スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ

ゼロックススーパーカップ vs浦和レッズ

毎度ご来訪ありがとうございます。

ゼロックス杯はテレビで見てました。
今回も雑感で


結果と失点しなかった事は良かったと思いますが
得点もセットプレーと相手のミスからで
レッズが自爆したような印象でした。


前回の対戦は、ガンバの4バック2ボランチに対して
常に数的優位に立てるように人数をかけ
サイドから仕掛けてきました。

今回の対戦も、サイドの高い位置のに
平川と関根を張らせて、2シャドーと連携することにより
ガンバのサイドバックを封じ込めサイドハーフも
守備に追われる形は前回の対戦と変わらない構図

圧倒的にレッズのポゼッションでガンバは
後ろからつなぐことができず、苦し紛れの縦パスを
宇佐美と赤嶺めがけて蹴るも、ほとんど収まらずにカットされる。
前半は守ってるだけで終わりました。


後半、頭からガンバは勇気を持って、サイドバックを上げ
前半より攻撃の主導権を握れるようになった。
パトリックの投入によって、戦術パトリックにシフト
パトリックの個人技によって得たCKから宇佐美がゴール
ある程度予測し飛び込んで奪ったゴールは良かったけど
その後の1対1を外したのはいただけない。あれを決めてこそエース

2点目は、槇野の蹴ったボールがヤットさんに当たって
フリーのパトリックへ渡り、個人で持ち込み1度シュートが
引っかかったものの再びいい所にボールが戻ってきて押し込んだ。


守備は、失点しなかったしチャンスらしいチャンスも作らせなかったが
昨年のように攻めてきたレッズに対して、昨年のように守っただけで
あとは、ジェソクが守備の安定をもたらしたように思える。
正直、レッズ以外のチームと対戦しないと真価は問えない。

得点シーンもセットプレーと相手ミスからの個人技だけ
パスをつないで崩したり、クロスからでは
まだ、得点の匂いすらしない。赤嶺がフィットできておらず
戦術パトリックと宇佐美が封じられた際の+αになるのは
だいぶ先の話になりそう。

昨年は序盤に調子悪くても、宇佐美復帰とパトリック加入が起爆剤となり
攻撃力が増したが、今年、既に2人がいる状態で、攻撃の調子が悪ければ
何を起爆剤にすれば良いのか?

結局、宇佐美や以外の攻撃陣のパフォーマンスを昨年以上に上げるしかない

その事が分かってないと、セットプレーや相手ミスのような
水物の得点チャンスしか得点できない。そんなチャンスはそうそう無い訳で
それだけでは勝ちを積み重ねるのは難しい

この試合の前半の劣勢を前半の内に自分たちの力で
ひっくり返せるチーム力がないとこの先は厳しいと思った。

この試合の収穫は、今ガンバでコンディションの良いのが
リンスと秋って事がわかった事ぐらい。
この2人を是非、先発で使ってほしい。
逆にコンディションがしばらく上がりそうにないのが晃太郎
途中出場で様子見たほうが良いのではないか?

この試合、勝った事で安心してるかもしれないが
ACLやこれから始まるリーグはこの試合とは別物と思って
油断せず厳しい日程だけど、準備してほしい。

※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ
スポンサーサイト

vs 浦和レッズ(アウェー)

毎度ご来訪ありがとうございます。


都合により、現地に赴けず
リアルタイムでテレビ観戦してました。



さて
内容よりも結果、とにかく目の前でシャーレを
掲げられる事があってはならない。
しっかりこの試合に集中して準備し
ナビスコ優勝の勢いを持ち込みたい試合は・・・




良くも悪くも、今年のガンバの試合でした。
相手より勝ちたいと言う気持ちと
チームの総合力が少しだけ上回った分
こちらに勝利が転がり込んできました。



序盤、戦術パトリックで仕掛けて行ったのは
ガンバだったが、パトリックに収まらず
ロストするシーンが増えていくにつれ
レッズのポゼッションが多くなってくる

ただ、レッズも真ん中を固めるガンバディフェンスを崩しきれず
ナビスコカップの時はガンバの両サイドバックが
高い位置を取って相手の両サイドを牽制してたけど
この試合に限っては、下がり気味でその前のスペースをうまく使われ
レッズが仕掛けてくる分押し込まれた。しかしながら
こちらのしょーもないパスミスとかでチャンスは作られるものの
決定的なシーンを作るには至ってない。

広島のように、あまり高さのないレッズが
早めにクロスを入れてくるのは、ナビスコ決勝の後半同様に
あまり怖いものではなかった。

ガンバのディフェンスを崩すにはってか、どこもチームも
崩すにはそうだと思うけど、いかにセンターバックを
釣り出すかなのだが、レッズは勝負を急ぐあまり
早めにクロスを入れてたり、ガンバのディフェンスラインの前で
とにかく打開しようとしていた。その分対応しやすかった部分は
あったように思った。

レッズの攻撃をしのぎ、遅攻、速攻を繰り出すガンバだったが
こちらもうまくいかない。
特に、パトリックにいつものキレがなく、ロストを繰り返す。
宇佐美も消えてて、今年のガンバの課題
2トップが機能しなかったら、何もできない事象が勃発

後から監督のコメントでパトリックは
コンディションが良くない事はわかったけど
この試合のガンバの攻撃はどこまでパトリックを引っ張るかが
ポイントになると思った。もちろん、ナビスコ決勝を見てたら
一発があるので引っ張りたい気持ちはわかるし
実際、宇佐美からのフィードをヘディングで合わして
惜しいシーンも作ったが、元々、足元がうまいほうではないけど
とにかくこの試合は収まらなく、槇野にも抑えられ
正直、後半スタートはリンスと交代が妥当と思っていた。



後半、早めに交代カードを切って来るレッズだったが
攻撃のペースは前半と変わらず。

ガンバは、宇佐美をあきらめリンスを投入した。
自身の考えは、パトリックの高さをあきらめ
リンスと宇佐美の個でディフェンスラインを打開するのが
妥当と思っていただけに「うーん」と思ったけど
秋を投入し、パトリックもあきらめ、佐藤を投入する采配は
まだ、攻撃をあきらめてない交代で好感は持てた。

そして、我慢に我慢を重ねた終盤

1点目、岩下のファール、カードは余計だと思いますけどね。
慎重にいかないといけないFKで、散々跳ね返されてる
ニアにボールを入れてくる柏木が既にイケてないw
で、ヤットさんの跳ね返したクリアは鋭い鬼パスだったが
阿部が神トラップしたwこれは大きかった。
リンスに預けて縦に急ぐ、ディフェンスを引き付けて阿部へ
阿部は詰められていたが、蹴ったボールは、更に縦に走っていた
リンスへとつながるラッキー、また引き付けて
今度は、佐藤へやさしいパス、思いっきり打ってもいい場面で
しっかりインサイドでコースへゆっくりとしたボールで
流し込むのは佐藤らしいw


取られた事で前に出てくるレッズだが
焦りでチグハグ、そうしてるうちにガンバがボールを前に運び
右コーナーで時間を稼ごうとボールを回す。

2点目、槇野の敵へのスローインと李忠成の雑なヒールパスが起点
その雑なヒールパスを今ちゃんが拾い、ドリブルでつっかけ
左サイドフリーの秋へパス、秋はうまくボールを呼び込み
自分の得意な形に持っていってシュート


勝負を分けたのは最後まであきらめない姿勢と集中力
プレーの丁寧さ、チーム力だと思います。


1点目、阿部とリンスで丁寧にボールを運んだ
阿部のパスは相手にカットされそうになったが
運よくリンスの前に落ちた。このボールはあきらめない姿勢が
生んだものやと思うしリンスもしっかり前に走ってた。
その後もリンスの佐藤へのパスは丁寧やったし
ここって時に、佐藤はゴール前までしっかり走りこんでるし
インサイドで丁寧にコースに流し込んだ。
交代した3人が一人ひとりが高い集中力を持って前に出て行った結果。
これぞ、チーム力。

点を取られてから、レッズは浮き足立ったのか
雑にボールを前に蹴りこむだけ、ガンバが右サイドにボールを運び
2点目の起点となった槇野のスローインも味方に合わず敵に渡すし
李忠成のヒールなんか適当やん、そんな雑なプレーで点取りに行こうと
勝とうと本気で思ってるのか?

で、極め付けは怪我が治ってない興梠の投入
100歩譲ってベンチに入れるのはいいよ、味方の士気を上げる為にも
でも、出場さすって、本気でこの試合勝とうと思ってたのか?
長谷川監督が試合後のコメントで「ハッキリ言えばうちは
18名誰が出ても戦えるメンバーをそろえたと思いますが、
浦和は17名だったんじゃないかなと思います」と皮肉ったけど
ほんまに、ガンバを舐めてるのか?

もし、宇佐美が怪我が治ってないのにベンチに入っていて
強行出場させて、負けて怪我悪化させたら、俺なら監督にブチキレる

この試合で、状況は劣勢だが、とにかく残りリーグ2試合に
全力を注ぎたい気持ちが強くなった。


現地で応援された皆様、応援の声、テレビで聞いて素晴らしかったです。
その声がガンバのディフェンスラインを支え、得点を生んだと思いました。

皆様、お疲れ様でした。


※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ

vs 名古屋グランパス(アウェー)

毎度ご来訪ありがとうございます。

2年ぶりに豊田スタジアムに行ってきました。

朝7:30にJR茨木出発、ちょうど出勤時間と重なり
車が多い区間もあったが順調で多賀SAにて仲間と合流
10時すぎに到着

14000801530.jpeg
相変わらずいいスタジアムですなぁ~
14000801190.jpeg

今回は最前列で応援になりました。
14000802420.jpeg
この日は「グラグルメサミット2014」で全国からお店が集まっていたけど
食べたいのはやっぱり名古屋メシ
バックスタンド側とメインスタンド側に屋台が分かれていた。
まずはバックスタンド側
14000802090.jpeg
きしめんと味噌串カツ
きし麺はシコシコしてうまかった。
串カツも美味しい。

メインスタンド側

こちらはどこも列が長くてすぐ食べれるモツ串を食べた。
14000801330.jpeg
牛かと思ったけど豚モツぽい・・・
14000801690.jpeg
名古屋城おもてなし隊の信長がいたので撮影
グラサポでないからか、あまり愛想良くなかったw





さて、徳島相手では現状はいまいちわからない、上位と戦ってこそ計れるチーム状態
勝って連勝し一つでも上を目指したい。G.Wの連戦最終
中4日は相手も同じで、気温も高めだが、乗り切ってほしい試合は・・・


勝った事は嬉しいですが、内容と結果が一致してないですね
内容は良かったと思います。リーグ戦では一番良かった。
しかし、決定機を外しすぎ、4-1、5-1で終わってもおかしくなかったが
1点差で終盤バタバタしてしまうところを見ると
安定感に欠ける


序盤、どちらも様子見ながらで
少し押し込まれ、FKを与えてしまうけど
徐々にペースをつかんで主導権を握れました。


とにかく前線の動きが良かったです。
セカンドボールは拾えましたし、各人が間に顔をだし
パスもスムーズに回ってました。
宇佐美が前線で溜めを作ってくれることも大きい。

この日はヤットさんがバランス取ってやや下がり気味やったけど
良パスが出てたし、今ちゃんは吹っ切れたのか
攻撃のパス回しに参加してサイドに開いたりと
動きが良かったです。このボランチの関係が良いのかも
あと、試合後のコメントにもありましたが
ガムシャラにやってるってのが良かったと思います。
あまりネガティブに考えないでそのほうが
良い結果が出るし続けてほしいですね

いいところまで行ってCK取ってくるけど、ほんまガンバCKが入らんね
高さがないのは仕方ないけど、西野や岩下(この日はバットマンだったので
あまりヘディングさせたくないけど)がいるし、徹底的にこの2人狙って
ボール入れてみて警戒されだしたらショートコーナーから
ミドルシュート狙うとかもう少し工夫はないものか?
CKに逃げておけば、ガンバの場合セーフティーって思われたら
攻めにくくなるのは自分達やで

あと、いいところまで行ってフィニッシュが甘かった要因の一つは
闘莉王の存在があったと思います。
クロスは悉くはじき返されるし、足元もうまいし読みも鋭く
ラストパスはカットされるしフォローも早くて
最後の仕事を全然させてもらえない。敵ながら感心しました。
すでにW杯のメンバーが発表されましたが、自分なら間違いなく選んでます。
4年前から全然衰えてなかったですね

後半に入り、両チーム各人に運動量に差が出始めた。
ガンバはフタの運動量が落ち集中力を欠いたのか
変な取られ方をしてピンチになり、わざと潰してイエロー貰ってましたね

早めの交代カードは晃太郎、しかし、これがジョーカーどころか無双のカードだったとはw
ガンバのポゼッションにつき合わされ、体力削られてた名古屋には
フレッシュな晃太郎にまったく何もできませんでしたね
ゴール裏ピッチを見て右一番前でガンバの左サイドがよく見えましたが
マッチアップの矢野はヘロヘロでしたからねw


1点目、相手右サイドから早め入れてきて永井がトラップミス、藤春が拾ってヤットさんに預ける
グランパスは攻めていたのでラインは浅め、そこを秋がついて裏のスペースへ走ると
ヤットさんから絶妙フィードが飛んでくる。グランパスはあれだけヤットに時間与えたらあかんわw
左サイド秋から中の宇佐美へ、宇佐美がヒールで華麗に流すとつめた晃太郎が潰された。
この時、一瞬グランパスの選手の動きが止まった。PKとかシミュレーションと思ったのか?
しかし、完全に左サイドにつられているグランパスの選手をあざ笑うかのように
阿部がつめた。晃太郎が一瞬遅かったので潰されてしまったが、3人目がきっちり
ペナの中に入ってきてるから生まれたゴール

この後、グランパスがCBを入れて闘莉王をFWへ、西野監督らしくないですね
後のコメントで「苦肉の策でそうせざるを得ない状況」と言ってましたが
主力選手の怪我や矢野がSBやってたりと、大変な状況で満足なチーム作りが
できていない事がこの試合で伺えました。
闘莉王が上がった割には、サイドからクロスが上がりませんでしたねし
途中、闘莉王がサイドに流れたりして、永井と動きの整理ができてなくて中途半端な策

ただ、ガンバにとっては最大の障壁だった闘莉王がいなくなり
FW闘莉王が先に点とるか、ガンバが先に点をとるかになりましたが
勢いのあったガンバに軍配が上がりました。

2点目、ピンチの後にチャンスあり、またもやガンバの左サイド
左サイドでヤットさんと藤春がパス交換してる間に前線に晃太郎が上がる
またもやヤットさんにノープレッシャー、ヤットさんの裏を狙ったキックに
晃太郎が素早く反応する。牟田をドリブルでかわした時点で勝負あり
ファーの佐藤や裏の阿部でもどこでもパスできたが、まさか楢崎をかわすとはw
楢崎かわす前のキックフェイントに痺れましたw

1失点目、CKでファーが競り合った玉が落ちたところを拾われ押し込み
闘莉王が流し込む、まあ、事故のような失点。

ここで、丹羽を投入しバタバタしながらも5バックで乗り切る訳ですが
覚えてるだけでも宇佐美、秋、佐藤が決定機を決めていれば、こんなバタバタしなくても良かった。
サッカーは2-0が危険なスコアとは良く言ったもので、1点返されてからの追い上げられるプレッシャーは大きい。たった1点取られるだけで、当たり前だけど、グランパスと勝ち点3開けれる所が、お互い勝ち点分け合うと差は開かない。
この差は大きいし、順位が混戦の中では得失点差が物を言う。
4-0、5-0から1失点して、「あぁ、1点ぐらい焼け石に水やね」ぐらいの余裕があって、はじめて「完勝」と言える。
内容は、ほんまに良かったのに、そう言えない結果がもどかしく思った。

しかしながら、ポゼッションできていたしプラスαのドリブルで相手を翻弄した内容は
くしくも、ポゼッションサッカーを植え付けした
西野監督の前で進化した「NEXT GAMBA」を
見せれたと思うし、今後の攻撃の方向性が見えた試合でもあったと思う。

今後どれだけ熟成させれるか楽しみです。


次は中断前のリーグ戦、勝って良い流れでリーグ再開したいですね



試合後は、手羽先で有名な風来坊にて、祝勝会をして帰宅
14000800630.jpeg

今回も楽しい遠征になりました。


遠征された皆様、お疲れ様でした。
<

※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ

vs ギラヴァンツ北九州

毎度ご来訪ありがとうございます。

今回は、久しぶりに梅田のHUBで観戦してました。


試合前、神戸がドローの結果を知り、勝てば今後に優位になる試合は・・・


勝ったけど栃木戦とはまた違う物足りなさを感じる試合でした。

先制点は最近良くある早めの得点
こぼれ球に加地さんがよく競り合ったし
家長が寄せた事によりマイボールにできたし
秋はよく決めた。個々のガンバりがあって取れた点


結果的にこの試合の唯一の得点になった。
ここに物足りなさを感じる。
もっと言うと、本気で2点目を取りに行ってないように感じた。

1点取って多少、余裕を持つことは悪くないと思う。
でも、この試合では、90分ずっと余裕を持っているように感じた。


北九州は、点入れられた後もブロックを作って
守ってカウンターって言うJ2下位特有の戦術。

これをやってくるとこは、これからも当たる訳で
今までも鳥取とかに苦戦してるし
1点取って余裕があるからこそ、今後のドン引き攻略の為に
もうちょっとチャレンジしてもよかったんじゃないかなと思う。

後半は、万全ではないレアンドロに代えて川西投入
しかし、後半は防戦、隙見てカウンターの展開になり
川西がまったく活きない展開
押し込まれてて、0点に抑えた事は評価できるけど
前の日記にも書いた通り、マグレで点を入れられる事もある。
1本ポスト叩いたシュートもあったし。
言っては失礼やけど、北九州やったから
相手の決定力のなさと言うか、迫力の無さに助けられた部分もあり
これを良しとしては今後の為にはならんと思う。


正直、勝ってもあまり上積みのない試合に思えた。
年に1回くらい、こういう省エネな試合があってもいいと思うけど
J2上位のチームには通用しないし、ガンバの目指す所はもっと上と思うので
試合内容を突き詰めてほしい。


現地で応援されてた皆様お疲れ様でした。


※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ

vs ザスパクサツ群馬

毎度ご来訪ありがとうございます。


万博は予報より早く雨が降ってきた
でも、大雨ってほでではなく
小雨が降り続いてた。

美味G横丁見てても、いつもより人は少ない

前節は勝ったけど、不安の残る内容
フィジカル的な部分の問題なので
すぐには解決は難しいけど
メンタル的なところと、個々の頑張りと
試合運びでカバーするしかない試合は…



内容的には、文句なしです。

先制パンチは素晴らしかった。
うっちーがパスカットし、かつダイレクトで秋に渡した
あれが攻撃スイッチやった、素晴らしいプレー
フタのラストパスは絶妙、パウの動き出しから
フィニッシュまでムダがない。

一つだけ文句ではないけど残念に思った事

西野のミスについては、試合後のコメントを見るとわかってるし
特に、とやかく言うつもりはないです。その後もしっかり守ってましたしね
次以降の試合で同じ事をやらなければOKです。

西野のミスの後です。
なぜ、同点になっただけで急に受身になってラインを下げてしまうのか?
時間帯的にも十分取り返せるし、何よりも
「新人のミスぐらい、俺らがすぐに取り返したるわ」ぐらいの
気概をすぐに見せて欲しかった。
あわやのシーンもあったのでここは、修正すべき点。
ここで逆転されてたら、試合の流れは変わってたかもしれない

受身になってたけど、ハーフカウンターで取り返せた事で
流れを再び引き寄せる事ができた。
2点目は秋につきますね、レアンドロのポストも見事

3点目はパウのポストからの加地さんへの連携が良かった。
あれだけフリーであれば、精度の高いパスが出せる
そして相手DFのギャップに飛び込むレアンドロはほんとにうまい


後半、しばらくは膠着状態
2点差やけど、次の1点取るか取られるかで流れが変わりそうではあった
そこで先に追加点取れたのはよかった。

レアンドロに入った縦パスが相手DFと絡まってこぼれた所を
パウが拾い、フリーのフタへ
フタのシュートがGKに弾かれたけど
持ち直して、フリーのパウにパス
狭い所を良く決めた。 パウと抱き合った後
決めれなかったフタがちょっと悔しそうなの印象的w

5点目は、点取った後、勢いが出て前からプレスかけた結果
前でプレスかけると相手に取られても
高い位置に残ってるので、ボールを取り返せた時にはチャンスになる。
相手ボール取った今ちゃん→ヤット→今ちゃんと渡って
フタにパス、すぐさまフタからエロいパスが出て
秋が抜け出し、ちょっとズッこけたけどうまくGKの股抜いた。

その後もチャンスを作ってたけど決めきれず。

内容的には完勝
レアンドロ、パウ、秋の関係性がすごく良い
いい距離感でいるしそこに、更にフタが絡んで
多くのチャンスが作れてた。
攻撃に関しては、だいぶ形ができてきた。

守備に関しては、結果的に1失点以外は無難に抑えたけど
ズルズル下がるシーンがあるので、改善すべきかな?
押し込まれなかったけど、危ないシーンは何度かあった。

運動量が落ちたのも残り10分ぐらいから
ただ、この日は気温が低かった事、点差があった事
福岡ほどガツガツ来なかった事があるので
押し込まれなかったけど、もっと上位のチームなら
苦しめられてかも?

何はともあれ
ホームで快勝できたことは大きい
連勝して上位には、喰らいついてこれ以上離されないように
しないといけないし、プレッシャーをかけ続ければ
そのうち、順位を逆転できるはず。

点差は関係なくとにかく勝ちきる事
そのために、安定した試合運びができること
それが、今は大事かなと思います。

次の愛媛は参戦します。
必ず、連勝しましょう!

みなさん、お疲れ様でした。

※コメント欄は承認制にしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ よければクリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 サッカーブログ
ガンバ大阪 ブログランキングへ
プロフィール

たまえもん

Author:たまえもん


ゴール裏

「誠」とは、「言って成す」つまりは有言実行あるのみ!

応援はゴール裏で熱く

ブログでは、冷静に書きます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数:


現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。