切れてたし
あそこでヒールは想像すらしてなかったやろうね
リンスは得意の形に持ち込む余裕もあった。


決めるべき時には決めたし、相手がチグハグな所をうまく突けたのは
評価できるけど、中断期間中の成果が出たのか、チーム力が上がってるかは
もっとプレスのきつい相手と戦ってみないと正直わからない・・・
ってか、相手の状態が悪くなくても、これぐらいはやってもらいたい。

宇佐美は降りてきて、チャンスメイクするシーンが多くてシュートもGK正面が多かった。
チャンスメイクすることは悪くないけど、もっと仕掛けてシュート精度上げないと

パトリックは今回ハマったけど、相手マークがきつくなったときどうか?
ただ、使える目途は立ったので、秋も入れると攻撃陣の層が厚くなったのはありがたい。


今節の良かった所は継続できるよう
慢心や油断せずに、次の試合も良いパフォーマンスができるよう調整して
次に臨んでほしい。

現地で応援されてた皆様、お疲れ様でした。


※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ

vs ヴァンフォーレ甲府(ホーム)

毎度ご来訪ありがとうございます。

ブログ放置してすいませんでした。

日本代表に関しては、散々メディアで言われてるので
もう、言うことはないかなと

ベスト16以上の試合はどれもすごかったですね
ほんとに日本がこの大会にいたのかと・・・
世界との差を感じました。
日本がベスト8に上がるには、アジア予選を
全て5-0で勝つぐらいじゃないと無理と感じました。

高級レストランのフルコース、ワールドカップも終わり
行きつけの定食屋、ラーメン屋、おらが町のJリーグが再開
週末にフットボールがある日常が帰ってきました。


この日は、仕事の為、先行入場前に万博到着
やっぱり、先行入場抽選に参加しないとしっくりこないw
感覚と言うか、ペースが狂う。
抽選番号見て一喜一憂するのもまた楽しですねw

小腹を満たしに横丁へ
DSC_0993.jpg
インド人?のタンドリーチキン、クンテープのチキンも美味しいけど
こっちも美味しいです。

DSC_0996.jpg
夏と言えば、やっぱりクンテープのマンゴーかき氷
練乳要らないって言ったのですが、お姉さんマンゴーソースかけるのに必死で
その勢いで普通に練乳もかけてくれましたw 気づいて「すいません」と言って
作り直ししようとしてくれましたが、「いいですよ」と言って
そのまま受け取りました。まあ、ご愛嬌



さて、現状16位からの脱却
インドネシア遠征も中止になり、国内でキャンプを行った成果がどうか?
天皇杯は、ほぼガチメンバーで順当に勝ち調整もできた。
相手は、降格争い中の甲府、勝てば降格圏脱出の試合は・・・


ホームの試合やし、現状を考えると勝ちは必須、勝った事には満足してますが
中断前までの内容や16位と言う結果を考えるとチーム状態は良くなかったはず。
中断期間に分析し、弱点を克服し更に発展させる事ができたはずなのに
その成果がまったく表れていない試合内容に不満を感じずにはいられませんでした。

先に得点シーンプレビューすると
1点目、相手のプレッシャーがきつく前へボールを運べない中
宇佐美が降りてきてスペースを使い、溜めてくれたおかげでようやく打開できた。
ジェソクが上がってくる時間ができ、宇佐美から左サイドジェソクへパス
再び、ペナの中に入った宇佐美にパス。
相手DFは宇佐美のドリブル警戒して飛び込めない所を逆手に取った。
シュートを打てる時間と間合いがある中、あそこしかないってとこに
蹴って入れたのは、技術の高い証拠、流石です。


2点目、ゴールキックからの流れで相手に取られそうになりながらも
なんとかうまくパスをつないで左サイド、晃太郎から宇佐美にパス
宇佐美からDFの間を通して、最終ラインの間に顔を出した秋にパス
トラップが浮いたので「あっ」と思ったけど振り向きざまシュート
綺麗にミートしなかったけど、それが逆に良かったのか
コースに飛んだ

ただ、この試合の攻撃陣の見せ場はこれだけ・・・

試合全体を通しては、ボールへの寄せ、セカンドボールの反応
パスを出してからの動きなどは完全にガンバは甲府に負けていた。
一番悪かったのは、今ちゃん、ヤットさん
最終ラインの連携がとれてなくバイタルを開けてそこを
ジウシーニョとクリスティアーノにつかれた。
ハッキリ言って、今ちゃん、ヤットさんが適当な守備するから
誰が誰にディフェンスについてどこでボールを取るってのが
まったく無く、来た相手、来たボールの対処に追われるばかりやった。
岩下と西野がその尻ぬぐいをさせられ
阿部も晃太郎もサイドや周りをケアするのに必死やった。
ワールドカップで2人は抜けてたとは言え、ちょっと酷くない?

なので、ボールが取れても自陣の低位置からの攻撃スタートになるし
宇佐美と秋は孤立して中盤と分断されていた。
攻撃に転じても、前の動きが少なくパスの出しどころがなく
無理にパスを出して、取られるの繰り返し
悪いときのガンバのパターン

そりゃ、2点リードで多少緩むのもわかるし守備的になるのもわかるけど
後半は攻撃の糸口さえつかめず、何もできんかったやん
毎試合先制してリードして逃げ切れるの?
先制されたり、ドローで後半迎えた時どうやって追い上げるの?

パトリック投入したら、打開してくれとばかりにパトリックにボールいれるけど
パトリックはフィニッシャーでしょ?
周りが打開してパトリックを活かすようお膳立てせなあかんのちゃうの?

あと、やっぱり走れてない、ワールドカップ見てたでしょ?
ベスト16に進んでるチームはみんな良く走るし守備をさぼらない。
前線からプレスをかけ取ってから素早く攻撃につなげるチームがほとんど
ガンバのポゼッションを捨てろとは言わない。
でも、柔軟に対応しないと遅攻だけではどうにもならんのはわかってるでしょ?

守備は確かにガンバってたよ、でも甲府には強力なフィニッシャーがいなかったから
踏ん張れたとも言える。今回勝てたのはその差だけで、ほんとにたまたま
勝ちに不思議な勝ちあり、負けに不思議な負けなしとはよく言ったものやわ

中断前は、良いときは良い、悪いときは悪いで不安定
悪いほうが多かったから16位だったんでしょ?

結果良かったものの、ほんまに、こんなラッキーな試合は続かない
混戦のJ1、連勝しないと抜け出せないし
連勝するには、やっぱり内容を詰めて、安定した戦い方をしていかないといけない。



幸い、監督も選手も浮かれてなさそうなので
中3日しかないけど、しっかり修正して戦ってほしい。

次は仕事でリアルタイムでは見れませんが楽しみにしてます。


皆様お疲れ様でした。

※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ
プロフィール

たまえもん

Author:たまえもん


ゴール裏

「誠」とは、「言って成す」つまりは有言実行あるのみ!

応援はゴール裏で熱く

ブログでは、冷静に書きます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数:


現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。